SEO内部対策を施行する

内部対策はコンテンツを適切にGoogle(グーグル)に伝える手段です。

具体的には、サイト全体のテキストや画像、HTMLタグ、リンクなどサイト内部の要素を改善するSEO対策と言えます。SEO対策は大きく3に分かれ、内部対策はそのうちの一つ、どれかをすればいいのではなく全体を整えていくことが重要です。

1.高品質なコンテンツを作る(コンテンツSEO)

2.内部を整備する(内部対策)

3.他のメディアや個人から評価してもらう(外部対策)

自力で取り組めるSEO内部対策3つ

Googleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。検索クエリに一番合致していると思われるページを、ビッグデータ関連ページから選び分けて検索結果をランキングする機械学習のAIです。それまでの被リンクのみの順位対策やキーワード出現率などの小手先だけのSEOは通用しなくなり、過去の遺物となりました。

今必要なのは SEO のみではなく SXOも必要ということです。SXOは正式には「Search Experience Optimization」といい、日本語では「検索体験の最適化」と訳されています。SEOもこれまでウェブサイトへの集客手法として用いられてきましたが、SXOは2016年頃から注目されるようになった比較的新しい手法です。

discription を記述しないとSEO内部対策としてどうなのか

WordPress の discription はテーマの抜粋やSEO系のプラグインを利用して記述することがほとんどですが、記述しないとSEO内部対策としてどうなのでしょうか?

多くのテーマでは抜粋に記述された文章から引用されdiscription タグが生成されます。抜粋が空白の場合には、ページの先頭から引用される仕様になっています。

見出しタグ(H1〜H6)の不適切な使用はSEO内部対策で逆効果

見出しタグを順位向上に有利にしようと、ページ内に無理に配置すると文脈が崩れてしまい逆効果になることもあります。SEOとして捉えるなら無理に配置したりキーワードを埋め込んだりせず文章の構造化という視点で構成すべきものになっています。

見出しタグは h1~h6 まであり、h1はページに1回だけ使いh2~h6までを階層で配置するというのが一般的な説です。過去にはh1タグにキーワードを含める、ページの先頭部に配置することが効果がでるといった説が流れていましたが、今ではこの考え方は逆効果になることがあります。

次の記事

WordPressテーマをSEOする