DeepCrawlは内部対策に特化したSEOツール(有料)

DeepCrawlは内部対策に特化したSEOツール(有料)

DeepCrawl はページ内部の無効なリンクやリンクされていないページを検出しSEO内部対策作業を軽減してくれるツールです。記事のどこを修正していくかを見つけだすのは非常な困難を極め、この作業には多くの経験を必要とします。DeepCrawl を利用することでインデクサビリティ(検索エンジンのインデックスを最適化)、クロールバジェットの最適化、検索順位に影響をする技術的な問題を見つけ出してくれます。

DeepCrawl (SEO内部対策ツール)

インデクサビリティとはクローラーが取得したコンテンツを解析してデータベースに保存するのはインデクサの役割です。インデクサビリティとはこのインデックス登録の最適にするための取り組みです。
クロールバジェットとはクロールバジェットとは、GooglebotがWebページをクロールできる上限です。しかしGooglebotがWebサイト内のページをクロールする能力には限りがあります。本来クロールできるURLがあっても、この上限を超えているとクロールされないケースが発生するのです。URL数が数千以下のWebサイトにおいてはほとんどの場合、効率よくクロールが行われるため多くのWebサイト運営者はクロールバジェットを気にする必要はないとされています。
DeepCrawl

DeepCrawl は有料のSEO内部対策ツールです。内部対策とは、WEBサイトの階層構造を最適化したり、構造化データマークアップを施せば内側からパワーアップさせます。気になる料金は、ベーシック 360,000円 / 年 とエンタープライズが応相談となっています。

>>DeepCrawl のページに移動

DeepCrawl で できること

  • 技術的なサイトの監視
  • サイトリニューアル / 移行
  • 変更点のチェック / 管理
  • リンクのチェック
  • 競合サイトのインテリジェンス
  • ランディングページの分析
  • ウェブサイトアーキテクチャの最適化
  • ウェブサイトの開発テスト
  • 競合他社の分析

DeepCrawl が提供するレポートで問題のあるコンテンツを明らかにする

  • DeepCrawlのコンテンツ分析機能を使えば、改善の必要なコンテンツを明らかにし、かつどのコンテンツを改善するべきか見つけることができます。
  • DeepCrawlのレポートを使うことで、トピック、タグ、カテゴリーなどを理解し、最適化することができます
  • 類似のコンテンツをグルーピングし、重要な優先されるべきページに検索エンジンやユーザーが確実にたどり着くことができるようにします。
  • AMP実装が正しくされているか、オーガニック検索で存在感があるかチェックすることで、常にAMP対応がされているページにします。

検索順位が上がらない時、定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。ここでは、原因の一つとして内部SEO対策について考えてみます。

内部SEO対策としては、コンテンツがユーザーの検索意図とマッチしていないことや、キーワード対策がされていないなどもありますが、意外と見落としがちなのが、カテゴリーと関連コンテンツがあります。

>>カテゴリーと関連コンテンツ続きを読む

SEOツールを利用したら上位表示できるわけではありません。データをどのように理解するかが最も重要です。どのように利用するのかが明確になっていなければ、SEOツールを導入してもほとんど効果は無いと考えても良いぐらいです。SEOツールには、一部の目的に特化したツールから、総合的なSEO対策に必要な情報収集ツールなど幅広くあり、目的に沿ったツールを利用することが重要です。

・ユーザーが検索したキーワードにコンテンツ(ページの内容)が合っていいるのか

・E-A-T と YMYL 指標に沿った情報になっているか

E-A-T とは次のようなコンテンツを指していますが、具体的なものではなく、対策は難しいといえます。

Expertise(専門性)コンテンツがそのジャンルで優れた知識や経験スキルを持っているか
Authoritativeness(権威制)コンテンツがそのジャンルでどれくらい認められているか
Trustworthiness(信頼性)コンテンツが信用できるものか
E-A-T とは


YMYL とは Your Money Your Life の略でお金や生活にかかわるジャンルのことです。

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。

SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは、検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。