SEOツール(ezorisu-seo.jp)は評価されるコンテンツがわかる

SEOツール(ezorisu-seo.jp)は評価されるコンテンツが解ります。Googleの検索順位を上げるためには 「評価されるコンテンツ=検索ユーザーが求める情報」となるので、まず、検索ユーザーが求める情報はなんなのかを知る必要があります。SEOツールを使えば、最も重要なキーワード、次に重要なキーワードを教えてくれます。

SEOツールで検索エンジンに評価されるコンテンツを知る

検索ユーザーが求める情報はなんなのかを知る必要があります。評価されるコンテンツが解るSEOツールを使えば。最も重要なキーワード、次に重要なキーワードを教えてくれます。

>>SEOツールのページに移動

SEOツール ezorisu-seo.jp の使い方

サイトを開き 「上位表示を目指す」キーワードを入力します。ツールが調査後 最も重要なキーワードと次に重要なキーワードを表示してくれます。ページタイトルや見出し等に含めると上位表示に有効的になるようです。あと、上位サイトの平均文字数や最大文字数も表示してくれます。

このツールの注意点は1回だけの使用に限定されています。メールアドレスを登録すればプロモーションメールが配信されますが継続して利用することができるようになります。

重要なキーワードが解れば、次に、Googleで実際に検索してどんな内容のページであるかも確認しておきましょう。思い込みや勘違いで求められていないコンテンツにしてしまうと期待の結果が望めません。

コンテンツSEOでしなければならないこと

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求されること。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作ること。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

コンテンツSEOはページの品質向上

コンテンツSEOは検索エンジンの自然検索エリアに上位表示するために、サイト内のコンテンツや構造をユーザーと検索エンジンに利用しやすいように最適化することです。上位表示を成し遂げるには、質の高いコンテンツを作り、サイト構造の最適化、ユーザーインターフェースの最適化を行い、被リンクを獲得することです。

>>続きを読む

自力で取り組めるSEO内部対策

Googleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。検索クエリに一番合致していると思われるページを、ビッグデータ関連ページから選び分けて検索結果をランキングする機械学習のAIです。それまでの被リンクのみの順位対策やキーワード出現率などの小手先だけのSEOは通用しなくなり、過去の遺物となりました。

今必要なのは SEO のみではなく SXOも必要ということです。SXOは正式には「Search Experience Optimization」といい、日本語では「検索体験の最適化」と訳されています。SEOもこれまでウェブサイトへの集客手法として用いられてきましたが、SXOは2016年頃から注目されるようになった比較的新しい手法です。

>>続きを読む

SEOツールの注意点

SEOツールを利用したら上位表示できるわけではありません。データをどのように理解するかが最も重要です。どのように利用するのかが明確になっていなければ、SEOツールを導入してもほとんど効果は無いと考えても良いぐらいです。SEOツールには、一部の目的に特化したツールから、総合的なSEO対策に必要な情報収集ツールなど幅広くあり、目的に沿ったツールを利用することが重要です。

SEOツール

SEOチェキ!は競合サイトのSEOチェック、検索順位、キーワード出現頻度、発リンクなどチェックできるツールです。

>>続きを読む

キーワード出現率チェック は目標を設定できるSEOツールです。キーワードの出現率が高すぎるとスパムSEOと判定されてしまうこともあります。一般的には5%を目安にするとよいようです。

>>続きを読む

ファンキーレイティング [FunkeyRating]は記事内のキーワード出現率を確認できるツールです。出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。

>>続きを読む

定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。ここでは、原因の一つとして内部SEO対策について考えてみます。

>>続きを読む

Googleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。検索クエリに一番合致していると思われるページを、ビッグデータ関連ページから選び分けて検索結果をランキングする機械学習のAIです。

>>続きを読む

All in one SEO Pack はカテゴリーとタグに noindex を自動で記述してくれる機能があります。noindex を設定するには、ダッシュボードの All in one SEO Pack から Search Appearnce の Manage → Taxnomies → カテゴリーの Advanced をクリックして、あとは No Index にチェックを入れます。

>>続きを読む

Googleの検索順位を上げるためには 「評価されるコンテンツ=検索ユーザーが求める情報」となるので、まず、検索ユーザーが求める情報はなんなのかを知る必要があります。評価されるコンテンツが解るSEOツールを使えば。最も重要なキーワード、次に重要なキーワードを教えてくれます。

>>続きを読む

SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できます。分析結果によってサイトの様々な状況を把握することができます。

>>続きを読む

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEO内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。

>>続きを読む