SEO 検索エンジン最適化

アフィリエイトの収益を高めるにはSEO

更新日:

アフィリエイトにはもう検索エンジン最適化は必要ないという意見も見られます、確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位表示やソースコードによるテクニカルSEOはなくなったといっても過言ではないでしょう。

アフィリエイトの検索エンジン最適化

サイトに人を呼び込む手段は今でも検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴の用です。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすことSEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

アフィリエイトのSEOは特定のキーワードのみを上位表示させるのではなく、幅広いキーワードに対応しかつアクセスアップを常に繰り返すことが必要ではないでしょうか。対応したキーワードのボリュームが少ないと流入の絶対数が限られクリックも低い結果を生み出すことになります。SEOを行う手順の一つとして以下をご紹介しておきます。

  1. 記事化できるジャンルを決める
  2. 記事を読む人はどんな悩みを抱えているかを考える
  3. キーワードを見つける
  4. キーワードの方向性を意識し、悩みを解決する高品質な記事に仕上げる

コンテンツを作る時には以下の上位に表示されてサイトの傾向なども意識してみてはいかがでしょうか。

上位に表示されているサイトの傾向

  • 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
  • オリジナル性の高いページが評価されている
  • 効果的な更新を行っているページが評価されている
  • ドメインの力が強いページが評価されている

SEOが激化

2019年 Yahoo! よりアフィリエイトネットワークの広告 NG が発表されました。概要の 2 にアフィリエイト関連するものがあります。

広告掲載基準「広告の有用性について」判断基準変更のお知らせ 変更履歴 2019年5月10日:「2.概要」の<変更点>の表現を修正しました。 2019年5月9日:「広告掲載基準 判断基準変更解説資料」P4 よくある質問のNo1の回答を変更しま...

SEOによる上位表示の難易度が高くなることで広告への依存度も高まり、クリック単価の上昇もあり大手ではSEOに再度注力する可能性もあるかもしれません。一層難易度と競合度が高まる可能性が伺えます。SEOに取り組む場合はこの点も考慮されることをおすすめします。

検索の意図

検索の意図を反映する検索エンジン最適化

検索順位を上昇させるには、検索の意図に沿ったページを作ることが重要なことだとSEO情報サイトでは取り上げられています、Googleも同様にアナウンスしています。では検索の意図とはどのようなものでどうすれば導き出せるのでしょうか。Googleは人間が見て重要だ、必要性が高い、と感じるものを上位に表示する、と言う基本路線を持っています。そのため、テクニックや被リンクでの上位表示と言うのは本筋ではなく、検索の意図を踏まえて、本来人間が読んで必要だと感じてもらえるページをしっかり提供していくことが、今後はより一層重要になってきます。

検索順位を決める検索の意図とは

検索エンジンを利用する多くのユーザーは知識や情報を知るためだったり、疑問を解決したりする為に検索をします。このとき利用されるキーワードにそれぞれの検索の意図が隠れているというのです。実際にGoogleで検索して確認してみましょう。例として、キーワード「石鹸」の検索結果を見てみましょう。

ページタイトルを見ると以下のように「石鹸」について解説したページや石鹸の通販をしているサイトが検索結果として返されています。

  1. 石鹸 - Wikipedia
  2. 「石鹸」って何
  3. 固形せっけん | Amazon
  4. ・・・・

どうやらキーワード「石鹸」に隠された意図とは、石鹸について解説されたページが見たい、「石鹸」を通販しているページを見たい・知りたい・探したい・買いたい、ということになるようです。そして、ここには石鹸で知られている企業、花○石鹸や牛○石鹸のページが表示されていないようです。前述は会社名に石鹸とついていますが、このキーワードには有利にならなくなってしまったようです。これも検索の意図から発想すれば理解できます。石鹸は会社の情報を探すという意図はあまり含まれていないだろうという判断ということです。もう一つ注目してほしいのは、「石鹸」って何のページです。ページ前半はページの前半は解説になっていますが、ページ後半の内容は少し違うようです。

検索の意図をどう利用すべきか

企業は自社製品の販売や問い合わせ獲得が目的です。そのためページを作るときは、ユーザーが利用するキーワードに隠れた意図とコンテンツを深く関わらせておく必要があります。企業ユーザーは自社の業務で何らかの問題に悩み、検索エンジンを利用して解決の糸口を探しています。サイトで問題解決の糸口を見つければ何らかの行動を起こす可能性は高くなります。

検索結果の順位を決定する検索エンジンの評価基準はサイトがユーザーの質問に答える情報なのかを最重要視しています。キーワードに含まれる「これがわからない」「これが知りたい」「こんなものが欲しい」「いくらぐらいするのだろう」といったユーザーが入力するキーワードに隠れている目的や真意を検索エンジンは評価基準にしているのです。検索結果の露出を多くしたいのならばキーワードの評価基準に合ったコンテンツにすることです。

「アクセス(訪問者)が少ない」には以下のような原因があります。

  • 検索エンジンに上位表示されていない
  • ホームページのページ数が足りない
  • キーワードを意識したページ作りになっていない
  • キーワードを調査しないでページを作っている
ハイスピードプラン
WordPress専用サーバー

関連記事

SEOで使いたいオンラインツール

SEOに使えるオンラインツールをご案内しています。「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。

アフィリエイトの収益を高めるにはSEO

アフィリエイトにはもう検索エンジン最適化は必要ないという意見も見られます、

コンテンツSEOはページの品質向上とリンク構造

コンテンツSEOは検索エンジンの自然検索エリアに上位表示するために、サイト内のコンテンツや構造をユーザーと検索エンジンに利用しやすいように最適化することです。

最新のSEO情報をサーチできるサイト

SEO情報を提供されているサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。

-SEO, 検索エンジン最適化

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.