WordPressの内部リンクを強化するSEO内部対策

この記事はプロモーションが含まれています。

内部リンクを強化するSEO内部対策

サイト内のページ同士をつなぐリンクのことです。 この内部リンクを最適化することで、クローラビリティが高まり、インデックスされやすいサイトとなるので、最終的にSEO効果による検索上位化が見込めるようになります。大切なことは、関連するページ、ユーザーにとって必要となるページがどこにあるか分かるような内部リンク構造にすることです。

内部リンクとは

検索エンジンのクローラーと呼ばれるロボットは、ページ内のリンクをたどりながら情報を収集していきます。Googleは、内部リンクの構造によりページの優先度を理解することができます。また、クローラーが回遊しやすい構造もとても重要なSEOの指標となります。ページの重要度、優先度がわかる構造や、クローラーが回遊しやすい構造に内部リンクを最適化すれば、サイトの評価が上がり、検索上位にサイトを表示できる効果があります。

※SEO内部対策とは、サイトの構造を作ったり、記事を書き直したりする作業のことです。 具体的には、サイト全体のテキストや画像、HTMLタグ、リンクなどサイト内部の要素を改善するSEO対策ことをいいます。

SEOで重要なこと

・ユーザーが検索したキーワードにコンテンツ(ページの内容)が合っていいるのか

・E-A-T と YMYL 指標に沿った情報になっているか

E-A-T とは次のようなコンテンツを指していますが、具体的なものではなく、対策は難しいといえます。

Expertise(専門性)コンテンツがそのジャンルで優れた知識や経験スキルを持っているか
Authoritativeness(権威制)コンテンツがそのジャンルでどれくらい認められているか
Trustworthiness(信頼性)コンテンツが信用できるものか
E-A-T とは


YMYL とは Your Money Your Life の略でお金や生活にかかわるジャンルのことです。

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視した
  • コンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは、検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。

※重要なデーターのバックアップに外部ストレージはいかがでしょう。