SEOで検索エンジンからの流入効果を獲得するにはどうすればよいのか?

投稿者: | 2019年4月18日

Googleの進化によってテクニカル的なSEOは効果を出さなくなりました。では、検索エンジンを使って集客するのはもうできないのでしょうか。いいえ、SEOの効果が出るサイトと効果を出しずらいサイトができてしまったということです。Googleはユーザーの検索意図に応えるコンテンツを優先して表示すると明言しています。コンテンツがユーザーの役に立つ内容であればまだまだ効果を出すことができるのです。

SEOで効果を出すには「ユーザーに焦点」

Googleは企業理念として、「ユーザーに焦点を絞れば他のものは後からついてくる」と発表しています。砕いて表現すると、「ユーザーが求める検索結果を正確に表示することができれば多くのユーザーに受け入れられ結果として利用するユーザーが増加することになる」といった感じではないでしょうか。

製品やサービスを提供するだけのユーザーにとって役立つコンテンツを明確にしないサイトの多くは、Google企業理念、「ユーザーに焦点を当てる」に反し、SEOの効果を期待できなくなったといえるわけです。

検索の意図に応えるコンテンツはSEOの効果を出せる

検索の意図とはどういうことなのでしょう。キーワードに隠された本音・真意と表現されることが多いのですが、ちょっとわかりずらいですね。実際に検索して説明します。

Googleで「沖縄 天気」と検索すると沖縄に関する天気の情報が表示されます。季節によっては台風の情報が表示されたりして、ユーザーの利便性が高められています。

SEOの効果が出る検索の意図

続いてGoogleで「沖縄 温度」と検索します。

SEOの効果が出る検索の意図

沖縄の温度の情報が表示されるはずですが、ツーリストサイトが表示されています。これは、沖縄の温度が気になる人の中には沖縄に旅行で訪れる人がいるだろう、その人達が知りたいのは温度そのものだけではなく、何を着ていけばいいのか知りたいという、検索の意図(キーワードに隠された本音)なのです。

SEOの効果を期待できないサイト

商品を整然と並べているだけのECサイト等はSEOのコストパーフォーマンスが合わなくなっています。商品点数が多い場合1商品ごと役立つ情報にコンテンツを整えるには時間と労力が膨大になるためです。また、コンテンツ(役立つ情報)を公開することを目的としないサイトの多くもSEOの効果は望みにくいものと言えます。

過去にSEOの効果があった手法

過去にはSEOの手法として下記のものが採用されていましたが、2018年現在ほとんどその効果はなくなっています。

外部SEO 被リンクの購入
相互リンク、ポータルサイトに登録
内部SEO キーワード出現率の調整
見出しタグ等の記述方法

SEOの効果を得るためには、ユーザーの疑問に応えるコンテンツを作りだしていくことが唯一の方法になっています。全てのサイトでSEOが適しているかというとそうではない状況になっています。検索エンジンはユーザーが求める情報を上位に表示しようとしているので、求められる情報ではないサイトではSEOの恩恵を得ずらいと考えてもよいかもしれません。

[insert page=’ins-f’ display=’content’]

SEO(検索エンジン最適化)で使いたいオンラインツール

検索数予測ツール 検索数予測ツールを使ってキーワードを探す方法をご紹介しています。集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワード…

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEOも必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

スマホの順位をSEOツールを使って計測する

shisyamo.jp はスマホの順位を計測することができるツールです。ツールを利用するにはメール登録が必要ですが登録すれば1U…

リンクペナルティをチェックできるakakurage.jpでペナルティ解除

被リンクはサイトの評価をよくするためにも必要なものです。しかし、被リンクによってはペナルティを受け順位を降下されたり、時には圏外…

コンテンツSEO対策に「SEOチェックツール・高評価」を使う

「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。

共起語分析ツール(ワードクラウド・品詞別出現キーワード)でSEO

共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、SEOの記事作成において重要視…

キーワード出現率チェックができるohotuku.jp(SEOツール)の使い方

キーワード出現チェック | ohotuku.jpはページ内のキーワード出現率を確認することができるSEOツールです。キーワードを…

Think with Google(SEOツール)でモバイルサイトの速度をチェックする

Think with Googleでモバイルサイトの速度をチェックしておきましょう。スマートフォンの普及により検索順位がディスク…

キーワード難易度チェックSEOツールを使って難易度を確認する

記事を書き始める前にキーワードを決めておく必要があるのですが、キーワードの難易度があることを意識しておきましょう。キーワードによ…

SEOラボの「Google順位変動」は検索エンジンの順位変動を教えてくれる

SEOラボの「Google順位変動」はGoogleの順位の変動を教えてくれる記事です。Devo inc. さんが公開されているS…

カテゴリー: SEO