新着情報

レスポンシブ対応のカラムデザイン方法(Gutenberg) (12/1/2022) - Gutenbergのカラムデザイン Gutenberg はCSSをカスタマイズしなくてもカラムデザインが簡単にできます。ページを 2 ~ 3列に分割して、それぞれに画像や文章でデザインしたいことがあります。tableを使 […]
画像を遅延読み込み高速化できるプラグイン Native Lazyload (11/30/2022) - Native Lazyload Native Lazyload はサムネイル、投稿コンテンツまたはウィジェットテキスト、アバター、スマイリー、iframe内のすべての画像を遅延読み込みできます。 jQueryなどのJav […]
ソースを高速化するWordPressプラグイン Head Cleaner (11/30/2022) - Head Cleaner Head Cleaner はソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれます。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・C […]
上品でモバイルファーストなテーマ Twenty Sixteen (11/28/2022) - Twenty Sixteen Twenty Sixteen は ずっと人気の WordPress テーマ、美しいデフォルトカラースキームのカラーオプション、モバイルファーストのアプローチによる調和した柔軟なグリッド、細部 […]
gzip圧縮で高速化するWordPressプラグイン WP HTTP Compression (11/22/2022) - WP HTTP Compression WP HTTP Compression は gzipを使用して圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。htmlやjavascriptやcssはもとも […]
手動で記事を関連付けるWordPressプラグイン Related (11/21/2022) - Related(関連記事を表示) Relatedは手動で記事を関連付けるプラグインです。関連記事を表示してくれるプラグインの多くが自動で表示してくれるのに対し関連性を手動で設定すことが特長です。また、投稿記事だけでなくト […]

検索エンジンの評価

検索エンジンの評価はページが何について書いてあるのかを評価しています。なぜ、このことについて意識しなければならないかというと、検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えることで順位の上昇や集客数の増加が望めるからです。

検索エンジンがサイトのテーマをどのように評価するかを考慮することは検索エンジンから集客を狙う場合重要な要素になります。検索エンジンはサイトが何について書かれているかを評価し、サイトのテーマに関連するキーワードが利用されたときにテーマに沿っているサイトを優先的に検索結果に表示しようとするからです。

SEOで失敗しないために

SEOで失敗しないためにはまず、目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。目的は、「ユーザーを集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくるユーザーは、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページにユーザーが求める答えや情報が表示されているかどうかです。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、期待した成果にならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でサイトを構築・分析・修正を繰り返すことが必要になります。この時サイトの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。

MENU
PAGE TOP