WordPressの内部リンクを強化する

内部リンクとは、 サイト内のページ同士をつなぐリンクのこと です。 この内部リンクを最適化することで、クローラビリティが高まり、インデックスされやすいサイトとなるので、最終的にSEO効果による検索上位化が見込めるようになります。大切なことは、関連するページ、ユーザーにとって必要となるページがどこにあるか分かるような内部リンク構造にすることです。

内部リンクを強化するプラグイン

Related Posts for WordPress

Related Posts for WordPress は、ワンクリックで関連投稿を相互にリンクする機能が提供されます。インストールウィザードがすべてのハードワークを実行します。プラグインを有効化し、関連する投稿の量を設定して、ボタンを押すだけです。従来は、WordPressで投稿を関連付けるのはこれほど簡単ではありませんでした。

>>続きを読む

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus は目次を任意の位置に表示してくれるプラグインです。目次はページ内へのリンクにもなっているのでユーザーが目的の情報にアクセスしやすくなります。ページが長文で構成され、文書構造が体系化されている場合には内部リンクとして効果的です。

>>続きを読む

テーマの内部リンク

Twenty Seventeenの内部リンクを強化

Twenty Seventeenにサイト内の関連の記事を表示させると内部リンクを補強することができます。デフォルトで関連の記事は実装されていないので、プラグインを利用するかカスタマイズすることになりますが、ここではプラグインでTwenty Seventeenに関連の記事を表示させます。

>>続きを読む

内部リンクとは

内部リンクとは、 サイト内のページ同士をつなぐリンクのこと です。 この内部リンクを最適化することで、クローラビリティが高まり、インデックスされやすいサイトとなるので、最終的にSEO効果による検索上位化が見込めるようになります。

検索エンジンのクローラーと呼ばれるロボットは、ページ内のリンクをたどりながら情報を収集していきます。

Googleは、内部リンクの構造によりページの優先度を理解することができます。また、クローラーが回遊しやすい構造もとても重要なSEOの指標となります。

ページの重要度、優先度がわかる構造や、クローラーが回遊しやすい構造に内部リンクを最適化すれば、サイトの評価が上がり、検索上位にサイトを表示できる効果があります。

※SEO内部対策とは、サイトの構造を作ったり、記事を書き直したりする作業のことです。 具体的には、サイト全体のテキストや画像、HTMLタグ、リンクなどサイト内部の要素を改善するSEO対策ことをいいます。