SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

投稿者: | 2018年11月17日

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識される方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一度は目を通しておきたいページです。

Googleガイドラインに掲載されている内容

  • 一般的なガイドライン
    • Googleがページを検出できるように手助けする
    • Googleがページを理解できるように手助けする
    • 読者がページを利用しやすいよう手助けする
  • 品質に関するガイドライン
    • 基本方針
    • 具体的なガイドライン

やってはいけない手法(具体的なガイドライン)

以下は絶対にやってはいけないものです。ほぼペナルティ対象です。

  • コンテンツの自動生成
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルコンテンツがほとんどまたは全く存在しなページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページのコンテンツ関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウィルス、トロイの木馬、その他のマルウエアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチスニペット マークアップの悪用
  • Googleへの自動化されたクエリの送信

Google ガイドラインから引用

一般的なガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google がサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなります。

このガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明しています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。
Googleガイドラインより引用

Googleガイドラインの記事概略

  • Googleがページを検出できるように手助けするにはどうすればクロールされやすくなるのかついて書かれています
  • Googleがページを理解できるように手助けするには画像、動画、構造化データーについて説明されています。
  • 読者がページを利用しやすいよう手助けするでは表示速度など読者が読みやすくなることを説明しています。
  • 品質に関するガイドラインは不正行為(検索の順位を上昇させようとする行為)についてかかれています。
  • 具体的なガイドラインではなにが不成行為になるか説明されています。
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

GoogleガイドラインはWEBサイトをビジネスに活用される方は是非目を通しておきたいサイトです。”Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明されています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。” などしらないうちに影響を受けること回避できるようなります。

集客数が伸びない、問い合わせがこないのには原因があります。例えば、ホームページで取り扱う製品やサービスの内容を顧客ニーズにマッチさせていないことがあります。また、サイトのターゲットや目的が明確になっておらず、サイト全体やページがブレてしまっていることがあります。このブレを修正することでホームページの集客数を伸ばし、問い合わせを増やすことができるようになります。

カテゴリー: SEO