SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

SEOに使えるオンラインツールをご案内しています。

目次

SEOチェックツール・高評価

「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。「SEOチェックツール・高評価」を利用すれば、各項目を数値化してくれるので修正の指針を見つけ出すことが容易になります。

「SEOチェックツール・高評価」の使い方

検索エンジン上位表示されているサイトの評価には次のような傾向があるようです。

  • 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
  • オリジナル性の高いページが評価されている
  • 効果的な更新を行っているページが評価されている
  • ドメインの力が強いページが評価されている

チェックしたいページのURLとキーワードを入力しチェックボタンをクリックします。

評価ポイントを次の項目で数値化してくれます。

  1. WEBサイトの基本情報
  2. コンテンツを構成するSEO対策キーワード
  3. 見出しタグ内のテキスト
  4. 画像代替えテキスト
  5. ページ内構造の評価に重要な発リンクテキストの関係一覧

総合得点が高いから上位に表示されるとはならないようです。ランキングはキーワードの競合度やサイトの状況、その他の多くの要素で判断されています。あまり高得点を意識しないで、バランスがとれいるかをチェックしコンテンツを作り続けることが効率的なような気がします。自社サイトだけでなく、競合サイトもチェックしてみると気付かなかったことがわかることもあります。

キーワード難易度チェックツール

キーワードの難易度を考慮しないでSEOをしてしまうと上位に表示されるまでに時間を浪費してしまったり、キーワードの方向性を変更したりしてしうことになり、上位表示に失敗してしまうこともあります。キーワード難易度チェックツールなどを使うとわかることることは以下のようなことです。

  • SEOの難易度を推定することができる
  • 競合サイトの攻略計画が推定できる

難易度を確認したいキーワードを入力して、「難易度をチェックする」ボタンをクリックします。SEO難易度、月間検索数予測、1位時の月間検索アクセス予測が表示されます。難易度の数値が高く検索数予測数値が多ければ、上位に表示されるまで時間が必要と考えるべきです。

SEO難易度チェックツール

こちらもディーボさん提供のページです。タイトルはSEO難易度チェックツールになっていますが、同じようにスコアを出してくれます。

検索数予測ツール

集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しかし、検索エンジンは無料で安定した訪問者を提供してくれます。そのため、検索エンジンで利用されているキーワードの検索数を予測し記事を書くことは集客数を伸ばすことにもなります。

検索数予測ツールでは以下のことができます。

  • 検索エンジンからの流入を予測することができる
  • 公開すべき記事のキーワードを探すことができる

使い方

検索数予測ツールの使い方は、検索数を調べたいキーワードを入力して、あとは、チェックボタンをクリクすれば検索数の予測を表示してくれます。Yahoo japan!とGoogleの月間推定数が表示されその下には獲得した順位でのアクセス予測数が表示されます。

検索数が多いだけで判断しない

検索数の多いキーワードを見つけたら次にGoogleで実際に見つけたキーワードを使って検索します。上位に表示されているサイトがこれから書こうとしている記事と同じような内容ならば上位の可能性は出てきますが、そうでないなら残念なことになるかもしれません。

検索順位チェッカー

検索順位をチェックしてくれる検索順位チェッカーはGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査したいページのURLを入力後キーワードを指定してチェックボタンクリックで順位を確認することができます。「スマホ版もチェックするにチェックで同にモバイル順位も取得してくれます。

検索順位チェッカーでできること

  • 自サイトの検索順位をチェックできる
  • 競合サイトの検索順位をチェックできる

使い方

検索順位チェッカーの使い方は、検索順位をチェックしたいURLを入力し、続いてキーワードを入力、キーワードは最大5つまで指定することができます。あとは、チェックボタンをクリクすれば順位を一覧で表示してくれます。

検索順位チェッカーの注意点

検索結果の順位は常に変化します、大きなアルゴリズム変更時だけでなく日常的にも変化するので、一時的に消えてしまうこともあります。あまり順位にとらわれず見守った方がいいこともあるようです。アルゴリズム変更によって順位が降下された場合でも1~2月後に回復したりすることもあるので、順位降下を見つけたらスパム的なテクニカルを施策していないのであれば、焦らず、地道な品質アップを心がけた方が良い結果を導くようです。

