検索エンジンの評価を向上させるSEO:Search Engine Optimization

検索エンジンの評価を上げるためには「良質なコンテンツ」「セキュリティ」「表示速度」の3つだといわれています。このため、検索品質評価ガイドラインに沿ったページ作りが重要であるとされています。ただし、ガイドラインの中にも「人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドラインで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります」という一文があります。つまり、どんな対策よりも良質なコンテンツが評価されるということになります。

検索エンジンの評価を上げるには

ページ内に過剰にキーワードを詰め込むとユーザーの利便性を低下させ、サイトのランキングの低下を招くことがあります。有用なコンテンツを提供するためには文脈にあった適切なキーワード記述が必要です。過剰なSEOとは次のような内容で、ランキングアップを目的として作為的に行われる記述方法をいいます。

検索エンジンの評価はページが何について書いてあるのかを評価しています。なぜ、このことについて意識しなければならないかというと、検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えることで順位の上昇や集客数の増加が望めるからです。

2021年10月19日 Googleの検索品質評価ガイドラインが改訂されました。今回の改定のポイントは E-A-T と低評価とされてしまう広告についてです。E-A-T については個人のアフェリエイターや企業のサイトに係るものです。広告については、個人のアフェリエイターにとって検索エンジンからの集客を左右する指針ですので理解されることを推奨します。

検索エンジンの評価を確認するツール

SEOツール(ezorisu-seo.jp)は評価されるコンテンツが解ります。Googleの検索順位を上げるためには 「評価されるコンテンツ=検索ユーザーが求める情報」となるので、まず、検索ユーザーが求める情報はなんなのかを知る必要があります。SEOツールを使えば、最も重要なキーワード、次に重要なキーワードを教えてくれます。

SEOチェックツール・高評価は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。SEOチェックツール・高評価を利用すれば、各項目を数値化してくれるので修正の指針を見つけ出すことが容易になります。

Follow me!

前の記事

SEOの基本