SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

投稿者: | 2019年7月12日

検索数予測ツール

検索数予測ツールを使ってキーワードを探す方法をご紹介しています。集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しかし、検索エンジンは無料で安定した訪問者を提供してくれます。そのため、検索エンジンで利用されているキーワードの検索数を予測し記事を書くことは集客数を伸ばすことにもなります。

検索数予測ツールでできること

  • 検索エンジンからの流入を予測することができる
  • 公開すべき記事のキーワードを探すことができる
  • 【サイト名】検索数予測ツール
  • 【URL】http://aramakijake.jp/
  • 【運営企業】株式会社ディーボ

検索数予測ツールの使い方

検索数予測ツールの使い方は、検索数を調べたいキーワードを入力して、あとは、チェックボタンをクリクすれば検索数の予測を表示してくれます。

WordPress で予測してみましょう。

Yahoo japan!とGoogleの月間推定数が表示されその下には獲得した順位でのアクセス予測数が表示されます。

検索数が多いだけで判断しない

検索数の多いキーワードを見つけたら次にGoogleで実際に見つけたキーワードを使って検索します。上位に表示されているサイトがこれから書こうとしている記事と同じような内容ならば上位の可能性は出てきますが、そうでないなら残念なことになるかもしれません。

検索順位チェッカー

検索順位をチェックしてくれる検索順位チェッカーはGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査したいページのURLを入力後キーワードを指定してチェックボタンクリックで順位を確認することができます。「スマホ版もチェックするにチェックで同にモバイル順位も取得してくれます。

検索順位チェッカーでできること

  • 自サイトの検索順位をチェックできる
  • 競合サイトの検索順位をチェックできる
  • 【サイト名】検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!
  • 【URL】http://checker.search-rank-check.com/
  • 【運営企業】株式会社ディーボ

使い方

検索順位チェッカーの使い方は、検索順位をチェックしたいURLを入力し、続いてキーワードを入力、キーワードは最大5つまで指定することができます。あとは、チェックボタンをクリクすれば順位を一覧で表示してくれます。

検索順位チェッカーの注意点

検索結果の順位は常に変化します、大きなアルゴリズム変更時だけでなく日常的にも変化するので、一時的に消えてしまうこともあります。あまり順位にとらわれず見守った方がいいこともあるようです。アルゴリズム変更によって順位が降下された場合でも1~2月後に回復したりすることもあるので、順位降下を見つけたらスパム的なテクニカルを施策していないのであれば、焦らず、地道な品質アップを心がけた方が良い結果を導くようです。

競合をチェック

SEOツールで競合をチェックするとWordPressの対策をするキーワードや優先してなにをすればいいのかなどを見つけ出すことができます。 SEOツールで競合をチェックする目的は細かな数値に対して競合を上回るためのものではなく、競合サイトの傾向や競合がどの部分に力を入れているのか等を判断するために行うものです。

競合サイトが同じキーワードをターゲットとしていても、製品やサービスは異なります。競合と比較することによって自社のサイトが見え、何をすべきかが明確になることも多いです。

SEO 高屋 | 1クリックで自動分析SEOチェックツールでは分析する競合サイトのURLを入力すれば、title,description,検索順位等を表示してくれます。競合サイトがどのようなSEO対策を目指しているかを分析し推し量ることが可能になります。

SEO 高屋:チェックツール

  • 【サイト名】高屋 | 1クリックで自動分析SEOチェックツール
  • 【URL】http://seo-takaya.com/
  • 【運営企業】高屋

SEO 高屋で分析できる項目

  • title,discription,keywords,h1
  • 最終更新日,ファイルサイズ,ページ読み込み時間,ドメイン取得年月日,PageRank
  • ホスト,IPアドレス,Aloya traffic rank
  • ブラックリスト,インディックス数(Google,Yahoo!)
  • Twitter,Facebook,Google+,はてなブックマーク

SEOチェキ!

