SEOの基本

Screenshot of google.co.jp

Google

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。具体的には自分のWebサイトの内容を、Googleなどの検索エンジンに理解しやすいように最適化すること、自分が伝えたい情報をユーザーにきちんと届けられるように検索エンジンが理解しやすいように最適化することです。

ユーザーは自分が困った時や疑問を感じた時に検索をします。これに答えるコンテンツを提供することがSEOの基礎となります。

・ユーザーが検索したキーワードにコンテンツ(ページの内容)が合っていいるのか

・E-A-T と YMYL 指標に沿った情報になっているか

E-A-T とは次のようなコンテンツを指していますが、具体的なものではなく、対策は難しいといえます。

Expertise(専門性)コンテンツがそのジャンルで優れた知識や経験スキルを持っているか
Authoritativeness(権威制)コンテンツがそのジャンルでどれくらい認められているか
Trustworthiness(信頼性)コンテンツが信用できるものか
E-A-T とは


YMYL とは Your Money Your Life の略でお金や生活にかかわるジャンルのことです。

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。

SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは、検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。

検索順位があがらない時のSEO内部対策定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。ここでは、原因の一つとして内部SEO対策について考えてみます。
自力で取り組めるSEO内部対策3つGoogleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。検索クエリに一番合致していると思われるページを、ビッグデータ関連ページから選び分けて検索結果をランキングする機械学習のAIです。それまでの被リンクのみの順位対策やキーワード出現率などの小手先だけのSEOは通用しなくなり、過去の遺物となりました。
discription を記述しないとSEO内部対策としてどうなのかWordPress の discription はテーマの抜粋やSEO系のプラグインを利用して記述することがほとんどですが、記述しないとどうなるのでしょうか?多くのテーマでは抜粋に記述された文章から引用されdiscription タグが生成されます。抜粋が空白の場合には、ページの先頭から引用される仕様になっています。
見出しタグ(h1~6)の不適切な使用はSEO内部対策で逆効果になる見出しタグを順位向上に有利にしようと、ページ内に無理に配置すると文脈が崩れてしまい逆効果になることもあります。SEOとして捉えるなら無理に配置したりキーワードを埋め込んだりせず文章の構造化という視点で構成すべきものになっています。
SEO内部対策に効果的なWordPressカテゴリ構造の作成方法WordPressのカテゴリーはサイトのテーマに沿った分類で構造化することで、視覚的にユーザーにわかり易くなり、SEOにも効果的になります。カテゴリーを効果的に使うことで検索利用数の多いキーワードを攻略することができます。カテゴリーに属するコンテンツを充実させてゆくことで内部リンクが構成され、カテゴリーのトップページが検索エンジンの評価を獲得しやすくなり、検索ランキングの上位表示や露出を達成することができるようになるのです。
SEOラィテングで自然検索エリアに上位表示する内部対策SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。SEOライティングは文章を美しく整える為のものではなく、WEBページとして検索エンジン最適化に必要な記述手法です。
SEOの基本

キーワード

ページ内に過剰にキーワードを詰め込むとユーザーの利便性を低下させ、サイトのランキングの低下を招くことがあります。有用なコンテンツを提供するためには文脈にあった適切なキーワード記述が必要です。過剰なSEOとは次のような内容で、ランキングアップを目的として作為的に行われる記述方法をいいます。

続きを読む

YouTube は Googleの次に大きな検索エンジンです。YouTubeは多くの収益化が可能なため多くのYouTuber を生み出し膨大なチャンネルが存在するに至りました。しかし、多くの動画では集客の為のSEOについては考慮されていないようにも感じられます。ここでは、GoogleとYouTubeで上位表示されるための情報を書いています。

続きを読む

キーワード出現率チェック はWEB上に公開されているページのキーワード出現率をチェックしてくれるSEO役立ちツールです。キーワードの出現率を調整することでランキングアップが望めるわけではありませんが、詰め込みはペナルティ対象となっていますので注意を払うことは必要といえます。ユーザと検索エンジン最適化(SEO)の両面で、ページタイトルはとても重要です(グーグルの検索結果では、検索語と一致するキーワードが太字で表示され、利用者がひと目でわかるようになっています)。

続きを読む

キーワード難易度チェックSEOツールを使ってSEOの難易度をチェック。キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードに狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

続きを読む

Promotion

集客できるウェブ担当者を目指す!【SEO検定】

未経験からでもしっかり学べるWEBの資格!「SEO検定」
基礎知識から実践応用までダウンロード学習コースで
最先端のスキルが学べます。