キーワード出現率チェックができる無料SEOツールの使い方

投稿者: | 2019年5月27日

記事内のキーワード出現率をチェックできるツール「ファンキーレイティング [FunkeyRating]」の使い方を解説しています。キーワードの出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。記事内のキーワードの出現率を調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、出現率を無視していいかというとそうではなく、キーワードの詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。

ファンキーレイティングでできること

  • URLによる記事の直接チェックとテキストによるキーワード出現率チェックができるようになっています。
  • キーワード出現率の詰め込みを回避できる

出現率チェックができるツール

出現率チェックができるツールの使い方

サイトを開いたら出現率を確認したいサイトのURLを入力し、キーワードを入力します(同時に3つまで指定可能)。キーワードの%を指定したい場合はキーワード右横で指定することができます。指定が終了したら「チェック」ボタンをクリックします。

チェック結果には、title,discription,keywords,H1の内容が表示されます。不自然な点がないか確認しておきましょう。下部には出現率の高いものから一覧が表示されています。ターゲットキーワードは上位3つに位置している方が上位表示の可能性は高くなります。注意点は出現率を無理に調整しようとすると不自然な文章になってしまい逆効果になることがあるということです。



DMM FX

スリエ

関連記事

SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

検索数予測ツール 検索数予測ツールを使ってキーワードを探す方法をご紹介しています。集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しか…

コンテンツSEO対策に「SEOチェックツール・高評価」を使う

「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。

共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEO

共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作り…

カテゴリー: SEO