競合をチェック

SEOツールで競合をチェックするとWordPressの対策をするキーワードや優先してなにをすればいいのかなどを見つけ出すことができます。 SEOツールで競合をチェックする目的は細かな数値に対して競合を上回るためのものではなく、競合サイトの傾向や競合がどの部分に力を入れているのか等を判断するために行うものです。競合サイトが同じキーワードをターゲットとしていても、製品やサービスは異なります。競合と比較することによって自社のサイトが見え、何をすべきかが明確になることも多いです。

SEO 高屋:チェックツール

SEO 高屋 | 1クリックで自動分析SEOチェックツールでは分析する競合サイトのURLを入力すれば、title,description,検索順位等を表示してくれます。競合サイトがどのようなSEO対策を目指しているかを分析し推し量ることが可能になります。

SEO 高屋で分析できる項目

  • title,discription,keywords,h1
  • 最終更新日,ファイルサイズ,ページ読み込み時間,ドメイン取得年月日,PageRank
  • ホスト,IPアドレス,Aloya traffic rank
  • ブラックリスト,インディックス数(Google,Yahoo!)
  • Twitter,Facebook,Google+,はてなブックマーク

SEOチェキ!

SEOチェキ!は競合サイトのSEOチェック、検索順位、キーワード出現頻度、発リンクなどチェックできるツールです。

SEOチェキ!で分析できる項目

  • title,discription,keywords,h1
  • 発リンク数,最終更新日,ファイルサイズ
  • インディックス数(Google,Yahoo!)
  • Twitter,Facebook,Google+,はてなブックマーク
  • その他、被リンクチェック,検索順位チェック,キーワード出現頻度チェック

SimilarWeb

SimilarWebは海外のサイトですが操作はいたって簡単、調べたい競合サイトのURLを入力するだけです。アクセスボリュームの小さいサイトはデータが表示されません。競合サイトの調査はSEOに欠かせない作業です。どんなキーワードをターゲットにしているのか、そしてどれくらいの訪問者が見込めるのか。また、他のメディアの対策はどのようにしているのかなど、サイトの方向性を出すためにも参考になることがたくさんあります。

SimilarWebで分析できる項目

SimilarWeb株式会社は、Or Offer によって、2009年3月に設立されたIT企業である。 SimilarWebの本社は英国のロンドンにあり、世界中の企業にWeb解析、データマイニング、ビジネスインテリジェンスサービスを提供している。 ウィキペディアより引用
  • 3ケ月間のグローバルタンク・カントリーランク・カテゴリーランク
  • トラフィックの概要、総訪問数・国別のトラトラフィック・トラフィックソース
  • その他

トラフィックソースでは競合サイトの流入が主になんであるかを知ることができます。SEOツールを使えば確実に上位に表示できるわけではありませんが、一定のパターンを見つけ出すこともできます。自サイトのページや上位のサイトを比較すると見えてくるものもあります。

検索順位をオンラインチェックツールでチェックしてWordPressのホームページを改善しましょう。検索順位を上げたいと考えたならばまず、自社のサイトの検索順位を確認する必要があります。検索順位は常に変動し固定されないもので、特に検索エンジンのアルゴリズム変更により大きく変動することもしばしば、定期的に検索順位をチェックし、検索順位が下がった場合にはその原因を突き止め、修正をしておきたいものです。

検索エンジンにて手作業で順位をチェックする方法もありますが、ブラウザに表示される検索結果は本当の順位でないこともあります。「パーソナライズ検索」と呼ばれ、閲覧頻度の高いサイトのページを優先的表示するものです。ウェブ担当者なら、自社のウェブサイトは当然開く頻度は高くなります、すると検索結果には優先されて表示されるので順位が上がったと思ってしまうこともあるのです。シークレットモードを備えるブラウザを使用すれば比較的本当の順位に近いものになりますが、これも完全ではないようです。

インターネット上には検索順位をチェックしてくれるツールが公開されているので、併用して確認することも必要です。ほとんどのツールがURLとキーワード入力することでチェックが可能です。

検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック

  • 【サイト名】検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!
  • 【URL】http://checker.search-rank-check.com/
  • 【運営企業】株式会社ディーボ

検索順位をチェックしてくれる検索順位チェッカーはGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査したいページのURLを入力後キーワードを指定してチェックボタンクリックで順位を確認することができます。「スマホ版もチェックするにチェックで同にモバイル順位も取得してくれます。

検索順位チェックツール – SEOTOOLS(SEOツールズ)

  • SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断!
  • http://www.seotools.jp/
  • ブラストホールディングス株式会社

「SEOツール・SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断!」はGoogleで1位のサイトと検索順位、インディックス数、被リンク数、キーワード率などを比較してくれるSEOツールです。診断したいURLとキーワードを入力することで確認できるのでサイトに何をすべきか見えてくるツールです。

順位チェック 300 | SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp

  • 順位チェック 300 | SEOチェックのためのSEOツール集
  • http://ohotuku.jp/rank_checker/
  • ディーボ

Google、Yahoo、Bingをチェックすることができます。チェックするサイトのURLと検索クエリを入力後Checkボタンをクリックすると検索順位が表示されます。

検索順位をチェックするときの注意点

ブラウザでの便利な機能にパーソナル検索というものがあり、正確な順位でないことがあることです。このGoogleパーソナル検索というのは、過去の検索履歴により自分用にカスタマイズされた検索結果のことです。パーソナライズ検索という場合もあります。よく見るページや似ているページなどは、表示されやすくなり、通常検索結果の1ページ目に表示されます。

「重複コンテンツ」とはURLは異なるが内容が同じもしくは似たような内容であるコンテンツとされています。インターネット上では特定のページにどこからでもアクセスできるため、同じ内容のページが複数存在する必要性はありません。むしろ、ユーザーにとっては重複コンテンツは迷惑な存在ともいえるものなのです。そのため検索エンジンは重複コンテンツを排除しようします。(検索エンジンは、原則として重複コンテンツを同時に検索結果に表示することはありません。)

重複コンテンツや類似ページ判定ツールでできること

  • 重複コンテンツコンテンツを見つけることができる。
  • 見つけることで、自サイトがペナルティを受けたり、順位降下されることを回避することができる

重複コンテンツや類似ページ判定ツール

  • 重複コンテンツや類似ページ判定ツール
  • http://sujiko.jp/
  • 株式会社ディーボ

重複コンテンツや類似ページ判定ツールの使い方

判定ツールサイトにアクセスします。比較したいページのURLを入力後、判定ボタンをクリックします。判定には少し時間が必要ですので、画面をそのままで判定結果が表示されるまで待ちます。

SEO内部対策チェックツール

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEP内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。ユーザーが求めているコンテンツが適切に記述されていることがSEO内部対策にとって最も重要と言えます。

SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。

SEO内部対策チェックツールでできること

  • 自サイトの内部SEOの状況を確認できる
  • 競合サイトの内部SEOの状況を確認できる

SEO内部対策チェックツールの使い方

SEO内部対策をチェックするには、対策URLと対策キーワード入力して、スコアをチェックするボタンをクリックします。チェックが終了するとスコアが表示されます。スコアが低い場合は、ページ内の見出しや内部リンク、画像などが適切に記述されているか確認してみましょう。

ファンキーレイティングでキーワード出現率チェック

記事内のキーワード出現率をチェックできるツール「ファンキーレイティング [FunkeyRating]」の使い方を解説しています。キーワードの出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。記事内のキーワードの出現率を調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、出現率を無視していいかというとそうではなく、キーワードの詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。

ファンキーレイティングでできること

  • URLによる記事の直接チェックとテキストによるキーワード出現率チェックができるようになっています。
  • キーワード出現率の詰め込みを回避できる

使い方

サイトを開いたら出現率を確認したいサイトのURLを入力し、キーワードを入力します(同時に3つまで指定可能)。キーワードの%を指定したい場合はキーワード右横で指定することができます。指定が終了したら「チェック」ボタンをクリックします。チェック結果には、title,discription,keywords,H1の内容が表示されます。不自然な点がないか確認しておきましょう。下部には出現率の高いものから一覧が表示されています。ターゲットキーワードは上位3つに位置している方が上位表示の可能性は高くなります。注意点は出現率を無理に調整しようとすると不自然な文章になってしまい逆効果になることがあるということです。

Gredはサイトの安全性を確認できる

サイトの安全性をGredでチェックしておきましょう。Gredは、フィッシング、ワンクリック不正請求、偽ソフトウエア、不正攻撃サイト、不正改ざんサイト、ウィルス、ワーム、スパイウェア、その他のマルウェア等をチェックしてくれます。自サイトがウィルなどに感染しているとインデックスから除外されてしまうこともあります。