SEOチェキ!は競合サイトのSEOチェック、検索順位、キーワード出現頻度、発リンクなどチェックできるツールです。

【SEOチェキ!の概要】

  • 【サイト名】SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール
  • 【URL】http://seocheki.net/
  • 【運営企業】ロプロス

SEOツール:SEOチェキ!で分析できる項目

  • title,discription,keywords,h1
  • 発リンク数,最終更新日,ファイルサイズ
  • インディックス数(Google,Yahoo!)
  • Twitter,Facebook,Google+,はてなブックマーク
  • その他、被リンクチェック,検索順位チェック,キーワード出現頻度チェック

SimilarWeb

SimilarWebは海外のサイトですが操作はいたって簡単、調べたい競合サイトのURLを入力するだけです。アクセスボリュームの小さいサイトはデータが表示されません。競合サイトの調査はSEOに欠かせない作業です。どんなキーワードをターゲットにしているのか、そしてどれくらいの訪問者が見込めるのか。また、他のメディアの対策はどのようにしているのかなど、サイトの方向性を出すためにも参考になることがたくさんあります。

▶ SEOツール:SimilarWebで分析できる項目

  • 【サイト名】SimilarWeb – Digital Market Intelligence & Website Traffic
  • 【URL】https://www.similarweb.com/
  • 【運営企業】Nir Cohen、 Or Offer

SimilarWeb株式会社は、Or Offer によって、2009年3月に設立されたIT企業である。 SimilarWebの本社は英国のロンドンにあり、世界中の企業にWeb解析、データマイニング、ビジネスインテリジェンスサービスを提供している。
ウィキペディアより引用

  • 3ケ月間のグローバルタンク・カントリーランク・カテゴリーランク
  • トラフィックの概要、総訪問数・国別のトラトラフィック・トラフィックソース
  • その他

トラフィックソースでは競合サイトの流入が主になんであるかを知ることができます。

SEOツールを使えば確実に上位に表示できるわけではありませんが、一定のパターンを見つけ出すこともできます。自サイトのページや上位のサイトを比較すると見えてくるものもあります。

検索順位をオンラインチェックツールでチェックしてWordPressのホームページを改善しましょう。検索順位を上げたいと考えたならばまず、自社のサイトの検索順位を確認する必要があります。検索順位は常に変動し固定されないもので、特に検索エンジンのアルゴリズム変更により大きく変動することもしばしば、定期的に検索順位をチェックし、検索順位が下がった場合にはその原因を突き止め、修正をしておきたいものです。

検索エンジンにて手作業で順位をチェックする方法もありますが、ブラウザに表示される検索結果は本当の順位でないこともあります。「パーソナライズ検索」と呼ばれ、閲覧頻度の高いサイトのページを優先的表示するものです。ウェブ担当者なら、自社のウェブサイトは当然開く頻度は高くなります、すると検索結果には優先されて表示されるので順位が上がったと思ってしまうこともあるのです。シークレットモードを備えるブラウザを使用すれば比較的本当の順位に近いものになりますが、これも完全ではないようです。

インターネット上には検索順位をチェックしてくれるツールが公開されているので、併用して確認することも必要です。ほとんどのツールがURLとキーワード入力することでチェックが可能です。

検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック

検索順位をチェックしてくれる検索順位チェッカーはGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査したいページのURLを入力後キーワードを指定してチェックボタンクリックで順位を確認することができます。「スマホ版もチェックするにチェックで同にモバイル順位も取得してくれます。

  • 【サイト名】検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!
  • 【URL】http://checker.search-rank-check.com/
  • 【運営企業】株式会社ディーボ

検索順位チェックツール – SEOTOOLS(SEOツールズ)

「SEOツール・SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断!」はGoogleで1位のサイトと検索順位、インディックス数、被リンク数、キーワード率などを比較してくれるSEOツールです。診断したいURLとキーワードを入力することで確認できるのでサイトに何をすべきか見えてくるツールです。

  • SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断!
  • http://www.seotools.jp/
  • ブラストホールディングス株式会社

順位チェック 300 | SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp

Google、Yahoo、Bingをチェックすることができます。チェックするサイトのURLと検索クエリを入力後Checkボタンをクリックすると検索順位が表示されます。

