サイトを検索エンジンはどのように評価しているか

投稿者: | 2019年3月28日

検索エンジンはWordPressホームページを何について書いてあるのかをどのように評価しているのでしょうか。なぜ、このことについて意識しなければならないかというと、検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えることで順位の上昇や集客数の増加が望めるからです。

検索エンジンがサイトのテーマをどのように評価するかを考慮することは検索エンジンから集客を狙う場合重要な要素になります。検索エンジンはサイトが何について書かれているかを評価し、サイトのテーマに関連するキーワードが利用されたときにテーマに沿っているサイトを優先的に検索結果に表示しようとするからです。

検索エンジンのサイトの評価の決め方は、そのサイトの各ページに含まれる関連するキーワードによって評価されています。ページタイトル(titleタグ)やページ内に出現するキーワードの出現頻度、各ページからのアンカーテキスト(内部リンク構造)によって決められているのです。そのため、各ページのキーワードに関連性のないものでサイトを構成してしまうとテーマが分断され上位に表示されるチャンスが限られてくるのです。

検索エンジンの評価例

例として、サイトのキーワードが果物だとします。サイトにはリンゴやミカンのページが構成されると思います。そしてページのボリュームを増やそうとスイカやトマトのページを追加したとします。この時点で、検索エンジンはこのサイトは果物と野菜について書かれたサイトと評価すると考えることができます。野菜のページが果物より多い場合は、発信者としては果物のサイトを作っているつもりが、実は野菜のサイトと評価されていることがあります。

もちろん果物と野菜の販売が目的ならばこれでもokなのかもしれません。しかし果物の販売が目的なら、違うお客さんを集めていることになり、売り上げにならないかも知れません。実店舗なら、たまたま果物も欲しがっていたことで売れることがあるかもしれませんが、ネット上では目的を決めて検索しているという特色が強く、関心を持ってくれることが少ないようです。

検索エンジンの評価にはキーワードを正しく伝える

検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えるには、サイト内のページのキーワードをテーマと関連するもので構成し、関連しないものはなるべく書かない、必要な場合にはnoindexなどの設定を行い検索エンジンの判断材料から除外する。サイト内部のリンク構造を最適化する。

  • サイトで使用するキーワードを関連のあるもので検索エンジンに最適化する
  • リンク構造を検索エンジンに最適化する

検索エンジンはコンテンツを判断して順位を決めています。そのため評価される高品質なコンテンツにすることが上位表示に必須と言える状況になってきました。評価基準は、いい情報をたくさん提供していて、作りがしっかりしているものと考えることができます。評価の対象を大きく分けると、内部要素(コンテンツの内容・サイト内部に対策できるもの)と外部要素(被リンク等・自サイトでは対応出来ない)と人気度合い(Facebookなどのソーシャルで取り上げられている度合い)で総合的に判定されています。

外部からの低品質な被リンクがパンダアップデートによって評価されなくなった今、対応としては内部対策を重点にするコンテンツSEOが必要になりました。

コンテンツSEOは検索エンジンの評価を得やすい

コンテンツSEOとは、サイトに有益な情報のオリジナルコンテンツを数多く、継続して更新するSEO施策です。ユーザーにとって有益な情報(検索ユーザが求めているそのものの情報)が書かれているものです。有益な情報だとユーザーに認められれば、ページの滞在時間も伸び、SNSやブログ等でリンクをされるようになり、自然と被リンク数が増加してくるようになります。このことで検索エンジンの評価が上がりランキングアップに繋がるわけです。

  • 検索ユーザーは必ず悩みや欲求をもっています。そして欲求を満たしたいというニーズを持っています。このニーズを満たすことができる記事が高品質なコンテンツです。(文章内にキーワードを配置するだけになっていませんか?)
  • 偽りがないコンテンツにする。偽りの内容では信頼を獲得することはできません。
  • 売り込みすぎない売り込みの強すぎると高品質とは言えません、売り込みたくなるのは当然ですが、強すぎると拒絶されてしまいます。適度なセールスにしましょう。
  • よく錬られたページは読むものを納得させます。(ライティングサービスなどから、記事を低価格で購入した記事などを大量に掲載すると、関連性や統一性のない低品質コンテンツと判断されることがあります。)
  • ボリュームをしっかりとする文字数が少ないページは内容が薄くなりがち、2000文字前後を目安にしたページが適しています。

コンテンツSEOはユーザーが求める情報

検索エンジンは検索ユーザーが求める情報を上位に表示させるようになっています。ユーザーが要求(目的・意図)する情報とは、キーワードに隠されたユーザーの要求・願望や問題を解決するための情報です。上位表示の評価基準は検索を利用する人たちがどんな情報を欲しがっているかを判断することです。どれだけ正しく、正確な情報を書いても、キーワードを利用する人達の目的・意図に反する情報では上位に表示されることはないでしょう。

低品質とされるコンテンツ

検索エンジンが低品質と評価するコンテンツをつくらないことも必要です。過去に検索エンジンは、詐欺もどきの広告や、全く何の役にも立たないアフィリエイト、自社商品を売り込むことだけを考えているなど、ユーザーにとって何の価値もないサイトが表示されていました。このようなコンテンツは低品質と判断されるようになりました。2011年の終わり頃から、ユーザーに対して全く価値を与えないサイトは、一気に検索圏外に飛ばされ、検索ユーザーが求める情報やノウハウを、非常に詳しく分かりやすく解説しているサイトが上位に表示されるようになりました。下記のようなSEO対策は評価を落とすことに繋がります。

  • 被リンクだけのSEOをする
  • 内容のないページの量産化をする
  • サイト内に重複コンテンツが大量にある
  • 自作自演の内容の薄いサテライトサイトを作る

検索エンジンはコンテンツの内容を判断して検索結果の順位を判断しています。そして、キーワード別に判断基準を持たせ、なおかつ常に見直しが繰り替えされています。