SEO

アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

投稿日:2019年4月18日 更新日:

アクセスアップに固執しページをやみくもに増やしてしまうことがあります。確かにページ数はある程度必要ではありますが、アクセスアップを目的としてやみくもにページを書いても期待の結果には結びつかないでしょう。

アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

中小企業や個人事業主にとってブログは有効な集客ツールになってくれます。毎日記事を書き続ければお客さんがやって来るかもしれない。そう考えて取り組んでおられる中小企業や個人事業主さんがいらっしゃるかもしれません。しかし、現実はいかがですか、お客さんは集まっていますか。もし、集まっていないようでしたらもう一度考えてみてください。記事を読者の為に書いているのか、アクセスアップのために書いているのか。

アクセスアップの手法

アクセスアップの手法としては次の3点がよく取り上げられます。1.SEO 2.広告 3.SNS でしょうか。SEOは検索エンジンの検索結果に表示させ読者を製品やサービス利用へと導く方法です。SEOで効果を得るためには、自分でスキルを身に着けるか外注にだすことになります。2.広告は検索エンジンに広告料を支払うものです。ですが、ビジネスブログ自体が集客の為のツールですから、ランディングページを作っているならわかるのですが、どうでしょう。SNSによる拡散で集客を狙うものですが適するものと適さないものがあります。

  1. SEO
  2. 広告
  3. SNS

アクセスアップとして取り組まれるのがSEOではないでしょうか、検索エンジンでブログに関するSEO情報をサーチすると、毎日継続して記事を書くことが勧められているようです。確かに一定の間隔で書き続けるとアクセスアップ効果がでることがあります。

しかし、それは偶然の産物であり、訪問者を増やしたに過ぎないこと、ブログは人を集めその先のゴールに達しなければ意味がないのです。ただ、量産することよりページごとにどんな見込み客を呼び込むのかを重視して記事をかいていきましょう。

アクセスアップはキーワードを重視

アクセスアップのためのページはキーワードの方向性に沿って関連する情報で構成します。関連性の低い複数のキーワードを扱うと検索エンジンから専門性の低いコンテンツだと評価され、検索結果に表示されるページが少なくなったり、上位に表示できなっかったりします。

中小企業では社内の担当者が記事を書くことが多くなります。ブログを書くための時間もある程度制限されているのが実情でしょう。数多くのページを公開してアクセスアップ効果を出していく手法は取りずらいものです。そこでキーワードを重視したページ作りをお勧めします。

アクセスアップのためにキーワードを割り当て効率良く集客しようとするものです。全てのページが狙ったキーワードにヒットさせるのは難しいのですが、記事を公開しその後、検索エンジンからどのように流入してくるかをチェックしていると徐々に理解できるようになります。

アクセスアップ・キーワードの注意点1

アクセスあっぷのためにはキーワードを思い付きで決めないこと。検索エンジンは利用者が使うキーワードはどんな情報が求められているのかを判断しできるだけその内容に近いページを表示しようとします。キーワードを見つけたらまず実際に検索エンジンで検索してみます。検索結果の1ページ目には、ほぼ同じ傾向のページが表示されています。この傾向に沿った内容を書くことができれば上位に表示される可能性が高まります。

アクセスアップ・キーワードの注意点2

ブログはロングテールSEOによる集客として位置付けられることがありますが、利用数の少ないキーワードばかりで構成してしまうといくら社内で書いているからといってもコストパフォーマンスで生産性の低いものなってしまいます。オンラインで検索利用数などを教えてくれるツールがあるので参考にチェックしてみて、実際に記事を書いてみるといいかもしれません。意外に上位に表示されたりするとうれしいものです。

ブログのSEOは売り上げと利益確保のため

中小企業のブログのSEOは売り上げと利益確保をすることです。記事を書き続けていると集客数に着目しがちになります。しかし、自社の製品やサービスを利用してくれそうにない人達をいくら集めてもゴールに辿りつくことは困難です。アクセスアップに取り込まれず、質のよい顧客を集めるための努力を常に続けてください。例えば、ブログから売るためのページにどれだけ流入しているのか、アクセスログから直帰率や滞在時間をチェックしキーワードとページの内容が顧客が求めているものになっているのか。繰り返しチェックすることで徐々に改善されるようになります。

具体的な形の商材を持たないサービス業や製造業などの中小企業では広告を使わないでWEBで集客をすることができます。取引先が同じような中小企業なら部材の調達・導入業務の効率化について担当者はインターネットを使って情報収集を日々行っています。この人たちに自社のブログを読んでもらえるようにすることです。今持っているブログを検索エンジンを使って多くの企業にに見てもらえるようにするのです。


アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

アクセスアップに固執しページをやみくもに増やしてしまうことがあります。確かにページ数はある程度必要ではありますが、アクセスアップ…

アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

検索エンジン最適化したページでユーザーが探し求めるコンテンツを配信し続けるとアクセスアップ

集客には自然検索のSEO攻略が欠かせません。基本的な考え方は、検索エンジンに最適化させたページでターゲットユーザーが探し求めるコ…

アクセスアップのためにやみくもにページを量産するSEO対策は間違い

descriptionのSEO対策はアクセスアップが目的になる

descriptionのSEO対策はアクセスアップが目的になります。Googleはdescriptionをなるだけ多くのページに…

-SEO
-

執筆者:

関連記事

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でタイトルのSEO対策をする

WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の「タイトル設定」の使い方です。タイトルはSEOの中でも最も重要な部分です。All in One SEO Packの「タイトル設定」では、「タイトルを書き換える」を有効にすることでページごとのタイトルを書き換えることができるようになります。

WordPressのページタイトルのSEO対策

WordPressのタイトルの付け方で重要なはことはSEOばかり集中せずに読まれることを意識することも忘れないようにすることです。SEOに集中するあまり読者に内容が伝わりづらいページタイトルの書き方に …

SEO対策はすべての商材の集客に有効なわけではない

SEOして集客で成果を出すにはうまく検索エンジンを利用すること、検索エンジンに広告を出すのは有料ですが検索結果に表示させるのは無料です。ほとんどの中小企業が集客ができることを期待してホームページを持っ …

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位表示やソースコードによるテクニカルSEOはなくなったといっても過言ではな …

WordPressのパーマリンクはリンク構造でSEO対策ができる

WordPressのパーマリンクはSEOに効果的なリンク構造といったことから、「/%category%/%postname%/」が採用されていました。これはカテゴリーページがリンクを集めている構造の為、上位表示されやすかったためです。