画像のalt属性とSEOの関連性

画像のalt属性とSEOの関連性

alt 属性の SEO とは、画像が読み込めないときに表示させる代替えテキストとされていますが、画像の内容を検索エンジンに伝える重要な役割ももっています。検索エンジンは、alt属性に記述されているテキストからどんな画像なのか取得しようとします。

altのSEOは何を記述する

画像のHTMLタグでは下記のように記述し、alt=”” に画像の説明を記述することになります。ここには、キーワードを含ませることが推奨されていますが、ページ内のalt属性にキーワードだけを記述することは推奨できません。できれば、キーワードを含めた短文で画像の内容を示すものが望ましいです。また、ページ内のalt属性に全て同じ文章を記述するのも避けた方が良いでしょう。

<img src=”http://○○○.com/×××.png” alt=”” />

alt属性にはHTMLタグとSEOに関連する重要な意味があります。

  • ページの読み込みが遅い場合に画像の代わりにテキストとしてalt属性が表示される
  • ページの音声読み上げ機能でページを閲覧した場合、alt属性が読み上げられる
  • 画像をリンクした場合alt属性がアンカーテキストリンクになる

画像にリンクを設定した場合はalt属性を空白にしないようにしましょう。テキストは画像の内容というより、リンク先のページの内容にしたほうが、SEOにとって有効な場合があります。

WordPress グーテンベルグでの alt のSEO

WordPressのグーテンベルグ エディタで編集する場合は、画像をアップロードするか、メディアから選択して挿入後、画像をクリック後ブロック編集をします。ブロックの画像設定のAltテキスト(代替えテキスト)に属性を記述します。初めて画像をアップロードする時にAlt属性を保存しておくと空altを回避することができます。登録した属性はページに貼りつけた場合に自動で設定されるのですが、ブロックで編集すればそのページ特有のalt属性になります。

画像のalt属性とSEOの関連性

alt属性は内部SEOにとって重要な部分です。WordPressではシステム的に出力される画像などもあり、このときの内容によっても検索エンジンの評価が異なってくることもあります。altにキーワードが含まれているので、よし!とせずに掘り下げて確認することも有効な結果を出すことも留意してみましょう。

alt の SEO に関連する記事