ロングテールSEOの欠点はコストを浪費してしまうこと

ロングテールSEOは競合の低いキーワードをターゲットにし上位表示をし集客を狙うものです。欠点はキーワードの利用数が多くないキーワードに対して行われることがコンテンツを作るためのコストを増大させてしまうことです。中小企業のホームページでロングテールSEOを集客目的でコンテンツを作る場合。自社内で対応することが多く、内容が薄いものになりがちです。検索エンジンは内容のないページを排除しようとしますので内容に注意しなければなりません。

ロングテールSEO

ロングテールSEOの欠点はコストを浪費してしまうこと

ロングテールSEOは検索エンジンの自然検索から流入を成功させる手法の一つです。ロングテールキーワードでサイト内に製品やサービスのコンテンツを幅広く配置し誘導することで集客します。検索利用数は少ないのですが、質の高いアクセスが集まるのが特徴の複合キーワードが主になります。一般的にアクセスの80%がロングテールキーワードでコンバージョン率が平均20%といわれています。検索利用数は少な目ですが、具体的なキーワードを使えば、ユーザーが求めている情報とマッチしコンバージョン率は高くなってきます。


ロングテールSEOの事例

ロングテールSEOの事例としてはAmazonなどの大型サイトでも導入されていることです。「人気商品でない商品の総売り上げが人気商品を上回る」という法則を重要視したものです。検索ボリュームの多いキーワードからの訪問者より、ロングテールSEOで検索ボリュームの少ないキーワードを積み重ねた訪問数が上回ることが統計により出されています。競合が強い場合やサイトを公開してまだ力がない場合など特に効果が出ることがあります。

中小企業のホームページのユーザーは自社の業務で何らかの問題に悩み、インターネットを利用して解決の糸口を探しています。貴社サイトで問題解決の糸口を見つければ何らかの行動を起こす可能性は高くなります。

ロングテールSEOの失敗例

失敗例としては、上位表示を意識しすぎて訪問者が次のアクションをとらずにサイトを去ってしまうこと、コンテンツが訪問者の意図に沿ったものになっていないことがあります。訪問数は増加したが、期待したように反応がないといったことがおきてしまいます。上位に露出させてもニーズにあったコンテンツになっていなければ、問い合せや資料請求などの希望する行動をとってもらう以前にサイトを去られてしまうことになってしまいます。訪問者のニーズを満たす情報コンテンツを提供し、訪問者が次の行動を起こすための仕組みを組み込んでおく必要があります。

検索エンジンの自然検索エリアはサイトの評価によって順位が決められるので状況に合わせたSEOが求められます。サイトの評価が十分でない場合に競合の強いキーワードでは十分なコンバージョンを生み出せません。

  1. キーワードの競合性が強すぎないかチェック(サイトに競合力がないときはワンランク下から攻略する)
  2. サイトの状態とあわせて最も効率的なキーワードから攻略する
  3. ユーザーが探していそうな情報を高品質なコンテンツでつくる
  4. コンテンツを通じた対話によって、知識形成に寄与し、好ましい関係を構築する

ロングテール(英語:the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃える事、または対象となる顧客の総数を増やす事で、総体としての売上げを大きくするものです。

SEO対策サービスでは利用の多いキーワードに加えて、検索利用の少ないキーワードに対してページを用意し、ページを上位表示させ、幅広く対応するSEO対策を代行いたします。キーワードに幅広くヒットさせ、問い合わせや資料請求など収益につながる何らかの取引を行う割合(コンバージョンレート)を高めるコンテンツを作ります。

ロングテールSEOの欠点を補うにはキーワード選定

ロングテールSEOの欠点を補うにはキーワード選定がポイントになります。できるだけ無駄なページを作らずコスト浪費しないこと。問い合わせや資料請求をしてもらうためにはユーザーの「知りたい」キーワードを見つけて、ニーズに沿ったコンテンツにすること。そして、この記事を読めば役に立つ、得をすると思ってもらえるような内容にすること。例えば、下記のような組み合わせがよく利用されています。


