SEO

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

投稿日:2019年1月8日 更新日:

WordPressページタイトルの変更はアクセスにどのように影響してくるのでしょう。順位が下がること恐れて修正をしないという意見や条件によっては問題なしとする意見もあります。WordPressページタイトルの変更だけにスポットがあてられているようですがページの内容やサイトの状況で結果は異なると私どもは判断しています。

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

ページタイトルの変更がなされるのは文字の訂正を除けば、わかり易くするために書き換えるか、集客のために検索結果の順位上昇を狙ってのどちらかではないかと思います。この2点に視点をおいて、弊社の経験からページタイトルの変更について記事にしてみました。

WordPressのSEOでページタイトルを変更

集客の為に記事を書いているので順位を上昇させたいのは当然のことで、ページタイトル書き換える、この行為に自体に問題があるとは考え難いです。ただ、順位確保の為だけにタイトルの変更をされてもきっと上昇するケースは稀ではないかと思います。ページタイトルの変更だけをしても変化は少なく、ページの内容変更と同時にページタイトル変更が行われた場合に順位の変化が確認できました。このことから順位上昇を目的としてページタイトルを変更するならページの内容と同時に変更を行うことが望ましいのではないかと判断します。ページの内容が出来上がっていてページタイトルが不適切であった場合は変更だけで順位が好転することはあります。

検索順位上昇を狙い過ぎると失敗するケースがあります。よくみかけるのがキーワードを並べて記述したようなタイトル、このタイプは上昇する可能性の高いものですが、1位をとってもアクセスアップにならないこともあります。例としては、○○見積り:無料 といった具合にほとんどキーワードで構成されているタイトルです。製品名やサービス名で直接流入が見込めるならこのタイトルで問題ないかもしれませんが、それ以外は順位はいいけど集客ができないページということになります。

読者を引き付けるためにページタイトルを変更

検索結果に上位に表示されているのに流入がない、こんな時にもタイトルの変更がされることがあります。せっかくいい位置を確保できたのにと迷うことも多いのではないでしょうか。アクセスログでそのページに流入していて滞在時間や直帰率に問題ないなら変更しないことがお勧めになります。全く流入がなければ決断できますが、微妙に流入している場合は決断しずらいですね。こんな場合、タイトルを違う文章にして、重複コンテンツにならないように同じようなページを作ることでそのページに集客できることがあります。結果がはっきりしたら不要なページをnoindexにするか削除した方が安全です。

ページタイトルだけ変更しほぼ同じ内容のページを公開すると一時的にインデックスに登録されますが一定期間後(1ケ月ぐらいが比較的多い)インデックから消えてしまいます。このようなページが大量にない限りはペナルティにはなりません。このことからGoogleがページの内容を確認していることが推測できます。

ページタイトルを変更して結果が出るまでの期間

タイトルを変更してインディックス書き変わるまでにどれくらいの期間が必要かというと、サイトの80%以上を変更した場合、被リンク数が100前後、ページ数100ページ未満で約1ケ月くらいで書き変わるようです。すぐにアクセスが増えるということはありませんが、適切に内容が変更されていれば徐々にアクセスが増加し集客できるようになってきます。全てのページが上昇に転じるかというとそんなことはなく特定のページから変化してきます。よく、ページタイトルを変更したら圏外になってしまった、タイトルの変更はしない方がいいという意見もありますが、変更したことでそのページが別のキーワードで上昇していることがあります。また、一定期間後に元に戻ることもよくあります。

ページタイトル変更後は少しの間見守ってから結果を出すことをお勧めします。

適切なタイトルの修正は集客に与える影響は少ないと捉えています。これは過去のようにサイト全体に順位の影響が出るのではなく、キーワード(クエリ)に対してランキングがされているため修正したページの影響が出ても、他のページが異なるキーワードのため順位変動の影響を受けないためです。しかし、サイト全体に及ぶページの修正(サイトのテーマ・何を書いているサイトか)を短期間に繰り返すとその間はアクセスの向上はみられないことが多くなります。やはり、最初からきちんと設計・計画をおこない大幅な修正が発生しないようにした方が集客に影響を与えないといえるようです。


公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

集客

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

検索エンジン最適化に使いたいプラグインリスト

プラグイン

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

WordPressテーマの検索エンジン最適化

WordPressのテーマ

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

Googleの検索エンジン最適化は求められる情報コンテンツが最重要

Google

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤…

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは…

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

公開後ページタイトルの修正はSEOに有効か

Lightning(WordPressテーマ)のページタイトルをH1と違うものにするSEO対策

LightningのSEOに重要なページタイトルの変更をする方法をご紹介します。記事の編集画面のタイトルに入力した文字列は見出し…

-SEO
-

執筆者:

関連記事

descriptionのSEO対策はアクセスアップが目的になる

descriptionのSEO対策はアクセスアップが目的になります。Googleはdescriptionをなるだけ多くのページに記述しキーワードを含めることを推奨しています。以前のSEOではキーワード …

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは検索クエリに対してインデックスに表示しても参考にならないようなページを指 …

WordPressのページタイトルのSEO対策

WordPressのタイトルの付け方で重要なはことはSEOばかり集中せずに読まれることを意識することも忘れないようにすることです。SEOに集中するあまり読者に内容が伝わりづらいページタイトルの書き方に …

見出しタグの不適切な使用はSEO対策として逆効果になる

WordPressのSEOに見出しタグを文章に無理に配置すると文脈が崩れてしまい逆効果になることがあります。見出しタグをSEOとして捉えるなら無理に配置したり、キーワードを埋め込んだりせず、文章の構造化という視点で構成すべきものになっています。

ブログのSEO対策は記事ごとにキーワードを決めて書く

ビジネスブログはキーワードを決めて記事を書くとアクセスが安定します。記事を公開するとしばらくは検索エンジンからアクセスがあるのですが暫くするとなくなってしまうことがあります。これはビジネスブログのキー …