Table of Contents PlusはSEO内部リンクを強化してくれる

Table of Contents PlusはSEO内部リンクを強化してくれる

Table of Contents Plus は投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれるプラグインです。目次があると訪問者がそのページを素早く把握することになりユーザービリティを上げることにもなります。また、 Table of Contents Plus の目次はページ内の見出しに対してリンクされるためSEO内部リンクの強化に繋がります。

Table of Contents Plus の概要

Table of Contents Plus は目次を任意の位置に表示してくれるプラグインです。目次はページ内へのリンクにもなっているのでユーザーが目的の情報にアクセスしやすくなります。ページが長文で構成され、文書構造が体系化されている場合には内部リンクとして効果的です。

WordPress.orgTable of Contents Plus
バージョン2.0.17
最終更新日8か月前
有効インストール200000+
WordPressバージョン5.6.20
2021年11月現在

Table of Contents Plus の使い方

Table of Contents Plus の使い方はインストール後設定をするればあとは自動で目次を作成してくれます。目次は、一般的にページの先頭に配置されることが多く、ユーザーに素早くページの概要を伝えることができるようになり、ユーザービリティの点からも効果的です。

  • 目次を表示する位置を上下、最初の前後にできる
  • 表示する条件を見出しの数で2以上からにできる
  • 自動で挿入できるコンテンツタイプを選べる

Table of Contents Plus の内部リンク効果

SEO内部対策とは、サイトの構造を作ったり、記事を書き直したりする作業のことです。 具体的には、サイト全体のテキストや画像、HTMLタグ、リンクなどサイト内部の要素を改善するSEO対策ことをいいます。

内部リンクとは、 サイト内のページ同士をつなぐリンクのこと です。 この内部リンクを最適化することで、クローラビリティが高まり、インデックスされやすいサイトとなるので、最終的にSEO効果による検索上位化が見込めるようになります。

Table of Contents Plus のSEO内部対策

Table of Contents Plus に関連する記事