SEO

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

投稿日:2019年4月1日 更新日:

モバイル検索はモバイル端末での検索の意図に最適化された検索結果が優先されることを意味しています。スマートフォンの普及によりモバイル端末から検索が急増し、ユーザーの検索意図はディスクトップで検索されるものと異なるものになってきました。これまではディスクトップからの検索意図に合わせた検索結果を優先していたものから、モバイルファーストに変更されSEOの変更も必要な状況になっているのです。

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

モバイル検索とPC版Googleの検索結果の違いはどこにあるでしょう。スマートフォンなどから検索をすると検索地域に関連したランキングが採用されています。これはモバイル(移動を前提にした)ユーザービリティを考慮したものと考えられます。

Googleより発表された検索回数の推移です。2016年急激な増加を示していますが、これはスマートフォンなどのモバイル端末からの検索が影響していると予想されています。モバイルファーストを打ち出す背景もうなずけるものがあります。

期間 検索階数
2009年 3650億回
2012-2015年 1兆2000億回
2016年 2兆億回

モバイル検索対応の重要性

企業のサイトでは、ディスクトップでの閲覧がほぼ70%-80%程です。しかし、モバイル検索ランキングがどのような影響を与えるのか、それぞれ異なるので、モバイルからの流入が多い場合は確認しておく必要は十分あります。ディスクトップからの検索ではランキング上位を獲得していたとしても、モバイル検索では獲得できないこともあります。

タブレット端末は表示画面のサイズはPCと同じくらいなので、検索結果にPCサイトが表示されても閲覧は可能です。しかしながらスマートフォンなどのように表示部が狭いモバイル端末では使い勝手が悪いのも事実です。

モバイル検索のアナウンス履歴

Googleは以前からモバイル検索について着目したコメントを発表していて準備をしていました。

2015年5月のGoogleアナウンス
4月21日より、Google の検索結果のランキングを決める要素の 1 つとして、モバイルへの対応度が追加されます。この変更は世界中のすべての言語のモバイル検索に適用され、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。つまり、ユーザーの使っている端末に適したウェブやアプリが、従来よりも検索結果の上位に表示されるようになります。

どんなデバイスであっても、優れたユーザー体験を提供することをGoogleでは目指している。そのため、この原則を反映した検索結果を確実に提供することを強力に後押している。どこにいようとユーザーがウェブを楽しんでほしいと私たちは望んでいる。

モバイルのために作られたサイトはモバイルユーザーにてずっと優れたユーザー体験を提供する。私たちの調査によれば、61%のユーザーが、スマートフォンからアクセスしたときに問題があったモバイルサイトに再び訪れることはないだろうと回答した。モバイルでは読みづらいフォントを使っていたりユーザーが過度にズームインやパンしたりしなければならないサイトがそうしたサイトに含まれる。モバイルは非常に重要な領域だ。アメリカ合衆国ではモバイル端末の普及率は50%を超えている。

Googleからのアナウンスでは、ランキングシグナルとして採用したわけではなく、「モバイルユーザー・エクスペリエンスに優れたサイト・ページの評価を上げ、劣っているサイト・ページの評価を下げる」といったもののようです。

モバイルフレンドリーでモバイル検索をテスト

モバイル端末の利用が激増しGoogleは検索結果のインディックスをモバイルサイトを評価して決定すると公表しています。サイトがモバイル端末に適応しているかをGoogleのモバイルフレンドリーテストを使って確認しておきましょう。

2015年4月にGoogleはモバイル検索ランキングを採用することを発表しています。Googleはモバイル向けサイトを重視するためのアルゴリズムの変更を行うというのです。今まで、ランキング評価はディスクトップ・PCサイトに対して行われていたのですが、今後はモバイルサイトを基準に評価をしていくことになるのです。BtoCサイトを運用している企業では対応に迫られることになりそうです。対応としては、レスポンシブデザインにするか、モバイル専用サイトを構築することになります。

Googleはモバイルフレンドリーなサイトにするためのガイダンスとして下記のURLを用意しています。

モバイル検索に対応させるモバイルファーストが実施されモバイル端末への対応が標準になってきています。


モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

集客

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

検索エンジン最適化に使いたいプラグインリスト

プラグイン

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

WordPressテーマの検索エンジン最適化

WordPressのテーマ

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

Googleの検索エンジン最適化は求められる情報コンテンツが最重要

Google

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤…

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは…

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

モバイル検索とモバイルファーストに対応したSEO

Lightning(WordPressテーマ)のページタイトルをH1と違うものにするSEO対策

LightningのSEOに重要なページタイトルの変更をする方法をご紹介します。記事の編集画面のタイトルに入力した文字列は見出し…

-SEO

執筆者:

関連記事

企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない

ブログで集客するにはロングテールSEOを施策することです。企業ならブログの記事で製品やサービスの使い方や利用方法など、得られる効果を「キーワード」に割り当て購入や利用への導線を設計し問い合わせをアップ …

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは検索クエリに対してインデックスに表示しても参考にならないようなページを指 …

キーワードは出現率ではなく方向性がSEOに重要

WordPressのSEOでキーワードの出現率を調整するだけでは上位表示されることはありません。出現率ではなく、そのページのテーマの中心になっているかが重要になっています。ページにはナビゲーションが設 …

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。で …