検索エンジン

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

投稿日:2019年7月12日 更新日:

キーワード

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

Googleトレンド(SEOツール)でキーワードを探す

Googleトレンド(無料ツール)でWordPressのSEO用のキーワードを探すことができます。Googleトレンドでは現在、数多く利用されているキーワードチェックすることができるのです。

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

検索エンジン最適化でのキーワード選定の注意点

SEO対策でキーワードを選定する場合の注意点はユーザーが利用しないキーワードばかりを選ばないこと、検索結果に表示される機会は極端に少なくなってしまいます。また、思いつくキーワードを選んでも上位表示去れる可能性は低くなります。キーワードの選定方法注意点についてご覧ください。 キーワードの選定の仕方としてオンラインツールなどを使って、利用されているものを優先されていると思います。利用されているキーワードでコンテンツを作っただけでは上位表示に至りません。ここでもうひと手間かけて、選定したキーワードを使って実際に検…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワードは出現率ではなく方向性がSEOに重要

WordPressのSEOでキーワードの出現率を調整するだけでは上位表示されることはありません。出現率ではなく、そのページのテーマの中心になっているかが重要になっています。ページにはナビゲーションが設置されることがほとんどで出現率に影響してきます。そこで、キーワード出現率チェックツールを利用すると把握することが容易になります。 検索エンジンの利用者があるキーワードで検索したとき、そのキーワードについて的確に触れているページを見たいのは当然です。つまり検索エンジンはそのキーワードについて書かれた最適なものを前…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

ビジネスブログはキーワードを決めて記事を書くとアクセスが安定します。記事を公開するとしばらくは検索エンジンからアクセスがあるのですが暫くするとなくなってしまうことがあります。これはビジネスブログのキーワードが決まっていないことが原因していることが多いようです。 検索エンジンは新しい情報を優先してくれる傾向があるので、ブログの記事公開後は上位に表示される場合もあります。しかし徐々に順位が下がり、時には消えてしまうといったことが発生してしまいます。 ブログのキーワードの決め方 ビジネスブログをキーワード決めて記…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

検索数予測ツールを使ってキーワードを探す方法

検索数予測ツールを使ってキーワードを探す方法をご紹介しています。集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しかし、検索エンジンは無料で安定した訪問者を提供してくれます。そのため、検索エンジンで利用されているキーワードの検索数を予測し記事を書くことは集客数を伸ばすことにもなります。 検索数予測ツールでできること 検索エンジンからの流入を予測することができる 公開すべき記事のキーワード…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

共起語検索SEOツールを使って関連するキーワードを抽出する

共起語とは検索クエリ(キーワード)と共に合わせて良くでてくるワードのことを言います。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されました。このシステム対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。 共起…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード出現率チェックができる無料SEOツールの使い方

記事内のキーワード出現率をチェックできるツール「ファンキーレイティング [FunkeyRating]」の使い方を解説しています。キーワードの出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。記事内のキーワードの出現率を調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、出現率を無視していいかというとそうではなく、キーワードの詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。 ファンキーレイティングでできること URLによる記…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード難易度チェックSEOツールを使って難易度を確認する

記事を書き始める前にキーワードを決めておく必要があるのですが、キーワードの難易度があることを意識しておきましょう。キーワードによっては難易度が高く上位に表示されるまでに長期間必要なキーワードもあるためです。 キーワード難易度チェックでできること SEOの難易度を推定することができる 競合サイトの攻略計画が推定できる キーワード難易度チェックツール 【サイト名】キーワード難易度チェックツール 【URL】https://seopack.jp/keyword/ 【運営企業】株式会社 ディーボ 難易度を確認したいキ…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

GoogleサジェストキーワードをダウンロードできるSEOツールの使い方

Googleサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表示させ、まとめてダウンロードできるツールです。 Googleサジェストでできること 検索数が多い最新のキーワード調査をすることができる ※サジェストとは、検索窓にキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいキーワードを自動で表示する機能のことです。このようなキーワードをサジェストキーワードと言います。Googleではオートコンプリート、Yahooでは入力補助と呼ばれています。 G…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード出現率チェックができるohotuku.jp(SEOツール)の使い方

キーワード出現チェック | ohotuku.jpはページ内のキーワード出現率を確認することができるSEOツールです。キーワードを入力すると「出現目標」を設定できます。現在ではキーワードの出現を調整することで上位表することにはなりませんが、キーワードの詰め込み過ぎを回避することはできます。 ※キーワード出現率はページ内にキーワードがどれくらい出現しているかを表す数値で、出現率の高いキーワードがそのページの中心的な事柄として捉えられていました。この出現率を調整することで検索エンジンの上位表示が狙えたこともありま…

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEOコンテンツを作る

共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステ…

その他の記事一覧

-検索エンジン
-

執筆者:

関連記事

検索エンジンに低品質とされるコンテンツを判断する方法(SEO内部対策)

検索エンジンで検索順順位を上昇させるためのSEOでは、コンテンツの品質が重要であることはSEOに関わる方なら意識されていることでしょう。しかし、何を判断基準にして低品質コンテンツを見つけ出せばよいのか …

ブログで注目しておきたい検索エンジン最適化

目次1 ブログ1.1 企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない 1.2 ウェブマスターセントラルブログでGoogleのSEO対策情報を知る 1.3 ブログの集客にはロングテー …

WordPressテーマの検索エンジン最適化

どのテーマを使うにしても、titleとdiscriptionは配慮されることをお勧めします。titleにはキーワードを含めておくことはご存知だと思いますが、意識し過ぎて不自然なタイトルやキーワードを羅 …

SEOラボの「Google順位変動」は検索エンジンの順位変動を教えてくれる

SEOラボの「Google順位変動」はGoogleの順位の変動を教えてくれる記事です。Devo inc. さんが公開されているSEO関連情報の一つで、namaz.jpでのデータをもとに順位変動の解説を …

Stinger PLUS2(WordPressテーマ)を検索エンジンに最適化する方法

Stinger PLUS2(スティンガー)はSEOに適したWordPressテーマです。シンプルなデザインでビジネスブログとしても利用でき、編集画面も便利なボタンが数多く実装されています。Stinger PLUS2はビジネスコンテンツ(文章)主力でいくなら、日本行内生まれなので日本語表示もしっくりとマッチしていることもお勧めです。