SEO

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

投稿日:2019年4月18日 更新日:

Googleの進化によってテクニカル的なSEOは効果を出さなくなりました。では、検索エンジンを使って集客するのはもうできないのでしょうか。いいえ、SEOの効果が出るサイトと効果を出しずらいサイトができてしまったということです。Googleはユーザーの検索意図に応えるコンテンツを優先して表示すると明言しています。コンテンツがユーザーの役に立つ内容であればまだまだ効果を出すことができるのです。

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

SEOで効果を出すには「ユーザーに焦点」

Googleは企業理念として、「ユーザーに焦点を絞れば他のものは後からついてくる」と発表しています。砕いて表現すると、「ユーザーが求める検索結果を正確に表示することができれば多くのユーザーに受け入れられ結果として利用するユーザーが増加することになる」といった感じではないでしょうか。

製品やサービスを提供するだけのユーザーにとって役立つコンテンツを明確にしないサイトの多くは、Google企業理念、「ユーザーに焦点を当てる」に反し、SEOの効果を期待できなくなったといえるわけです。

検索の意図に応えるコンテンツはSEOの効果を出せる

検索の意図とはどういうことなのでしょう。キーワードに隠された本音・真意と表現されることが多いのですが、ちょっとわかりずらいですね。実際に検索して説明します。

Googleで「沖縄 天気」と検索すると沖縄に関する天気の情報が表示されます。季節によっては台風の情報が表示されたりして、ユーザーの利便性が高められています。

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

続いてGoogleで「沖縄 温度」と検索します。

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

沖縄の温度の情報が表示されるはずですが、ツーリストサイトが表示されています。これは、沖縄の温度が気になる人の中には沖縄に旅行で訪れる人がいるだろう、その人達が知りたいのは温度そのものだけではなく、何を着ていけばいいのか知りたいという、検索の意図(キーワードに隠された本音)なのです。

SEOの効果を期待できないサイト

商品を整然と並べているだけのECサイト等はSEOのコストパーフォーマンスが合わなくなっています。商品点数が多い場合1商品ごと役立つ情報にコンテンツを整えるには時間と労力が膨大になるためです。また、コンテンツ(役立つ情報)を公開することを目的としないサイトの多くもSEOの効果は望みにくいものと言えます。

過去にSEOの効果があった手法

過去にはSEOの手法として下記のものが採用されていましたが、2018年現在ほとんどその効果はなくなっています。

外部SEO 被リンクの購入
相互リンク、ポータルサイトに登録
内部SEO キーワード出現率の調整
見出しタグ等の記述方法

SEOの効果を得るためには、ユーザーの疑問に応えるコンテンツを作りだしていくことが唯一の方法になっています。全てのサイトでSEOが適しているかというとそうではない状況になっています。検索エンジンはユーザーが求める情報を上位に表示しようとしているので、求められる情報ではないサイトではSEOの恩恵を得ずらいと考えてもよいかもしれません。


SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

集客

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

検索エンジン最適化に使いたいプラグインリスト

プラグイン

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

WordPressテーマの検索エンジン最適化

WordPressのテーマ

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

Googleの検索エンジン最適化は求められる情報コンテンツが最重要

Google

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤…

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは…

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

Lightning(WordPressテーマ)のページタイトルをH1と違うものにするSEO対策

LightningのSEOに重要なページタイトルの変更をする方法をご紹介します。記事の編集画面のタイトルに入力した文字列は見出し…

-SEO

執筆者:

関連記事

SEOの効果を出すにはページ数はどれくらい必要か

WOrdPressのSEOをするためにはページ数はどれくらい必要でしょう。検索エンジンの自然検索から集客を目的にする場合にはそれなりにページ数が必要になります。もし、ページ数の少ない製品案内で、ページ …

安定した集客には有益な情報でコンテンツSEOがおすすめ

WordPressにおけるコンテンツSEOは検索エンジンの自然検索エリアに上位表示するために、サイト内の文章や構造をユーザーと検索エンジンに利用しやすいように最適化することです。コンテンツSEOを成し遂げるには、質の高いコンテンツを作ることといっても良いでしょう。

SEOサービスの外部対策と内部対策を比較

SEOサービスの違いは、大きく分けると外部と内部対策に分かれます。外部対策は他のサイトからの被リンクを獲得することで検索エンジンの評価を得ることです。それに対し内部対策は検索エンジンが品質のよいサイト …

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

Googleの自動ペナルティを受けたときのSEO対策(対処)の方法

Googleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸び …