キーワード難易度がチェックできるSEOツール

キーワード難易度チェックSEOツールを使ってSEOの難易度をチェック。キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードに狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

キーワード難易度チェックツールの概要

キーワード難易度チェックツールの概要

キーワードの難易度を考慮しないでSEOをしてしまうと上位に表示されるまでに時間を浪費してしまったり、キーワードの方向性を変更したりしてしうことになり、上位表示に失敗してしまうこともあります。キーワード難易度チェックツールなどを使うとわかることることは、SEOの難易度や競合サイトの攻略計画が推定できることです。

難易度を確認したいキーワードを入力して、「難易度をチェックする」ボタンをクリックします。SEO難易度、月間検索数予測、1位時の月間検索アクセス予測が表示されます。難易度の数値が高く検索数予測数値が多ければ、上位に表示されるまで時間が必要と考えるべきです。

キーワード難易度チェックツールの使い方

キーワード難易度チェックツールの使い方

難易度をチェックしたいキーワードを入力し「難易度をチェックする」ボタンをクリックすると、SEO難易度、月間検索数予測等や簡単なアドバイスなどを表示してくれます。競合が多ければ難易度も高くなりがちですので組み合わせキーワードなどを攻略していく方がいいかもしれません。

キーワード難易度に関連する記事

キーワード難易度チェックSEOツールを使ってSEOの難易度をチェック。キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードに狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

SEOの失敗

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。SEOの目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

SEOで失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。