SEO内部対策チェックツールでSEO内部要因をチェック

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEO内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。ユーザーが求めているコンテンツが適切に記述されていることがSEO内部対策にとって最も重要と言えます。

SEO内部対策チェックツール

SEO内部対策チェックツールでSEO内部要因をチェック

SEO内部対策は検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをライティングで最適化することで上位表示につながります。


「SEO内部対策チェックツール」の使い方

SEO内部対策をチェックするには、対策URLと対策キーワード入力して、スコアをチェックするボタンをクリックします。チェックが終了するとスコアが表示されます。スコアが低い場合は、ページ内の見出しや内部リンク、画像などが適切に記述されているか確認してみましょう。

  • 自サイトの内部SEOの状況を確認できる
  • 競合サイトの内部SEOの状況を確認できる

SEOツール・高評価を使って検索エンジンの評価をチェック

SEOツール・高評価を使って検索エンジンの評価をチェック

「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。「SEOチェックツール・高評価」を利用すれば、各項目を数値化してくれるので修正の指針を見つけ出すことが容易になります。

SEOに効果的なWordPressのカテゴリー構造の作成方法

SEOに効果的なWordPressのカテゴリー構造の作成方法

WordPressのカテゴリーはサイトのテーマに沿った分類で構造化することで、視覚的にユーザーにわかり易くなり、SEOにも効果的になります。カテゴリーを効果的に使うことで検索利用数の多いキーワードを攻略することができます。カテゴリーに属するコンテンツを充実させてゆくことで内部リンクが構成され、カテゴリーのトップページが検索エンジンの評価を獲得しやすくなり、検索ランキングの上位表示や露出を達成することができるようになるのです。

カテゴリーを製品やサービスで分類することで関連性が明確に検索エンジンに伝わり評価を獲得しやすくなります。このときカテゴリー名は製品やサービスを総称する名称が適切です。サブカテゴリーを設定する場合は、製品名などの用途や目的を設定します。ポイントはあまり階層を深くしないこと、3階層までが適切でしょう。

まとめ

SEO内部対策チェックツールでSEO内部要因をチェック

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEO内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。ユーザーが求めているコンテンツが適切に記述されていることがSEO内部対策にとって最も重要と言えます。