SEO 検索エンジン最適化

コンテンツSEOはページの品質向上とリンク構造

更新日:

コンテンツSEOは検索エンジンの自然検索エリアに上位表示するために、サイト内のコンテンツや構造をユーザーと検索エンジンに利用しやすいように最適化することです。上位表示を成し遂げるには、質の高いコンテンツを作り、サイト構造の最適化、ユーザーインターフェースの最適化を行い、被リンクを獲得することです。弊社のご提供するコンテンツSEOはお客様に代わってWordPressのコンテンツの修正や作成、内部構造・ユーザーインターフェースの最適化をするものです。訪問数が伸びない、上位に表示ができない等の集客に関する悩みを解決するサービスです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは検索エンジンからの集客を目的とし、ユーザーにとって有益な情報のオリジナルコンテンツを数多く、継続して発信し、検索エンジンにできるだけ多く表示させようとするSEO施策とされています。

コンテンツSEOを施策することのメリットはなんといっても、製品やサービスに関連するキーワードで検索している顧客をピンポイントで集めることができること。反面、デメリットとしては、コンテンツを作り込むことが必要なため短期間での効果は見込みづらいことです。コンテンツSEOで訪問者の増大をするためにはキーワードの選定作業やサイト構造の変更が必要になる場合があります。

メリット
  • 無料で検索エンジンに掲載することができる
  • 中・長期に流入が見込める
  • コンバージョン率が高い傾向にある
  • 潜在客を取り込むのに有利
デメリット
  • 短期間での効果が見込みづらい(時間と手間がかかる)
  • 費用対効果の計算が困難
  • アルゴリズムの変化により順位変動がある

ページの品質を高める

コンテンツSEOで製品やサービスのページを検索エンジンに上位表示させて露出を多くするためには、ユーザーがー本当に欲しがっている、製品やサービスの情報にすることです。検索エンジンは製品やサービスが書かれたページが、ユーザーにとって役立つものかどうかを判断し順位を決めています。ユーザーが本当に必要としている情報をサイト全体に配置し、ユーザーからの信頼を獲得するようにしてこそビジネスに繋がる可能性が高くなるのです。知りたい情報を細部まで伝え、読むだけで潜在的な願望や悩みが解決できそうだと思ってもらえるぐらい実用的なページを制作・修正します。

どれくらいで効果が出るか

最短で1ケ月~2ケ月で効果が出始めます。但し、ビッグキーワード等検索ボリュームの多く競合が激しいものは長期間(最大1~2年)の場合があります。Googleは常に検索結果を見直しユーザーの求める結果を表示するために修正を加えています。何も施策しない場合、1年から2年が目安になります。

コンテンツSEOだけで上位表示できるのか

上位表示できるキーワードとできないキーワードがあります。キーワードによって被リンクが重視される場合競合が同じレベルの品質とすると困難な場合もあります。アップデートによる影響もあります。スパム扱いを受けなくてもキーワードの傾向によってはアクセス数の減少が発生することがあります。

コンテンツSEOを強くするサイトの構造

コンテンツSEOのメインはページ内をキーワードにマッチさせた文章にすることですが、同時にサイトの構造も整える必要があります。図のようにメインキーワードとサブキーワードを選定し構造化することで関連性が検索エンジンに伝わりやすくなり順位が改善されます。

低品質判断

検索エンジンで検索順順位を上昇させるためのSEOでは、コンテンツの品質が重要であることはSEOに関わる方なら意識されていることでしょう。しかし、何を判断基準にして低品質コンテンツを見つけ出せばよいのか困ってしまいます。そこで、Search Console を使って判断する方法をご紹介したいと思います。

1.検索クエリがない

ページに検索クエリ(キーワード)がない。これは、ページ内の検索クエリが検索エンジンに最適化されていない場合と検索に利用されていない場合が想定されます。自サイトが検索クエリがどうなっているかは Search Console の検索パフォーマンスで知ることができます。

Googleで利用された検索クエリで表示された回数やクリックされた回数平均掲載順位などを知ることができるようになっています。コンテンツのテーマを絞り込んだ使途では関連するクエリが上位を占めることが多いようです。狙ったキーワードの表示回数やクリックがすくない場合はページタイトルやコンテンツのインテントを最高した方がいいかもしれないです。

公開後数か月経過しても表示回数とクリック数値が伸びないページは低品質コンテンツと評価されている可能性が高いと想定されます。書き直すか削除を検討すべきかもしれません。

2.情報の需要がない

SEOを理解し対策もされていてなおかつ検索エンジン上位にも表示されているが訪問者がないページなどは情報の需要がないと考えるべきです。公開すべきページと捉えている場合や他の方法を使ってアクセスを狙うのなら問題ないと思いますが、検索エンジンからの流入が目的ならば低品質と考えることも必要です。理由は、検索エンジンはユーザーが求める情報を優先して検索結果に表示することを基本に考えるからです。

SEO失敗

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。SEOの目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

SEOで失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。

ハイスピードプラン
WordPress専用サーバー

関連記事

飲食店や塾・病院・士業のホームページはローカル検索に対応

ローカル検索は、飲食店、塾、パソコンスクール、病院、士業など、地域密着型のビジネスの集客重要なものです。

アクセスアップをするmeta description

meta descriptionをなるだけ多くのページに記述しキーワードを含めることをGoogleは推奨しています。

「SEOラボ」は順位変動やアルゴリズム等の情報

「SEOラボ」は、ブログ形式で順位変動やアルゴリズム等に関連する記事が発信されています。

SEO NEWSやサイトを運用するための情報を知る

WEBサイト「検索エンジン最適化」は中小企業が社内でサイトを内製運用するための方法等を掲載しているほか、Webサイト担当者に最適な最新ニュースも配信されています。

-SEO, 検索エンジン最適化

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.