SEO

SEOを始めようとする企業のWEB担当者やアフィリエイトやアドセンスで収益を得ようとする方にSEO関連の情報をご提供しています。検索アルゴリズムの進化によってSEOは複雑に、かつWEBサイトの増加により難易度は高くなっています。

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは

SEOの目的は、企業であれば、Googleなどの検索エンジンで自社のサイトを表示させることにより、サービスや商品を知らないユーザーにリーチする機会を創出するものです。検索を通して情報を探しているユーザーが自社のページに訪問できるように、関連するキーワードで自社のページが検索結果の上位に表示されるようにすることです。

アフィリエイト等で収益を出したい場合は、契約を確保したい商材のユーザーに検索エンジン経由で誘導ができるようになります。

SEOを施策することで、自社のサービスや商品に関連するキーワードで上位表示されることによりユーザーのアクセス数を増やし、コンバージョン増加を期待できます。従って、ユーザーがあまり検索しない情報に対しては適さない側面をもっています。

SEOのメリットとデメリット

SEOにはメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、検索結果を通じて自社のサービスや商品を知らないユーザーと接点を持つことです。ユーザーが商品を購入する前には複数の商品で比較したり、商品に関わる情報を収集したりする行動が想定されます。何かしら目的を持って情報を探しているユーザーと接触できることは非常に効率の良い集客方法です。またリスティング広告の場合はクリック数に応じて費用が発生しますが、SEOの場合はユーザーのアクセス数 に応じて費用が発生することはありません。企業が注力するキーワードで上位表示できれば膨大な広告予算を投じなくてもコンバージョンに繋がるアクセスを得ることができます。

SEOのメリットとデメリット

デメリットは世の中に存在しない新しい商品やサービスを扱うWebサイトの場合、検索されるキーワードも初めは存在しない状態となることです。新しい商品やサービスが普及すれば、それに伴い検索市場が育つことが期待できますが、初めに取り掛かるマーケティング施策としてSEOはお勧めできません。また改善施策を実装後、検索エンジンに評価され順位や流入に好影響が見られるまでには時間がかかります。サイトの規模にもよりますが、施策を行ったページが多ければ多いほど検索エンジンがページを認識して順位付けするまでに時間が必要です。さらに、いくら改善施策を行ったとしても競合サイトの取り組み状況や検索アルゴリズムのアップデートといった外部影響によって順位が変動することも考えられます。SEOではこういった特徴を理解して取り組むことが重要です

検索ユーザーの行動を理解してSEO

やみくもに上位表示を狙っても結果に繋がることはありません。検索ユーザーの行動を理解してSEOすることがとても重要です。ユーザーは情報を取得しながら検索を繰り返し、店舗予約や購入など目的を達成できれば検索を終了します。またユーザーはオンラインとオフラインを行き来することや、一度検索してから数日後に改めて検索することも想定されます。自社商品の予約や購入といった契約に至るまでにユーザーがどのようなキーワードで検索してどのような情報を得たいのかという過程を理解し、ユーザーが検索行動に移るきっかけを考えることが重要です。

SEOで集客する時に注意したいこと

アフィリエイトのSEO

アフィリエイトにはもうSEO(検索エンジン最適化)は必要ないという意見も見られます、確かに検索エンジンアルゴリズムの進化により被リンクのみの上位表示やソースコードによるテクニカルSEOはなくなったといっても過言ではないでしょう。

サイトに人を呼び込む手段は今でも検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴のようです。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすことSEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

SEOで最も重要な検索エンジンの評価

MENU