SEO

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

投稿日:2019年3月23日 更新日:

検索順位を上昇させるには、検索の意図に沿ったページを作ることが重要なことだとSEO情報サイトでは取り上げられています、Googleも同様にアナウンスしています。では検索の意図とはどのようなものでどうすれば導き出せるのでしょうか。

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

Googleは人間が見て重要だ、必要性が高い、と感じるものを上位に表示する、と言う基本路線を持っています。そのため、テクニックや被リンクでの上位表示と言うのは本筋ではなく、検索の意図を踏まえて、本来人間が読んで必要だと感じてもらえるページをしっかり提供していくことが、今後はより一層重要になってきます。

検索順位を決める検索の意図とは

検索エンジンを利用する多くのユーザーは知識や情報を知るためだったり、疑問を解決したりする為に検索をします。このとき利用されるキーワードにそれぞれの検索の意図が隠れているというのです。実際にGoogleで検索して確認してみましょう。例として、キーワード「石鹸」の検索結果を見てみましょう。

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

ページタイトルを見ると以下のように「石鹸」について解説したページや石鹸の通販をしているサイトが検索結果として返されています。

  1. 石鹸 – Wikipedia
  2. 「石鹸」って何
  3. 固形せっけん | Amazon
  4. ・・・・

どうやらキーワード「石鹸」に隠された意図とは、石鹸について解説されたページが見たい、「石鹸」を通販しているページを見たい・知りたい・探したい・買いたい、ということになるようです。そして、ここには石鹸で知られている企業、花○石鹸や牛○石鹸のページが表示されていないようです。前述は会社名に石鹸とついていますが、このキーワードには有利にならなくなってしまったようです。これも検索の意図から発想すれば理解できます。石鹸は会社の情報を探すという意図はあまり含まれていないだろうという判断ということです。

もう一つ注目してほしいのは、「石鹸」って何のページです。ページ前半はページの前半は解説になっていますが、ページ後半の内容は少し違うようです。

検索の意図をどう利用すべきか

企業は自社製品の販売や問い合わせ獲得が目的です。そのためページを作るときは、ユーザーが利用するキーワードに隠れた意図とコンテンツを深く関わらせておく必要があります。企業ユーザーは自社の業務で何らかの問題に悩み、検索エンジンを利用して解決の糸口を探しています。サイトで問題解決の糸口を見つければ何らかの行動を起こす可能性は高くなります。

検索結果の順位を決定する検索エンジンの評価基準はサイトがユーザーの質問に答える情報なのかを最重要視しています。キーワードに含まれる「これがわからない」「これが知りたい」「こんなものが欲しい」「いくらぐらいするのだろう」といったユーザーが入力するキーワードに隠れている目的や真意を検索エンジンは評価基準にしているのです。検索結果の露出を多くしたいのならばキーワードの評価基準に合ったコンテンツにすることです。

「アクセス(訪問者)が少ない」には以下のような原因があります。

  • 検索エンジンに上位表示されていない
  • ホームページのページ数が足りない
  • キーワードを意識したページ作りになっていない
  • キーワードを調査しないでページを作っている


検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

集客

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

検索エンジン最適化に使いたいプラグインリスト

プラグイン

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

WordPressテーマの検索エンジン最適化

WordPressのテーマ

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

Googleの検索エンジン最適化は求められる情報コンテンツが最重要

Google

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤…

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは…

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

検索順位を上昇させるには検索の意図を読むSEOが必要

Lightning(WordPressテーマ)のページタイトルをH1と違うものにするSEO対策

LightningのSEOに重要なページタイトルの変更をする方法をご紹介します。記事の編集画面のタイトルに入力した文字列は見出し…

-SEO
-

執筆者:

関連記事

企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない

ブログで集客するにはロングテールSEOを施策することです。企業ならブログの記事で製品やサービスの使い方や利用方法など、得られる効果を「キーワード」に割り当て購入や利用への導線を設計し問い合わせをアップ …

WEB集客には広告(有料)とSEO対策(無料)がある

WordPressをSEOすることで集客できるようになります。WEBを利用した集客は、サイトにユーザーを集めて商品販売や利益につなげるために行うものです。一般的に行われるWEB集客には検索エンジンの自 …

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でタイトルのSEO対策をする

WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の「タイトル設定」の使い方です。タイトルはSEOの中でも最も重要な部分です。All in One SEO Packの「タイトル設定」では、「タイトルを書き換える」を有効にすることでページごとのタイトルを書き換えることができるようになります。

SEOは目的を明確にしないと失敗する

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確にな …

重複コンテンツをnoindexで回避してSEO対策

WordPressのSEOに効果があるのが、重複コンテンツをnoindexで回避することです。「重複コンテンツ」とは、内容(=コンテンツ)同じにもかかわらず、URLが異なるページのことや同じような内容になっているコンテンツも含まれます。問題なのは、Googleはペナルティを与えることがあることです。