SEO対策の失敗でGoogleの自動SEOペナルティを受けたときの対処

SEOの失敗でホームページがGoogleの自動SEOペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

Googleの自動SEOペナルティ

Googleの自動SEOペナルティ
Googleの自動SEOペナルティ

Googleのペナルティは手動と自動のものがあり、手動の場合はサーチコンソールに違反箇所の通知が届きます。自動ペナルティにはサーチコンソールへの通知はありません。自動の場合は確認方法がないため、そのまま放置されていることもあるようです。軽度なペナルティですと自然に回復することもあるため気づかないこともあるようです。

Panguin Tool で SEOペナルティをチェック

検索エンジンからのアクセスが減少し、Googleの自動ペナルティを受けているのではと感じたらPanguin Toolでチェックしてみるとよいでしょう。

Panguin ToolはGoogleアカウントでログインすると、アップデートとトラフィックの推移を照らし合わせたグラフを確認することができます。アップデート後にトラフィックが落ち込んだ場合ペナルティを疑ってみる必要があります。

Googleの自動ペナルティを受けたかなと感じたら以下をチェック

  • サーチコンソールを確認する
  • ビジネスブログ内に似たページが多くなっていないかチェックする
  • 並び項目

サイト全体にわたってアクセスが急激に落ちたりする場合は自動ペナルティを疑ってみることです、一部のページが急激にアクセス落ちた場合はクエリ(キーワード)のアルゴリズム変更を疑ってみるべきでしょう。

SEOの失敗でホームページがGoogleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

SEOペナルティに関連する記事

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識されるSEOの方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一度は目を通しておきたいページです。

>>続きを読む

2021年7月2日、Googleは6月の“June 2021 Core Update”に引き続き、2回目のコアアップデートをリリースしました。今回のアップデートは事前アナウンスの通り、6月と7月の2回に分けて実施されました。

>>続きを読む

2021年10月19日 Googleの検索品質評価ガイドラインが改訂されました。今回の改定のポイントは E-A-T と低評価とされてしまう広告についてです。E-A-T については個人のアフェリエイターや企業のサイトに係るものです。

>>続きを読む

WordPressを使ってウェブサイトやブログサイトを作りたい場合に、テーマやプラグインの紹介、カスタマイズ方法、編集の操作方法等をご紹介しています。

>>続きを読む

WordPressを収益化するのに代表的なものはやはりアドセンスやアフィリエイトと言えます。アドセンスやアフィリエイトで収益化をする為には、それぞれ特徴を生かした手法を取り入れることです。

>>続きを読む

SEOを始めようとする企業のWEB担当者やアフィリエイトやアドセンスで収益を得ようとする方にSEO関連の情報をご提供しています。検索アルゴリズムの進化によってSEOは複雑に、かつWEBサイトの増加により難易度は高くなっています。

>>続きを読む