SEO対策に効果的なWordPressカテゴリの設計方法

投稿者: | 2019年2月1日

WordPressカテゴリの設計方法は、カテゴリを構造化することから始めます。サイトを適切に構造化することでユーザーにわかり易くなり、検索エンジンからの評価も高めることができるようにになります。サイト内のリンクが集まることからも結果として上位表示されるコンテンツが増加します。

カテゴリを効果的に使うことで検索利用数の多いキーワードを攻略することができます。カテゴリに属するコンテンツを充実させてゆくことで内部リンクが構成され、カテゴリのページが検索エンジンの評価を獲得しやすくなり、検索ランキングの上位表示や露出を達成することができるようになるのです。

カテゴリをページをナビゲーションに配慮して分類することも大切です。ひと目でどんな内容なのかがわかりやすくすることです。ただリンクを羅列しただけでは読みづらくなってしまいます。カテゴリ分けして見出しをつけると必要なページがすぐに見つけられます。またユーザーの求めるトピックごとにきちんと情報が整理されているかということも大切です。

サイトを設計する段階で悩んでしまうのが、固定ページ、投稿のどちらで公開すべきかですが、ユーザーに価値を与えるものを投稿に、問い合わせや会社情報などサイトに必要なものを固定にすると効果的なことがあります。

WordPressカテゴリの設計手順

  1. 公開する予定の内容リストを作る。
  2. 必要なカテゴリを洗いだす
  3. カテゴリを関連図ける

製品点数が少なくコンテンツの更新頻度も低い場合は、製品ページを固定ページに配置し、製品に関連する情報を投稿で展開することで集客効果を上げることができるようになります。

WordPressのカテゴリ設計の注意点

検索エンジンにカテゴリをインデックスさせている場合は、変更するとURLが変更されることになり、検索エンジンからの流入を一定期間失う可能性があることです。WordPressのカテゴリは非常に重要なものなので、サイトの運用開始前にサイトの設計をしてできるだけ変更しないことです。

カテゴリとタグの使い方

製品やサービスで分類することで関連性が明確に伝わりユーザーを獲得しやすくなります。このときカテゴリー名は製品やサービスを総称する名称が適切です。サブカテゴリーを設定する場合は、製品名などの用途や目的を設定します。ポイントはあまり階層を深くしないこと、3階層までが適切でしょう。

製品やサービスを分類する時は関連する情報を大分類とし、タグを使って中・小分類を設定すると、視覚的にわかりやすい構造になり、その結果利用者の利便性を高めSEO効果も高くなってきます。地域エリア別、ユーザーごとに並べたり、特定のグループだけ抽出したりできます。お知らせやニュースを作成して日付順に並べることもできます。

製品やサービスのボリュームが少ない場合は固定ページに展開されることがあるようですが、固定ページにはカテゴリの概念がないので投稿で展開されることをお勧めします。製品やサービスのページを増やさない場合でも、ユーザーの悩みや問題解決の糸口になる情報を追加することがあるのではないかでしょうか。このとき投稿で展開していると関連性を取りやすくなります。

カテゴリー: SEO