SEO

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

投稿日:2019年2月15日 更新日:

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにホームページの内容を伝えてくれる「xmlサイトマップ」を自動で作成してくれます。xmlサイトマップは検索エンジンのクローラーの巡回を促すために作成するものです。サイトマップを設置したからとサイト内のリンク構造を疎かにすると効果を発揮しない点にご注意ください。(ページがサイトマップにはあっても他のページからのリンクが1個もない場合はほとんどインデックスに登録されることはありません)

All in One SEO Packの概要

  • All in One SEO Pack
  • https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/
  • 無償・プロバージョン

All in One SEO Pack「xmlサイトマップ」の使い方

「xmlサイトマップ」では、「ファイル名接頭語」、「更新を予約」、「サイトマップインディックを有効化」、「投稿タイプ」、「タクソノミー」、「日別アーカイブページを含める」、「Exclude Images」、「圧縮版サイトマップを構築する」、「仮想 Robots.txt からリンクする」、「サイトマップを動的に生成」等を設定することになります。

設定項目 内容
ファイル名接頭語 「xmlサイトマップ」のファイル名を指定します。一般的には「sitemap」が多くなっています。ファイル名はGoogleサーチコンソールで指定したものとおなじものを指定してください。
更新を予約 更新を予約では、予約なし、毎日、毎週、月から選択することができます。
サイトマップインディックを有効化 「サイトマップインディックを有効化」はサイト内に50,000以上のURLがあるか、ファイルのサイズが5ギガ以上のときにチェックを入れます。
「投稿タイプ」と「タクソノミー」 サイトマップに表示したい投稿にチェックを入れます。
日別アーカイブページを含める 日別アーカイブページをサイトマップ含めたい場合はチェックを入れます。
Exclude Images 画像をサイトマップから除外したい場合はチェックを入れます。
圧縮版サイトマップを構築する .xml.gz フォーマットに圧縮したサイトマップファイルを作成するならチェックを入れます。
仮想 Robots.txt からリンクする 仮想 Robots.txt ファイルに Sitemap.xml へのリンクを配置するならチェックします。
サイトマップを動的に生成 チェックをすると、静的ファイルを使用せずに、動的に XML サイトマップを作ります。

All in One SEO Packのインストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → プラグインの名称で検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する


All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは検索クエリに対してインデックスに表示しても参考にならないようなページを指します。WordPressではカテゴリーやタグの2ページ…

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でタイトルのSEO対策をする

WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の「タイトル設定」の使い方です。タイトルはSEOの中でも最も重要な部分です。All in One SEO Packの「タイトル設定」では、「タイトルを書き換える」を有効にすることでページごとのタイトルを書き換えることができるようになります。

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

All in One SEO Packの「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにホームページの内容を伝えてくれる「xmlサイトマップ」を自動で作成してくれます。All in One SEO Packのxmlサイトマップは検索エンジンのクローラーの巡回を促すために作成するものです。

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でxmlサイトマップを設定する

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でSEOを設定する方法

All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールするとWordPressのSEOに重要な重複コンテンツを回避する「noindex」やクロールに有効的なsitemap.xmlの送信を設定することができます。また、記事ごとにタイトルやディスク…

-SEO
-,

執筆者:

関連記事

mypace Custom Title Tag(WordPressプラグイン)でタイトルを書き換えてSEO対策

mypace Custom Title Tagは、WordPressの投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプの投稿のタイトルタグを編集できるとてもシンプルなWordPressのSEOに使えるプラグインです。

WEB集客には広告(有料)とSEO対策(無料)がある

WordPressをSEOすることで集客できるようになります。WEBを利用した集客は、サイトにユーザーを集めて商品販売や利益につなげるために行うものです。一般的に行われるWEB集客には検索エンジンの自 …

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。で …

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

WordPressページタイトルの変更はアクセスにどのように影響してくるのでしょう。順位が下がること恐れて修正をしないという意見や条件によっては問題なしとする意見もあります。WordPressページタイトルの変更だけにスポットがあてられているようですがページの内容やサイトの状況で結果は異なると私どもは判断しています。

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。