  • 「サービス名 価格」
  • 「商品名 価格」

ロングテールキーワードを探すにはまず競合サイトはどんなキーワードを使っているか調べてみることです。次にそのキーワードの利用数をオンラインツールなどで調べます。あまり利用数が多いものは競合が高いのでロングテールSEOに適さないこともあります。キーワードが絞り込まれたら実際に検索して検索結果に表示されるサイトを調べます。製品やサービスのページでなければそのキーワードは「情報取集型」のキーワードで製品ページが表示される可能性が低いといえます。そして見つけたキーワードにマッチした情報にできるかを考察しコンテンツを準備します。

キーワードのタイプ

キーワードを大別すると取引型、情報収集型、案内型になります。ロングテールSEOでは主に情報収集型をターゲットにします。

タイプ 説明 対策
取引型 取引型(Transactionタイプ)のキーワードは、製品などを物色するために利用され取引を意図するもので、攻略すべきものです。「何かをしたい」、「何かに対してアクションを起こしたい」という意図が含まれることもあります。
  1. 商品を購入する
  2. ソフトウェアをダウンロードする
  3. 資料請求をする
例としては、「スマートフォン ケース 通販」などがあります。 *利用率5%程
セールスコンテンツで対応 購入したいを後押しするコンテンツで対応します。企業サイトでは問い合わせ・資料請求につなげる重要なコンテンツになります。
情報取集型 まだ購入や問い合わせをする状態ではありませんが、情報を得たいという動機は持っています。 悩みを解決したいに答える教育的コンテンツが適しています。
案内型 案内型(Navigationタイプ)のキーワードは特定のサイトやページを見つけ移動することが意図で、「ブックマーク代わりキーワード」が利用されます。特定のサイトを見たいといった意図があるものです。
  • 楽天市場
  • Yahooニュース
*利用率10%程
企業のサイトでは相互リンクとしてこのページが作られた時期もありましたが、現在はペナルティのリスクの為構成されることはあまりありません。 安全なリンクとしては同じ製品を扱うメーカーや販売店に留めることが安全です。

キーワードの探し方選び方

記事を読むことでユーザーにメリットをもたらす情報を伝えることを念頭にキーワドを探し選びます。ターゲットユーザーが使いそうなキーワードを探し、検索エンジンの上位に表示することでアクセスアップができます。検索ユーザーの特徴を理解し、抱えている悩みや問題改善を提案することにつながるキーワードを探し出すことです。ネット上にはよく成功事例が紹介されていますが、ユーザーの要求とマッチしていないことも多いので注意が必要です。

キーワードの分析が必要

キーワードを探し選ぶにはアクセス解析やサイトの構造・レイアウト分析を行うことです。ユーザーの関心(何を必要としているのか)分析し常に改善することが求められます。また、集客のために行う施策にはSEOやリスティング広告がありますが、何をどのようにすることでどんな効果をえられるのか分析し実施する必要があります。キーワードを精査するために、競合サイトを調査することも求められます。どんなキーワード使って検索エンジンから集客しようとしているのか、自社との製品や対象顧客の違いを比較しコンテンツを練り上げていきます。

Google AnalyticsやSerch Consoleを使ってサイトの分析や診断ができます。アクセスは訪問者数の増加に着目されることが多いのですが、自社の目的に沿っていなければ無駄なことをしていることになります。ユーザーは局面によって必要としている情報は異なります。それぞれの局面に応じた構成でコンテンツを作り上げます。

分析 内容
集客の面 検索エンジンからの自然流入を分析
接客の面 訪問者のコンテンツ満足度、滞在時間やページ遷移フローなどを分析
実商談への到達 問い合わせや資料請求など実商談に到達しているかなどで分析

まとめ

ロングテールSEOの欠点はコストを浪費してしまうこと

ロングテールSEOは競合の低いキーワードをターゲットにし上位表示をし集客を狙うものです。欠点はキーワードの利用数が多くないキーワードに対して行われることがコンテンツを作るためのコストを増大させてしまうことです。中小企業のホームページでロングテールSEOを集客目的でコンテンツを作る場合。自社内で対応することが多く、内容が薄いものになりがちです。検索エンジンは内容のないページを排除しようとしますので内容に注意しなければなりません。