SEOライティングで自然検索エリアに上位表示

投稿者: | 2019年4月2日

SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。SEOライティングは文章を美しく整える為のものではなく、WEBページとして検索エンジン最適化に必要な記述手法です。

例えば、タイトルは他のページとの重複やコンテンツとのマッチングをチェックし修正をします。ページを構造化すると同時にキーワードの出現率や配置を整えキーワードの方向性を検索エンジンに伝えます。サイトの構造を整えることでロングテールキーワードからビッグキーワードまで対応することができます。

metaタグのSEOライティング

「meta」タグはSEOライティングで非常に重要なもので、Googleがサポートするmetaタグの最適化を行います。meta(メタタグ)はページの設定や情報を伝えるために、HTMLファイルのheadタグ内に記述します。SEOライティングに重要なタグには以下のようなものがあります。

  • <meta name=”discription” … />
  • <meta name=”robots” … />
  • <meta name=”keywords” … />
  • <title>ページのタイトル</title>

「meta」タグはSEOで注目されるタグですが、上位表示に直接つながる記述法は存在しなくなりました。以前ではキーワードを配置することが推奨されたこともありました。しかし、現在は自然な文脈で自然に記述することが求められています。

重要な「meta」タグには、title,description,keywords,robotsが存在しますが、titeleとdiscriptionは特に重要なタグになっています。検索エンジンはtitleタグの内容を順位を決める材料の一つとしているので重要視されているのです。discriptionは順位判定の要素としては現在は重要度低いものです。しかし、検索インディックスのスニペットに表示されることが多いので、文章として非常に大切です。インディックスに表示されたとき前後のサイトが魅力的なものっだたら見過ごされてしまうかもしれないのです。

「meta title」タグ

「meta title」タグのSEOライティングは、攻略したいキーワードを含めて、短く分かりやすいタイトルにします。タイトルの重複が発生しないように、サイトマップなど事前に仕様を決定し作業を進めることが必要です。文字数は32文字までに、短すぎるのもよくありません、ページの内容を表しキーワード含めて記述します。

検索エンジンの上位を狙って作為的にタイトルを記述してもコンテンツの内容とマッチしていない場合はタイトルを変更をされたり、順位降下やインデックから削除、最悪はペナルティを受けることがあります。ページの内容を表すタイトルにします。

ページタイトルは検索アルゴリズムで重要視されています。ページタイトルはページの表題を表し、内容を最も端的に表す文字列が入るべきところであり、適切なキーワードを含めることで効果的になります。しかし、順位を上昇させようとページの内容と全く異なるタイトルを設定することは逆効果になります。

Googleの技術の進歩は驚くべきものがあり、ページの文脈を理解することが可能な状況になりつつあります。以前はキーワードを含めることはSEOの鉄則といえるほどでしたが、今日ではキーワードがページタイトルに含まれていない場合でもサイト全体からキーワードの方向性を読み取り、検索結果に反映されるようになってきています。

ページタイトルは、ユーザーの関心(何を必要としているのか)を適切に表現し、自然検索エリアで見つけてもらうことです(検索結果に表示されるだけでなく、クリックしてもらうことが重要)。

魅力的なページタイトルにする

上位表示に重要なページタイトルですが、もう一つの重要な役割があります。上位表示ができていても、これができていないと意味がなくなってしまいます。それはわかり易く、ユーザーにとって魅力的なページタイトルなのかということです。検索結果には競合他社が並んでいます。この中から貴社のページを選んでもらわなければなりません。以下の点に留意してページタイトルを決めます。

  • ページのメッセージがみえる・想像できる
  • 得られる効果やその後のメリットがわかる・想像できる

「meta discription」タグ

「discription」にはページの要約文を記述します。スニペット(検索結果の一部として表示される、ページの要約文のこと。)に利用されています。文字数としてはPC用に120文字、スマホ用に60文字が適切となっています。

クリックして訪問したくなるような魅力的な紹介文を記述します。記述しない場合は、検索エンジンが本文の中からメタタイトルにふさわしい場所を抽出しインデックスに表示します。スニペットは常に同じ内容が表示されるのではなく、クエリによってページ内の文章が抜粋されることもあります。

Googleはなるだけ多くのページにディスクリプションを記述しキーワードを含めることを推奨しています。ディスクリプションにキーワードを含めることでランキングで優位になるとされていましたが、Googleからは現在は効果がないことが公表されています。ディスクリプションは検索結果からの流入を増やすための文章作りに力をいれたほうがよさそうです。

では、ディスクリプションを記述しないとどのようになるのでしょう。Googleは自動的にコンテンツから抜粋してキーワードに関連する文章を表示します。ディスクリプションは検索結果のスニペットとして利用されているのでユーザーが読みたくなる文章にすることも大切です。

<meta name=”description” content=”ページの紹介文”>

また、検索エンジンの検索結果にて「タイトル」の下にスニペットとして表示されます。ディスクリプションは、60文字~120文字前後でわかりやすくします。そして、コピーは厳禁です、全ページ異なるディスクリプションを記述するようにします。コピーは重複コンテンツとみなされ、検索エンジンに評価を落とされてしまいます。オリジナルのしっかりとした説明文を記述します。サーチコンソールで重複を確認することができます。注意点はテーマやSEO関連のプラグインを導入することにより、ディスクリプションが重複してしまったりすることもあるのでソースを確認は欠かせません。

