「Twenty Seventeen」のSEO内部リンクを強化する

Twenty SeventeenのSEOで関連の記事を表示させると内部リンクを補強することができます。デフォルトで関連の記事は実装されていないので、プラグインかテーマをカスタマイズすることになりますが、ここではプラグインでTwenty Seventeenに関連の記事を表示させます。

“「Twenty Seventeen」のSEO内部リンクを強化する” の続きを読む

SEOでアクセスアップのためにページを量産するだけは間違い

SEOに取り組むとアクセスアップに固執しページをやみくもに増やしてしまうことがあります。確かにページ数はある程度必要ではありますが、アクセスアップを目的としてやみくもにページを量産してても期待のSEOには結びつかないでしょう。

“SEOでアクセスアップのためにページを量産するだけは間違い” の続きを読む

SEOライティングで自然検索エリアに上位表示する

SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。SEOライティングは文章を美しく整える為のものではなく、WEBページとして検索エンジン最適化に必要な記述手法です。

“SEOライティングで自然検索エリアに上位表示する” の続きを読む

SEOの基本はGoogle Analyticsのアクセス解析

Google Analyticsは最も利用数の多い無料アクセス解析といえるでしょう。WordPressのSEOに必要な情報のチャンネルやキーワードの分析、行動の分析、コンバージョンなどSEOに必要な分析をする事ができます。Google Analyticsはどんなユーザーがどのページを見ているのかを知ることができSEOに反映することができるのです。Google Analyticsで集客の状況をチェックしてみましょう。訪問者数の増減だけでなく、流入経路も大切です。参照元やソーシャル、AdWordsなどGoogle Analyticsの集客メニューで知ることができます。

“SEOの基本はGoogle Analyticsのアクセス解析” の続きを読む

SEO(検索エンジン最適化)はGoogleガイドラインに沿って施策する

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識されるSEOの方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一度は目を通しておきたいページです。

“SEO(検索エンジン最適化)はGoogleガイドラインに沿って施策する” の続きを読む

「WP Custom noindex Nofollow」は低品質コンテンツをSEOするプラグイン

「WP Custom noindex Nofollow」はSEOの一つ、WordPressの低品質コンテンツにnoindexを設定するとサイト全体の品質を上げることができます。「WP Custom noindex Nofollow」はnoindexとnofollowを設定できるWordPressプラグインです。投稿・固定ページ、カテゴリー、タグ、カスタムソノミー、アーカイブ全体のnoidex化ができます。noindexをした方がいいページとは検索エンジンの検索結果に表示させてもユーザーが読みたいと思わないページを指します。企業のホームページでは問い合わせページとかになります。WordPressではアーカイブページ、タグなど直接情報としての価値が低めのページなどもnoindexを付加することが推奨されています。

“「WP Custom noindex Nofollow」は低品質コンテンツをSEOするプラグイン” の続きを読む