SEO対策を利用して集客をするときの注意点

インターネットを使って集客を考えるとき一度は考える手法がSEO集客(検索エンジン最適化)ですが、集客に向かない商材があります。このような商材にSEOコストを投じても得られるものは限られます。集客をする方法は一般的にリスティング広告等のWEB上の媒体に広告を出す、SEO(検索エンジン最適化)により検索結果での順位を上昇させ露出多くするなどがあります。

SEOで集客することが向かない商材

SNSによる拡散効果を狙うものや固定顧客への買い替え促進に電子メールが利用されたりもします。

WEB広告を集客の手段にする場合注意すべきことがあります。それはに集客に向かない商材があるということです。例えば、競合が強い、多い場合などは向かないといえます。

商材理由
ニーズ型商材食品、ファッション、インテリア、家具、検索結果のモール型サイト(楽天・アマゾン等)の優位性に勝てないことがある
同じ商材が他にある本やCD、価格比較されてしまう
薄利多売商材100円商材、広告費に合う利益を確保しずらい
ゴールがサイトにない店舗誘導・電話予約等、運用による改善が困難

具体的な形の商材を持たないサービス業や製造業などは広告を使わないで集客をすることができます。取引先が企業なら部材の調達・導入業務の効率化について企業の担当者はインターネットを使って情報収集を日々行っています。この人たちに自社のホームページを読んでもらえるようにすることです。今持っているホームページを検索エンジンを使って多くの人に見てもらえるようにするのです。

インターネットの集客で成果を出すにはうまく検索エンジンを利用すること、検索エンジンに広告を出すのは有料ですが検索結果に表示させるのは無料です。ほとんどの企業が集客ができることを期待してホームページを持っています。しかし、残念ながらその多くが問い合わせにつながらずホームページを持つことにすら否定的な考えをされていることもあるようです。もし、ホームページに掲載されている内容が会社案内と製品やサービスの案内ばかりで公開後なにもしていないようでしたら集客するには何をすればいいのか、もう一度考えてください。

ホームページを提案書や企画書と置き換えて考えてみると、作成しても会社の机の上に置いてあっても誰も読んではくれないでしょう。ホームページを読んでもらう為には何かをしなければいけません。

なぜ問い合わせが来ないのか原因を突き止めませんか?WEBコンサルティング会社に依頼すべきでしょうか?自社でできることはないのでしょうか?問い合わせが来ない原因の多くはホームページに対して間違った認識をされている場合が多いようです。例えば下記のようなことを一度は考えたことがあるのではありませんか。

  • ホームページのデザインが良くないのではないか
  • SEOで上位に表示されればいいのではないか
  • SNSで拡散すればいいのではないか

SEOで集客ができない原因

集客ができない原因は一つではないことがほとんどです。の問題点を見つけ出し、改善をするしか方法はありません。なにか、一点だけを攻略して解決することはほとんどないのが現状です。

大規模な企業のように規模の大きなサイトを複数運用している場合はWEBコンサルティング会社が細かな分析と問い合わせが来るようにする修正案をだしてくれますが、個人事業や中小企業では自社での対応が迫られることが多いと思います。しかし、メーカーさんに比較してサイトの規模が小さい分、時間をとれば原因を突き止めやすい改善しやすいともいえます。

中小企業が会社案内などを基にホームページ制作会社に依頼して作り上げた全体で10ページほどのホームページ、会社案内と取り扱う製品やサービス案内だけで構成されていることがあります。なかには製品一覧にまとめられ、詳細ページなどが存在しないこともあります。そして、公開してからそのままの放置サイトもあるようで、この状態では問い合わせが来ないことよりも集客数の改善も考察する必要があります。実際の営業活動でも会社案内を渡しただけでその後連絡が来ることは稀ではないでしょうか。

対策としてはまずページを追加すること、そしてどの製品にユーザーが関心を寄せているのかを調査しページの内容を改善することです。これだけでも集客数の増加ができるので問い合わせに関してはそれからということになります。

SEO集客の経路を決める

どこから集客するのか経路が決まっていないことがあります。自社のホームページを検索エンジンから流入させるのか、それとも業界の大手ポータルサイトから流入させるのか、流入元のサイトによってホームページの内容も異なってきます。業界のポータルサイトからやって来る人は、導入や調達の意思が高まっている人です。

事前にポータルサイトで貴社の情報をつかみ確かめるために貴社のホームページにやってきています。製品やサービスが自社にとってメリットがあるか知りたいのです。一方、検索エンジンからやって来る人は調達や導入前の情報収集であることが多いといえます。具体的に比較しようする意思より役立つものはあるのだろうか?的な面が強いことが特徴です。

ホームページから問い合わせがこないから駄目だと結論を出す前に、なぜ来ないのかを突き止めてみませんか。必ず原因があると思います。

インターネットを使って集客を考えるとき一度は考える手法がSEO集客(検索エンジン最適化)ですが、集客に向かない商材があります。このような商材にSEOコストを投じても得られるものは限られます。

SEOでしなければならないこと

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求されること。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作ること。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられる場合もあります。変化に対応するサイトの運用に配慮も必要です。

SEOの失敗

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。SEOの目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

SEOで失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。

Promotion

フレッツ光でインターネットも電話開設もまとめて手配

ひかり電話、ヒカリ回線のお申込み窓口

ヒカリのことならなんでもおまかせ! 法人(店舗や事務所・SOHOなど)に強いですが、個人にも対応しています。