「meta keyword」タグ

「meta keyword」は、クロウラーと呼ばれる検索エンジンロボット用のタグで、そのページをどのキーワードで最適化しているかを知らせることができました。現在では、この「meta keyword」にSEOの効果はほとんどないと言われていますが、評価の対象になっている検索エンジンもあります。

Googleは、2009年9月21日にウェブマスター向けオフィシャルブログで「meta keywordを検索順位を決定づける要素としては利用していない」と記述しています。

その他のmeta属性

meta属性にはドキュメントの作者が簡単にメタ情報を提供できるように、HTMLにはメタデータを文中に埋め込むための要素タイプがいくつか用意されています。head要素内に記述するものは基本的にmeta情報ですし、address要素や汎用属性のtitle属性などもmetaデータを提供する手段です。

属性 説明
name 項目の名前
http-equiv HTTPヘッダ名
content 設定する値
scheme 詳細情報
lang 言語
title タイトル

metaタグはSEOにおいて基礎的な設定部です。正しく記述することで検索エンジンにコンテンツが評価され結果的に上位表示に繋がります。サイトの設計・SEOの設計が正しくできていることで効力を発揮します。

SEOライティングにおけるキーワードの出現と配置

SEOを施策するならば文書構造(キーワードの出現率と配置)に注意するべきです。キーワードのと出現率をベージ内で調整しても上位表示に与える直接的な影響は低くなっています。しかし、検索エンジンはページのテーマを評価するため文脈を整えると同時にキーワードの配置と出現率を考慮したコンテンツ作りは上位表示に貢献します。特にキーワードの詰め込みになっていないかは注意することが必要です。

キーワードの出現率

キーワードの出現率とは、ページの重要性を表すキーワードは全単語中最も多く繰り返し出現するだろうといった考えに基づいたものです。過去のSEOではキーワードの出現率を一定の割合にすることで上位表示が可能な時期もありましたが、出現率だけを調整しても効果が出ないようになりました。検索エンジンのコンテンツ分析能力の向上とともに出現率の調整は重要度の低いものになったのです。現在は不自然にキーワードを詰め込むより、文脈(配置)に注意することが重要になっています。また、共起語を適度に配置することも重要なものです。

「キーワードがバランスよく配置されるようにコンテンツを作る」がSEOの手法でしたが、今はユーザーの意図(質問)に応えるコンテンツにすることが優先されます。

キーワード出現率の数値は存在しない

キーワード出現率は、検索エンジンによっても様々です、一般的に5%~10%というキーワード出現率が好ましいとされていましたが、キーワード出現率の最適値というのは存在しないのが現状です。キーワード出現率が1%のページでも検索エンジン上位に来るページもあれば、極限までキーワードを埋め込んでも上位表示されない場合もあります。出現率以上にキーワードの配置や文脈に配慮することが必要です。

2014年頃には出現率を5%以下にしたほうが良いとされていました。キーワード詰め込みによるスパム扱いを避けるためです。現在のアルゴリズムは高度に改良が施され、他の要素との組み合わせによって順位を導きだしています。その中の1つが出現率といえます。他の要素を正しく行ってこその出現率になります。

サイトのナビゲーションとして設定するメニューにもキーワードを詰め込み過ぎないように注意します。ブログ等ではタグによってページを関連付けしますが、このとき度が過ぎるとペナルティになることもあるのです。

キーワードの配置に配慮する

キーワードの配置はベージ内だけではなくサイト全体に配慮することが必要です。なぜならば検索エンジンはクエリ(検索キーワード)に対して求められるページを表示するようになっているからです。これは検索結果に表示されるページタイトルの中にキーワードが含まれていないのに表示されていることから推測できます。ときにはヒットページにキーワードが記述されていない場合もあります。

この現象は類義語や共起語などの関連するキーワードによって導き出されている場合やサイトの他のページにキーワードが配置されている場合に確認することができます。

パンダアップデート以前はキーワードの出現率を上げることで上位表示に効果のあった時期もありましたが、現在では詰め込み過ぎによるペナルティに注意しなければなりません。

SEOライティングにおけるサイトの構造

見出しタグはページ内の構造を正しく伝えるために重要な要素です。<h1>~の見出しタグをページのターゲットキーワードに最適化します。

サイト内部リンクの最適化は重要なページ(上位表示したいページ)に関連のあるページよりリンクを最適化します。

コンテンツ内容の最適化は重複コンテンツのチェックや検索結果への表示状況の確認と修正です。

リダイレクト、Robotsテキストの最適化は重複コンテンツ等の解消のためにページの統合などを行った場合、必要に応じて設定します。

サイト構造の最適化はナビゲーションメニュー・階層の深さなどSEOとユーザービリティに最適化します。

画像の最適化は適切にフォーマット化して圧縮、データサイズを削減し高速化します。

SEOラィティングはmetaタグにキーワードを埋め込むとかALTにキーワードを配置するといったことではありません。(無理にしなくてもいいという意味)検索エンジンが評価しやすい文章の記述方法を使うということです。

カテゴリー: SEO