最新のSEO情報(検索エンジン最適化)をサーチできるサイト

最新のSEO情報(検索エンジン最適化)をサーチできるサイト

検索エンジン最適化(SEO情報)を提供されているサイトのご紹介です。検索エンジン最適化は、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。できるだけ短時間で多くの検索エンジン最適化情報を収集し参考にしたいものです。

海外SEO情報ブログ

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

海外SEO情報ブログ

[/wc_column][wc_column size=”two-third” position=”last”]

業界では有名な Kenichi Suzuki氏のブログです。氏のブログでは、SEOを中心にコンバージョン率アップやユーザーエクスペリエンス最適化、アクセス解析をテーマにしたブログです。SEOに特化したブログとしては、日本でも有数のアクセス数が多いSEO情報ブログのようです。

続きを読む

[/wc_column][/wc_row]

SEM/SEO情報コーナー

SEO情報をブログで発信する「SEO Japan」

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

SEO情報をブログで発信する「SEO Japan」

[/wc_column][wc_column size=”two-third” position=”last”]

SEO JapanはWEBコンサルティングサービスを提供されるアイオイクス株式会社の情報サイトです。ブログではSEO情報が発信されています。Googleから発信される情報の解説など専門的立場から解説されていて読みごたえ満載です。

続きを読む

[/wc_column][/wc_row]

「SEOラボ」は順位変動やアルゴリズム等のSEO情報

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

「SEOラボ」は順位変動やアルゴリズム等のSEO情報 [/wc_column][wc_column size=”two-third” position=”last”]

EO情報を提供されている「SEOラボ」のご紹介です。サイトではブログ形式で準変動やアルゴリズムなどの情報が公開されています。SEOはこれが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。できるだけ短時間で多くのSEO情報を収集し参考にしたいものです。

続きを読む

[/wc_column][/wc_row]

検索エンジン最適化(SEO情報)

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

最新のSEO情報をサーチできるサイト

[/wc_column][wc_column size=”two-third” position=”last”]

住 太陽氏のSEO情報サイトです。自分で検索エンジン最適化を行うための方法や無料ツール、基礎知識、チュートリアルを掲載しているほか、忙しいWebサイト制作者・Webサイト運用担当者に最適な最新ニュースも配信しているSEM/SEOの情報サイトです。氏はインターネット初期よりSEO発信されている方です。

続きを読む

[/wc_column][/wc_row]

SEO情報のまとめ

検索エンジン最適化情報を提供されているサイトのご紹介です。検索エンジン最適化は、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。できるだけ短時間で多くの検索エンジン最適化情報を収集し参考にしたいものです。

SEOの失敗

失敗しないためにはまず、目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。

コンテンツSEOは検索エンジンの評価を得やすい

コンテンツSEOとは、サイトに有益な情報のオリジナルコンテンツを数多く、継続して更新する施策です。ユーザーにとって有益な情報(検索ユーザが求めているそのものの情報)が書かれているものです。有益な情報だとユーザーに認められれば、ページの滞在時間も伸び、SNSやブログ等でリンクをされるようになり、自然と被リンク数が増加してくるようになります。このことで検索エンジンの評価が上がりランキングアップに繋がるわけです。

  • 検索ユーザーは必ず悩みや欲求をもっています。そして欲求を満たしたいというニーズを持っています。このニーズを満たすことができる記事が高品質なコンテンツです。(文章内にキーワードを配置するだけになっていませんか?)
  • 偽りがないコンテンツにする。偽りの内容では信頼を獲得することはできません。
  • 売り込みすぎない売り込みの強すぎると高品質とは言えません、売り込みたくなるのは当然ですが、強すぎると拒絶されてしまいます。適度なセールスにしましょう。
  • よく錬られたページは読むものを納得させます。(ライティングサービスなどから、記事を低価格で購入した記事などを大量に掲載すると、関連性や統一性のない低品質コンテンツと判断されることがあります。)
  • ボリュームをしっかりとする文字数が少ないページは内容が薄くなりがち、2000文字前後を目安にしたページが適しています。

コンテンツSEOはユーザーが求める情報

WordPressに施策する場合、検索エンジンの評価内容を知ることはとても重要です。検索検索エンジンはユーザーが求める情報を上位に表示させるようになっています。ユーザーが要求(目的・意図)する情報とは、キーワードに隠されたユーザーの要求・願望や問題を解決するための情報です。評価基準は検索を利用する人たちがどんな情報を欲しがっているかを判断することです。どれだけ正しく、正確な情報を書いても、キーワードを利用する人達の目的・意図に反する情報では上位に表示されることはないでしょう。

低品質とされるコンテンツ

検索エンジンが低品質と評価するコンテンツをつくらないことも必要です。過去に検索エンジンは、詐欺もどきの広告や、全く何の役にも立たないアフィリエイト、自社商品を売り込むことだけを考えているなど、ユーザーにとって何の価値もないサイトが表示されていました。このようなコンテンツは低品質と判断されるようになりました。2011年の終わり頃から、ユーザーに対して全く価値を与えないサイトは、一気に検索圏外に飛ばされ、検索ユーザーが求める情報やノウハウを、非常に詳しく分かりやすく解説しているサイトが上位に表示されるようになりました。下記のようなSEO対策は評価を落とすことに繋がります。

  • 被リンクだけの対策をする
  • 内容のないページの量産化をする
  • サイト内に重複コンテンツが大量にある
  • 自作自演の内容の薄いサテライトサイトを作る

検索エンジンはコンテンツの内容を判断して検索結果の順位を判断しています。そして、キーワード別に判断基準を持たせ、なおかつ常に見直しが繰り替えされています。