Gredでできること

  • サイトの安全性をチェックできる
  • 検索インデックスからの除外を回避できる

Gredの使い方

サイトを開いたら安全性を確認したいサイトのURLを入力したら、CHECKボタンをクリックします。

  1. 【フィッシング】偽造Webサイトやあたかも普通の商品販売サイトに見えるサイトです。ユーザのIDやパスワードなどの個人情報やクレジットカード情報などを不正に取得することを目的にしています。
  2. 【ワンクリック不正請求】サイト上のボタン等をクリックしただけで、契約が成立したように見せかけて、料金を請求するサイトです。
  3. 【 偽ソフトウェア】偽物のソフトウェアを配布して、料金を請求しようとするサイトです。
  4. 【不正攻撃サイト】他のコンピュータに存在する脆弱性を突いて、攻撃を行う事を目的として作成された不正サイト。
  5. 【不正改ざんサイト】攻撃者によって、通常のサイトが不正に改ざんされてしまった状態になっているサイト。

チェックの詳細を見る場合はこちら

SEO最新記事

RSS Antenna(WordPressプラグイン)はRSSフィードはSEOで注意

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいものなってしまいます。RSS Antennaは自サイトや他…

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)xmlサイトマップを解説

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにWEBサイトの内容を伝えてくれる「xmlサイトマップ」を自動で作成してくれます。検索エンジンのクローラーの…

SEO Optimized Images(WordPressプラグイン)で画像のSEO

SEO Optimized Imagesは、画像のalt属性に自動で自動でタイトルを上書きしてくれるプラグインです。SEOでは画像のalt属性を記入するのは定番になっています。SEO Optimized Imagesが上書きしてくれる値は、記事のタイトル、…

SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

SEOに使えるオンラインツールをご案内しています。


【スポンサードリンク】

DMM FX

DMM.com証券【DMM FX】

アセスケア

男性用だらだら・ベタベタ対策サプリメント

ホームトレーニングセット

自宅で本格的な筋トレをしたい方におすすめ

スリエ

ほうれい線撃退!奥からハリを生むほうれい専用リフトクリーム

よくばりWi-Fi

無制限で使いたい放題のWi-Fi【よくばりWiFi】


関連記事

  • 2019年5月22日 最新のSEO(検索エンジン最適化)情報をサーチできるサイト SEO情報を提供されているサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。できるだけ短時間で多くのSEO情報を収集し参考にしたいものです。 海外SEO情報ブログ 海外情報ブログ […] Posted in SEO, 検索エンジン
  • 2019年2月14日 All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の設定 All in One SEO […] Posted in SEO, WordPress, プラグイン
  • 2020年1月23日 Coffeeisle(WordPressテーマ)を検索エンジンに最適化する Coffeeisleはオンラインショップやブログのための上品なWordPressテーマです。斜めのポスト形状、およびスライドアウトメニューを提供する美しく、ユニークなインターフェースを持っています。店舗セクションは同じデザインライン、各商品は見栄えの良い斜めの形で表示されます。eコマース(WooCommerce)を念頭に置い構築されているため、デフォルトのテンプレートよりも気 […] Posted in 検索エンジン, WordPress, テーマ
  • 2019年1月9日 Google Analytics(アナリティクス)でアクセス解析をするSEO Google Analyticsは最も利用数の多い無料アクセス解析といえるでしょう。WordPressのSEOに必要な情報のチャンネルやキーワードの分析、行動の分析、コンバージョンの分析などをする事ができます。Google Analyticsはどんなユーザーがどのページを見ているのかを知ることができSEOに反映することができるのです。Google […] Posted in SEO
  • 2020年2月10日 Food Express(WordPressテーマ)を検索エンジンに最適化する Food Expressフードプレスは無料の飲食店向きWordPressテーマ(テンプレート)です。Food Express無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語になっています。 Food Express 下記はFood ExpressのテーマディレクトリのURLです。 Food […] Posted in 検索エンジン, WordPress, テーマ
  • 2020年2月5日 SEO Optimized Images(WordPressプラグイン)で画像のSEO SEO Optimized Imagesは、画像のalt属性に自動で自動でタイトルを上書きしてくれるプラグインです。SEOでは画像のalt属性を記入するのは定番になっています。SEO Optimized […] Posted in SEO, プラグイン
  • 2019年6月9日 共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEO 共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキー […] Posted in SEO