SEOはGoogleガイドラインに沿って施策する

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識される方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一度は目を通しておきたいページです。

Googleガイドラインに掲載されている内容

  • 一般的なガイドライン
    • Googleがページを検出できるように手助けする
    • Googleがページを理解できるように手助けする
    • 読者がページを利用しやすいよう手助けする
  • 品質に関するガイドライン
    • 基本方針
    • 具体的なガイドライン

やってはいけない手法(具体的なガイドライン)

以下は絶対にやってはいけないものです。ほぼペナルティ対象です。

  • コンテンツの自動生成
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルコンテンツがほとんどまたは全く存在しなページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページのコンテンツ関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウィルス、トロイの木馬、その他のマルウエアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチスニペット マークアップの悪用
  • Googleへの自動化されたクエリの送信
【Google ガイドラインから引用】

一般的なガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google がサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなります。

このガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明しています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。

Googleガイドラインより引用

Googleガイドラインの記事概略

  • Googleがページを検出できるように手助けするにはどうすればクロールされやすくなるのかついて書かれています
  • Googleがページを理解できるように手助けするには画像、動画、構造化データーについて説明されています。
  • 読者がページを利用しやすいよう手助けするでは表示速度など読者が読みやすくなることを説明しています。
  • 品質に関するガイドラインは不正行為(検索の順位を上昇させようとする行為)についてかかれています。
  • 具体的なガイドラインではなにが不成行為になるか説明されています。
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

GoogleガイドラインはWEBサイトをビジネスに活用される方は是非目を通しておきたいサイトです。”Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明されています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。” などしらないうちに影響を受けること回避できるようなります。

集客数が伸びない、問い合わせがこないのには原因があります。例えば、ホームページで取り扱う製品やサービスの内容を顧客ニーズにマッチさせていないことがあります。また、サイトのターゲットや目的が明確になっておらず、サイト全体やページがブレてしまっていることがあります。このブレを修正することでホームページの集客数を伸ばし、問い合わせを増やすことができるようになります。

検索の意図を反映する検索エンジン最適化

検索順位を上昇させるには、検索の意図に沿ったページを作ることが重要なことだとSEO情報サイトでは取り上げられています、Googleも同様にアナウンスしています。では検索の意図とはどのようなものでどうすれば導き出せるのでしょうか。Googleは人間が見て重要だ、必要性が高い、と感じるものを上位に表示する、と言う基本路線を持っています。そのため、テクニックや被リンクでの上位表示と言うのは本筋ではなく、検索の意図を踏まえて、本来人間が読んで必要だと感じてもらえるページをしっかり提供していくことが、今後はより一層重要になってきます。

検索順位を決める検索の意図とは

検索エンジンを利用する多くのユーザーは知識や情報を知るためだったり、疑問を解決したりする為に検索をします。このとき利用されるキーワードにそれぞれの検索の意図が隠れているというのです。実際にGoogleで検索して確認してみましょう。例として、キーワード「石鹸」の検索結果を見てみましょう。

ページタイトルを見ると以下のように「石鹸」について解説したページや石鹸の通販をしているサイトが検索結果として返されています。

  1. 石鹸 – Wikipedia
  2. 「石鹸」って何
  3. 固形せっけん | Amazon
  4. ・・・・

どうやらキーワード「石鹸」に隠された意図とは、石鹸について解説されたページが見たい、「石鹸」を通販しているページを見たい・知りたい・探したい・買いたい、ということになるようです。そして、ここには石鹸で知られている企業、花○石鹸や牛○石鹸のページが表示されていないようです。前述は会社名に石鹸とついていますが、このキーワードには有利にならなくなってしまったようです。これも検索の意図から発想すれば理解できます。石鹸は会社の情報を探すという意図はあまり含まれていないだろうという判断ということです。もう一つ注目してほしいのは、「石鹸」って何のページです。ページ前半はページの前半は解説になっていますが、ページ後半の内容は少し違うようです。