  • 順位チェック 300 | SEOチェックのためのSEOツール集
  • http://ohotuku.jp/rank_checker/
  • ディーボ

検索順位をチェックするときの注意点

ブラウザでの便利な機能にパーソナル検索というものがあり、正確な順位でないことがあることです。このGoogleパーソナル検索というのは、過去の検索履歴により自分用にカスタマイズされた検索結果のことです。パーソナライズ検索という場合もあります。よく見るページや似ているページなどは、表示されやすくなり、通常検索結果の1ページ目に表示されます。

「重複コンテンツ」とはURLは異なるが内容が同じもしくは似たような内容であるコンテンツとされています。インターネット上では特定のページにどこからでもアクセスできるため、同じ内容のページが複数存在する必要性はありません。むしろ、ユーザーにとっては重複コンテンツは迷惑な存在ともいえるものなのです。そのため検索エンジンは重複コンテンツを排除しようします。(検索エンジンは、原則として重複コンテンツを同時に検索結果に表示することはありません。)

重複コンテンツや類似ページ判定ツールでできること

  • 重複コンテンツコンテンツを見つけることができる。
  • 見つけることで、自サイトがペナルティを受けたり、順位降下されることを回避することができる

重複コンテンツや類似ページ判定ツール

  • 【サイト名】重複コンテンツや類似ページ判定ツール
  • 【URL】http://sujiko.jp/
  • 【運営企業】株式会社ディーボ

重複コンテンツや類似ページ判定ツールの使い方

判定ツールサイトにアクセスします。比較したいページのURLを入力後、判定ボタンをクリックします。

判定には少し時間が必要ですので、画面をそのままで判定結果が表示されるまで待ちます。

上記の図は異なるサイトを比較してみたものです。ある程度の類似点は発生します。類似性が高いようなら修正するほうがいいかもしれません。

SEO内部対策チェックツール

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEP内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。ユーザーが求めているコンテンツが適切に記述されていることがSEO内部対策にとって最も重要と言えます。

SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。

SEO内部対策チェックツールでできること

  • 自サイトの内部SEOの状況を確認できる
  • 競合サイトの内部SEOの状況を確認できる

SEO内部対策チェックツールの使い方

SEO内部対策をチェックするには、対策URLと対策キーワード入力して、スコアをチェックするボタンをクリックします。

チェックが終了するとスコアが表示されます。スコアが低い場合は、ページ内の見出しや内部リンク、画像などが適切に記述されているか確認してみましょう。

サイトの安全性をGredでチェックしておきましょう。Gredは、フィッシング、ワンクリック不正請求、偽ソフトウエア、不正攻撃サイト、不正改ざんサイト、ウィルス、ワーム、スパイウェア、その他のマルウェア等をチェックしてくれます。自サイトがウィルなどに感染しているとインデックスから除外されてしまうこともあります。

安全性をチェックしたいURLを入力するだけ。

Gredでできること

  • サイトの安全性をチェックできる
  • 検索インデックスからの除外を回避できる

Gredはサイトの安全性を確認できる

Gredの使い方

サイトを開いたら安全性を確認したいサイトのURLを入力したら、CHECKボタンをクリックします。

  1. 【フィッシング】偽造Webサイトやあたかも普通の商品販売サイトに見えるサイトです。ユーザのIDやパスワードなどの個人情報やクレジットカード情報などを不正に取得することを目的にしています。
  2. 【ワンクリック不正請求】サイト上のボタン等をクリックしただけで、契約が成立したように見せかけて、料金を請求するサイトです。
  3. 【 偽ソフトウェア】偽物のソフトウェアを配布して、料金を請求しようとするサイトです。
  4. 【不正攻撃サイト】他のコンピュータに存在する脆弱性を突いて、攻撃を行う事を目的として作成された不正サイト。
  5. 【不正改ざんサイト】攻撃者によって、通常のサイトが不正に改ざんされてしまった状態になっているサイト。

チェックの詳細を見る場合はこちら



ホームトレーニングセット

よくばりWi-Fi
カテゴリー: SEO