SEO対策するならキーワードをチェックしてから

SEOするならキーワードをチェックしてから

SEOキーワードは、SEO(検索エンジン最適化)を行う上で、非常に重要な要素の1つです。検索エンジンからユーザーをサイトに集客させるためには、必ずSEOキーワード対策をする必要があります。Googleは、検索されたSEOキーワードに合致する語句・ユーザーが求める良質なコンテンツを表示するために、コンテンツから解析して、その検索順位を決めています。

SEOで重要なこと

・ユーザーが検索したキーワードにコンテンツ(ページの内容)が合っていいるのか

・E-A-T と YMYL 指標に沿った情報になっているか

E-A-T とは次のようなコンテンツを指していますが、具体的なものではなく、対策は難しいといえます。

Expertise(専門性)コンテンツがそのジャンルで優れた知識や経験スキルを持っているか
Authoritativeness(権威制)コンテンツがそのジャンルでどれくらい認められているか
Trustworthiness(信頼性)コンテンツが信用できるものか
E-A-T とは


YMYL とは Your Money Your Life の略でお金や生活にかかわるジャンルのことです。

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視した
  • コンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは、検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。

キーワードを選定

質の高い記事やノウハウがあっても、キーワードの選定ができていなければ、ユーザーに情報を届けることはできなくなります。「キーワード選定」とは、SEO施策を行う「単語」や「文章」を選ぶことです。適切なキーワードを選定することでユーザーの獲得につながるため、非常に大切なものだと言えます。

キーワードは非常に大切ではありますが、コンテンツの質(ユーザーにとって有益な情報を高く評価・訪問者の悩みとか質問に答える情報になっているか)が最も重要です。選定したキーワードを高品質の情報にするように心がけましょう。

キーワード選定につかえるツール検索数を予測できるSEOツール
キーワード難易度がチェックできるSEOツール
共起語分析SEOツールでキーワードの関連性を高める
キーワード選定につかえるツール

キーワードの難易度を調べる

キーワードの難易度

キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードを狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

キーワードの難易度を調べるキーワード難易度がチェックできるSEOツール
検索数を予測できるSEOツール
キーワードの難易度を調べるツール

キーワードの難易度を調べるツール

共起語を探す

共起語とは、検索クエリに合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されることになりました。このシステムに対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。

共起語分析ツール

検索数を予測する

検索数予測SEOツールを使ってWordPressを検索エンジン最適化しておきましょう。集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しかし、検索エンジンは無料で安定した訪問者を提供してくれます。そのため、検索エンジンで利用されているキーワードの検索数を予測し記事を書くことは集客数を伸ばすことにもなります。

検索数を予測するツール

SEO難易度を調べる

SEOの難易度は、ターゲットキーワードに対してどれだけ多くのサイトが意識的にSEOを対策しているかによって決まります。検索結果のヒット件数が多くなくても、それが商業的に魅力的なキーワードであれば、キーワードでの最適化を施策するのでランキング上位に表示するのは難しくなってきます。

SEO難易度を調べるツール

キーワードの出現率

キーワードの出現率は検索順位に影響を与えることはほぼなくなっていますが、出現率が高すぎると悪影響を及ぼすことがあるので注意しておきたいものです。

キーワード出現率チェック はWEB上に公開されているページのキーワード出現率をチェックしてくれるSEO役立ちツールです。キーワードの出現率を調整することでランキングアップが望めるわけではありませんが、詰め込みはペナルティ対象となっていますので注意を払うことは必要といえます。ユーザと検索エンジン最適化(SEO)の両面で、ページタイトルはとても重要です(グーグルの検索結果では、検索語と一致するキーワードが太字で表示され、利用者がひと目でわかるようになっています)。

キーワード出現率チェックツール

ファンキーレイティング [FunkeyRating]は記事内のキーワード出現率を確認できるSEOツールです。過去において注目された手法です。記事内の単語数の調整すれば上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在この調整は重要度が低いものになっています。しかし、無視していいかというとそうではなく、詰め込みスパムや配置などには気を配りましょう。「ファンキーレイティング」で過剰に詰め込まれたキーワードを見つけだせます。

>>キーワード出現率チェックツール