検索の意図をどう利用すべきか

企業は自社製品の販売や問い合わせ獲得が目的です。そのためページを作るときは、ユーザーが利用するキーワードに隠れた意図とコンテンツを深く関わらせておく必要があります。企業ユーザーは自社の業務で何らかの問題に悩み、検索エンジンを利用して解決の糸口を探しています。サイトで問題解決の糸口を見つければ何らかの行動を起こす可能性は高くなります。

検索結果の順位を決定する検索エンジンの評価基準はサイトがユーザーの質問に答える情報なのかを最重要視しています。キーワードに含まれる「これがわからない」「これが知りたい」「こんなものが欲しい」「いくらぐらいするのだろう」といったユーザーが入力するキーワードに隠れている目的や真意を検索エンジンは評価基準にしているのです。検索結果の露出を多くしたいのならばキーワードの評価基準に合ったコンテンツにすることです。

「アクセス(訪問者)が少ない」には以下のような原因があります。

  • 検索エンジンに上位表示されていない
  • ホームページのページ数が足りない
  • キーワードを意識したページ作りになっていない
  • キーワードを調査しないでページを作っている

SEO最新記事

RSS Antenna(WordPressプラグイン)はRSSフィードはSEOで注意

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいものなってしまいます。RSS Antennaは自サイトや他…

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)xmlサイトマップを解説

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにWEBサイトの内容を伝えてくれる「xmlサイトマップ」を自動で作成してくれます。検索エンジンのクローラーの…

SEO Optimized Images(WordPressプラグイン)で画像のSEO

SEO Optimized Imagesは、画像のalt属性に自動で自動でタイトルを上書きしてくれるプラグインです。SEOでは画像のalt属性を記入するのは定番になっています。SEO Optimized Imagesが上書きしてくれる値は、記事のタイトル、…

SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

SEOに使えるオンラインツールをご案内しています。


【スポンサードリンク】

DMM FX

DMM.com証券【DMM FX】

アセスケア

男性用だらだら・ベタベタ対策サプリメント

ホームトレーニングセット

自宅で本格的な筋トレをしたい方におすすめ

スリエ

ほうれい線撃退!奥からハリを生むほうれい専用リフトクリーム

よくばりWi-Fi

無制限で使いたい放題のWi-Fi【よくばりWiFi】


関連記事

  • 2019年2月14日 All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の設定 All in One SEO […] Posted in SEO, WordPress, プラグイン
  • 2019年1月9日 Google Analytics(アナリティクス)でアクセス解析をするSEO Google Analyticsは最も利用数の多い無料アクセス解析といえるでしょう。WordPressのSEOに必要な情報のチャンネルやキーワードの分析、行動の分析、コンバージョンの分析などをする事ができます。Google Analyticsはどんなユーザーがどのページを見ているのかを知ることができSEOに反映することができるのです。Google […] Posted in SEO
  • 2020年2月5日 SEO Optimized Images(WordPressプラグイン)で画像のSEO SEO Optimized Imagesは、画像のalt属性に自動で自動でタイトルを上書きしてくれるプラグインです。SEOでは画像のalt属性を記入するのは定番になっています。SEO Optimized […] Posted in SEO, プラグイン
  • 2019年7月12日 SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール SEOに使えるオンラインツールをご案内しています。 SEOチェックツール・高評価 「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。「SEOチェックツ […] Posted in SEO, 検索エンジン
  • 2019年6月10日 コンテンツSEOはページの品質向上とリンク構造の最適化 「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。 […] Posted in SEO
  • 2019年6月9日 共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEO 共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキー […] Posted in SEO
  • 2019年5月22日 最新のSEO(検索エンジン最適化)情報をサーチできるサイト SEO情報を提供されているサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。できるだけ短時間で多くのSEO情報を収集し参考にしたいものです。 海外SEO情報ブログ 海外情報ブログ […] Posted in SEO, 検索エンジン
カテゴリー: SEO