SEO

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

投稿日:2018年11月17日 更新日:

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識される方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一度は目を通しておきたいページです。

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Googleガイドラインに掲載されている内容

  • 一般的なガイドライン
    • Googleがページを検出できるように手助けする
    • Googleがページを理解できるように手助けする
    • 読者がページを利用しやすいよう手助けする
  • 品質に関するガイドライン
    • 基本方針
    • 具体的なガイドライン

やってはいけない手法(具体的なガイドライン)

以下は絶対にやってはいけないものです。ほぼペナルティ対象です。

  • コンテンツの自動生成
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルコンテンツがほとんどまたは全く存在しなページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページのコンテンツ関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウィルス、トロイの木馬、その他のマルウエアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチスニペット マークアップの悪用
  • Googleへの自動化されたクエリの送信

Google ガイドラインから引用

一般的なガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google がサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなります。

このガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明しています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。
Googleガイドラインより引用

Googleガイドラインの記事概略

  • Googleがページを検出できるように手助けするにはどうすればクロールされやすくなるのかついて書かれています
  • Googleがページを理解できるように手助けするには画像、動画、構造化データーについて説明されています。
  • 読者がページを利用しやすいよう手助けするでは表示速度など読者が読みやすくなることを説明しています。
  • 品質に関するガイドラインは不正行為(検索の順位を上昇させようとする行為)についてかかれています。
  • 具体的なガイドラインではなにが不成行為になるか説明されています。
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

GoogleガイドラインはWEBサイトをビジネスに活用される方は是非目を通しておきたいサイトです。”Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明されています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。” などしらないうちに影響を受けること回避できるようなります。

集客数が伸びない、問い合わせがこないのには原因があります。例えば、ホームページで取り扱う製品やサービスの内容を顧客ニーズにマッチさせていないことがあります。また、サイトのターゲットや目的が明確になっておらず、サイト全体やページがブレてしまっていることがあります。このブレを修正することでホームページの集客数を伸ばし、問い合わせを増やすことができるようになります。


SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

GoogleサジェストキーワードをダウンロードできるSEOツールの使い方

Googleサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Think with Google(SEOツール)でモバイルサイトの速度をチェックする

Think with Googleでモバイルサイトの速度をチェックしておきましょう。スマートフォンの普及により検索順位がディスク…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Google Correlate(SEOツール)で関連性があるワード候補を確認する

Google Correlate では関連性があるワード候補を確認することができます。なぜ、関連性を重視する必要があるのでしょう…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

SEOラボの「Google順位変動」は検索エンジンの順位変動を教えてくれる

SEOラボの「Google順位変動」はGoogleの順位の変動を教えてくれる記事です。Devo inc. さんが公開されているS…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

検索順位チェッカーGoogle、Yahoo、Bingの検索順位を簡単にチェックしてくれるSEOツール

検索順位をチェックしてくれる検索順位チェッカーはGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Googleのウェブマスター向け情報をSEOに活用する

GoogleはSEOに関する情報を数多く公開しています。WordPressのホームページをSEO対策するのに参考になる情報もたく…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Googleの自動ペナルティを受けたときのSEO対策(対処)の方法

Googleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

地域密着型ビジネスのSEO対策はGoogleマイビジネスに登録する

地域密着型ビジネスにWordPressのSEOを取り組んでいるならば、Google マイビジネスに自社のビジネスを登録しておきましょう。さまざまな Google サービス上にビジネス情報を無料で掲載できます。

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

ウェブマスターセントラルブログでGoogleのSEO対策情報を知る

ウェブマスターセントラルブログをWordPressのSEOを学ぶのに参考にしましょう。ウェブマスターセントラルブログではGoog…

SEO対策はGoogleガイドラインに沿って施策する

Googleの評価を良くする検索エンジン最適化の方法

Googleに評価を上げてもらうには、コンテンツの品質が低いとされるものから品質を良くすることです。なぜ、品質が低いままだといけ…

-SEO
-

執筆者:

関連記事

SEO対策に効果的なWordPressカテゴリの設計方法

WordPressカテゴリの設計方法は、カテゴリを構造化することから始めます。サイトを適切に構造化することでユーザーにわかり易くなり、検索エンジンからの評価も高めることができるようにになります。サイト …

キーワードは出現率ではなく方向性がSEOに重要

WordPressのSEOでキーワードの出現率を調整するだけでは上位表示されることはありません。出現率ではなく、そのページのテーマの中心になっているかが重要になっています。ページにはナビゲーションが設 …

重複コンテンツをnoindexで回避してSEO対策

WordPressのSEOに効果があるのが、重複コンテンツをnoindexで回避することです。「重複コンテンツ」とは、内容(=コンテンツ)同じにもかかわらず、URLが異なるページのことや同じような内容になっているコンテンツも含まれます。問題なのは、Googleはペナルティを与えることがあることです。

企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない

ブログで集客するにはロングテールSEOを施策することです。企業ならブログの記事で製品やサービスの使い方や利用方法など、得られる効果を「キーワード」に割り当て購入や利用への導線を設計し問い合わせをアップ …

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

目次1 集客1.1 集客数を伸ばし問い合わせ数を増大させるためのSEO 1.2 企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない 1.3 WEB集客には広告(有料)とSEO対策(無料 …