SEO

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

投稿日:2019年1月24日 更新日:

WordPressのSEOではユーザーが必要としている情報を届けることが優先されます。どこにでもあるような情報を無理矢理SEOテクニックで上位表示させても、あまり問い合わせや資料請求に結びつくことはありません。ユーザーが必要としている情報を届けることができれば、集客効果と問い合わせ獲得に結びついてきます。有益な情報があるのに検索エンジンに紹介されず、ターゲットユーザーに企業の情報を届けれないのは大きな損失といえます。

ユーザーは必要な情報しか読まない

ユーザーは自分が必要としている情報しか読みません、このことから、もっとも効率的に集客できるのはユーザーがもっていない貴社独自の情報ということになります。例えば、メンテナンスを業務としている企業であれば、メンテナンスに関する現場ノウハウがあるはずです。その現場のノウハウを簡単なレポートにまとめて、ホームページに掲載し検索エンジンに露出させるのです。

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

インターネットを利用する人は、必ず何らかの情報を探しています。その探している情報をレポートという形にして、お客様に請求してもらう。製品とは違い、請求するのに負担感がないので、気軽に請求できます。加えて企業では、常に改善を考えますから、多くの情報を得ることにためらいはありません。

WordPressのSEO注意点

WordPressのSEOする時に注意したいのは集客ばかりに注力しないことです。ユーザーが貴社の製品をサイトで見つけても、「人間関係ゼロの状況」です。「たまたま立ち寄った人」が、「仕様を読んで疑問」をもち、「問い合せ」をする。これはかなり無理をしていることが想像できると思います。サイトを訪れたユーザーは、一通りスペックに目を通した後、問い合せることはせず、その代わり読み終わった後、出入りの商社に声をかけ、「こんな製品があるけど、同じような製品はない?」と聞くことでしょう。信頼関係を基礎にする企業間取引ではよくあることです。

では、どうしたら良いのでしょうか?特に注意したいのは、「集客商品」と「販売商品」を切り離すという点です。扱っている製品を注意深く目を通してください。その中で最も集客しやすい製品が何かを探し出すのです。

企業間取引でホームページを機能させる一番重要なポイントは、次の3点です。

  • 集客と販売は、分けて考える。
  • 集客に位置づける商品を慎重に選ぶ。
  • 情報が集客に利用できないかを考える。

製品を羅列するだけでは問い合わせから受注に繋がることはすくないといえます。競合他社との競争に打ち勝って受注・売り上げを得るには、製品の力、御社の技術力など総合的にスキルアップする必要があります。どこにどれだけのコストをかけ、どれだけ受注・販売できるのかを検討するようにしましょう。受注単価の高い製品は、それだけ受注までの時間、労力が必要となり経費も必要となります。

集客で最も大切なのはユーザーが必要とする情報で集客を捕らえること、こちらの伝えたいことだけでは読んでもらえないことが多いくらいに考えるとちょうど良いかもしれません。


SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

ウェブサイトの集客に効果的な検索エンジン最適化

集客

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

検索エンジン最適化に使いたいプラグインリスト

プラグイン

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

WordPressテーマの検索エンジン最適化

WordPressのテーマ

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

検索エンジン最適化で最も重要なキーワードの決め方

キーワード

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

Googleの検索エンジン最適化は求められる情報コンテンツが最重要

Google

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

アフィリエイトで収益を高めるにはやっぱりSEO(検索エンジン最適化)も必要

アフィリエイトにはもうSEOは必要ないという意見も見られる今日です。確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位…

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

最新のSEO情報をサーチできるサイトを利用する

SEO情報を提供されてサイトのご紹介です。SEOは、これが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤…

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは…

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

SEO対策はユーザーが必要とする情報を発信することが最重要

Lightning(WordPressテーマ)のページタイトルをH1と違うものにするSEO対策

LightningのSEOに重要なページタイトルの変更をする方法をご紹介します。記事の編集画面のタイトルに入力した文字列は見出し…

-SEO

執筆者:

関連記事

企業がブログで集客数をアップしたいならロングテールSEOは外せない

ブログで集客するにはロングテールSEOを施策することです。企業ならブログの記事で製品やサービスの使い方や利用方法など、得られる効果を「キーワード」に割り当て購入や利用への導線を設計し問い合わせをアップ …

Googleの自動ペナルティを受けたときのSEO対策(対処)の方法

Googleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸び …

学習塾のSEO対策はローカル検索に対応しておく

学習塾のSEOは地域密着型、ローカル検索は抑えておきたいところです。ローカル検索では検索場所に近いところから優先的に表示されます。特に学習塾の集客で注意しておきたいのはローカルパックと呼ばれる窓が検索結果に表示されることです。

WordPressのmeta descriptionのSEO対策

WordPressのmeta descriptionはどうのように書けばよいのでしょうか。Googleスターターガイドに「meta description」メタタグを使用するとGoogleやYahoo …

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)でページをnoindexにするSEO対策

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するメタタグです。低品質なページとは検索クエリに対してインデックスに表示しても参考にならないようなページを指 …