SEO

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

投稿日:2019年4月9日 更新日:

ビジネスブログはキーワードを決めて記事を書くとアクセスが安定します。記事を公開するとしばらくは検索エンジンからアクセスがあるのですが暫くするとなくなってしまうことがあります。これはビジネスブログのキーワードが決まっていないことが原因していることが多いようです。

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

検索エンジンは新しい情報を優先してくれる傾向があるので、ブログの記事公開後は上位に表示される場合もあります。しかし徐々に順位が下がり、時には消えてしまうといったことが発生してしまいます。

ブログのキーワードの決め方

ビジネスブログをキーワード決めて記事を書くと検索エンジンからの流入が安定し集客を安定して行えるようになります。キーワード決めて書くことで、記事のテーマが絞り込まれ検索エンジンから評価を得ることができ検索結果に常に表示されるようになり、記事が増えることでユーザーの窓口が増えます。結果として2~3人/1日の見込み客を獲得できるようになってきます。

ブログキーワードを決めるには記事を書く前にキーワードを想定し実際にそのキーワード使って検索エンジンで検索します。結果に表示されている1ページ目のサイトの内容を確認してみましょう。

これから書こうとしている内容と共通したところがあるでしょうか。1ページ目には検索エンジンが評価しているコンテンツが並んでいるので、もしこれから書く記事が内容が異なる場合は安定した結果への表示は可能性が低くなります。

ブログ記事のキーワード注意点

キーワードというと過去に行われたキーワードの出現率を連想される方もいるかもしれませんが、出現率を調整する効果は全くと言っていいほどありません。あくまでキーワードを決めて書くことで記事内の文章がぶれずに書けるということです。このことで自然に出現率が上昇する文章が書けるようになります。

ブログは継続して書くことが推奨されています。記事が多ければそれだけキーワードが増えることに繋がることからきているようですが本当にそうでしょうか。


ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEOコンテンツを作る

共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視…

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

キーワード出現率チェックができるohotuku.jp(SEOツール)の使い方

キーワード出現チェック | ohotuku.jpはページ内のキーワード出現率を確認することができるSEOツールです。キーワードを…

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

GoogleサジェストキーワードをダウンロードできるSEOツールの使い方

Googleサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表…

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

キーワード難易度チェックSEOツールを使って難易度を確認する

記事を書き始める前にキーワードを決めておく必要があるのですが、キーワードの難易度があることを意識しておきましょう。キーワードによ…

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

キーワード出現率チェックができる無料SEOツールの使い方

記事内のキーワード出現率をチェックできるツール「ファンキーレイティング [FunkeyRating]」の使い方を解説しています。…

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

共起語検索SEOツールを使って関連するキーワードを抽出する

共起語とは検索クエリ(キーワード)と共に合わせて良くでてくるワードのことを言います。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必…

-SEO
-,

執筆者:

関連記事

SEOは目的を明確にしないと失敗する

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確にな …

ウェブマスターセントラルブログでGoogleのSEO対策情報を知る

ウェブマスターセントラルブログをWordPressのSEOを学ぶのに参考にしましょう。ウェブマスターセントラルブログではGoogleのインデックスのクロールとインデックス登録に関する公式のニュースが配 …

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

重複コンテンツをnoindexで回避してSEO対策

WordPressのSEOに効果があるのが、重複コンテンツをnoindexで回避することです。「重複コンテンツ」とは、内容(=コンテンツ)同じにもかかわらず、URLが異なるページのことや同じような内容になっているコンテンツも含まれます。問題なのは、Googleはペナルティを与えることがあることです。

WEB集客には広告(有料)とSEO対策(無料)がある

WordPressをSEOすることで集客できるようになります。WEBを利用した集客は、サイトにユーザーを集めて商品販売や利益につなげるために行うものです。一般的に行われるWEB集客には検索エンジンの自 …