ユーザーの行動にWEBサイトの構造を最適化する

更新日:

ユーザーの行動にWEBサイトの構造を最適化する

ユーザーの行動にWEBサイトの構造を最適化することが重要です。ユーザーは自分の役に立つ情報を探しています。検索エンジンから訪問してくるユーザーにとって役に立つ情報はサイトの下層ページにあることが多く、直接このページにやってきたときにはユーザーはサイトの全体を把握していません。初めての訪問ではサイトに慣れていないので次の行動が取りずらくなり、サイトの構造が適切になっていないと最終的にサイトを去ることが多くなります。

効果的なWEBサイトの構造

ユーザーが製品やその製品が自分に何をもたらすのかを理解するためには、スムースにサイト内を移動できるようにWEBサイトの構造を最適化することです。ユーザーはページを読むことによって、理解すると同時に新たな疑問も生まれてきます。また、ユーザーが製品に直接的に関わることなく、導入側の問題であることもあるでしょう。このような多岐にわたる疑問に答えられる楮にすることで導入・購入の障害・不安を取り除くことが可能になってきます。

例えば、一般的な企業のWEBサイトでは次のように分類されたサイトの構造が効果的です。企業のWEBサイトには奇抜なデザインや特殊な仕組みを盛り込むより、標準的なサイトの構造で設計するほうが、訪問者に違和感を抱かすことなくスムーズに閲覧してもらえます。

  1. Topページ
  2. 更新情報
  3. 製品情報
  4. 製品カテゴリー
  5. 製品詳細ページ
  6. トピックス
  7. 会社概要
  8. アクセス
  9. お問い合せ
  10. サイトマップ

製品やサービスの紹介にとどまらず、提供できる利便性などを理解しやすい構造に、関心を引き付けることができたら次は行動(問い合わせや資料請求)をとってもらいやすいようにします。問い合わせフォームを設置するだけでなく、できるだけ抵抗なくフォームに入力してもらうにはどうしたらいいのかを考えます。

ユーザが知りたいコンテンツ

WEBサイトの構造を設計する場合、悩むのが「どのような記事を書けば効果的なのかわからない」ということがあります。そんな時、下記を参考にするとコンテンツのアイデアになるかもしれません。もちろん内容は、自社の戦略に沿った顧客となるユーザが知りたい情報であることが必要です。そしてこれから発信する情報をカテゴリーとして構築することでSEO対策として大きな効果をもたらすことになります。企業サイト立ち上げ時の設計段階で大まかなコンテンツを設計します。この投稿がSEO対策(ロングテールキーワード)として効果を拡大させていくものになります。

  1. 製品の使い方案
  2. 製品のアップデート情報・新機能の追加情報
  3. よくある質問
  4. 用語解説・業界で使われる用語を詳しく解説
  5. 業界ニュース・業界の最新動向を紹介したり、業界ニュースをまとめたり
  6. 調査レポート・調査を実施し、結果と考察を紹介
  7. 事例紹介
  8. 他社事例研究・トレンドや重要なポイントを学べる他社事例を研究しエッセンスを紹介
  9. 企業担当者インタビュー・お客様の声
  10. コラム・見込み客・顧客が知りたい情報を意見や分析を加えて
  11. HOW TO・見込み客顧客が抱える課題をどのように解決すればよいか
  12. まとめ・分散している情報をまとめて紹介
  13. イベント告知・関連イベント情報を知らせる
  14. 自社イベントとレポート
  15. 社外イベントレポート
  16. 寄稿・外部のエキスパートに記事を寄稿してもらう
  17. 翻訳記事・海外の記事を翻訳して紹介する

ページ数やコンテンツの多いサイトではクローラーやインデックス対策としてサイトの構造は大切になっています。内部リンクとの関連性も重視し、コンテンツを拡張させたときに最適化できるように初期の段階から設計することです。可能であれば、パンくずリストの設置や、関連記事へのリンクを設定することでSEOに大きな効果をもたらすことがあります。

SEO内部対策チェックツール

ユーザーの行動にWEBサイトの構造を最適化する

SEO内部対策チェックツールは記事の「コンテンツ対策」をチェックしてくれるツールです。タイトルやメタディスクリプションなどもチェックしてくれます。

「SEO内部対策チェックツール」の使い方

「SEO内部対策チェックツール」でできること

  • 自サイトの内部SEOの状況を確認できる
  • 競合サイトの内部SEOの状況を確認できる

SEO内部対策をチェックするには、対策URLと対策キーワード入力して、スコアをチェックするボタンをクリックします。チェックが終了するとスコアが表示されます。スコアが低い場合は、ページ内の見出しや内部リンク、画像などが適切に記述されているか確認してみましょう。

-検索エンジン最適化

Copyright© SEO(検索エンジン最適化) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.