SEO分析・調査ツールは順位変動推移を知ることができる

SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できます。分析結果によってサイトの様々な状況を把握することができます。例えば、コアアップデートによる影響を受けてしまったとか、サイトのコンテンツつくりにおいて失敗してしまっているとか。しかし、基本はユーザーにとって必要とされている情報になっているかが最も重要なことに変わりはありません。

SEO分析・調査ツール

ツールSEO分析・調査ツール
機能 SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できる。
ツール提供株式会社CINC
有料ツール KeywordMap SEO を提供されています。

SEO分析・調査ツールで得られる情報

分析対象ドメインを入力して調査すれば、自然検索順位変動推移を見ることができます。赤い部分ではGoogleコアアップデート等の影響を強く受けていることが多いようです。

SEO分析では以下のような分析を見ることができます。

  • 自然検索順位変動推移 – 平均順位変動値
  • トラフィック・ヒットキーワード数の推移
  • ディレクトリ別トラフィック
  • 自然検索ワード
  • 競合ドメイン
  • 競合ページ

このツールでは、SEO分析の他に検索連動型広告、SNS反響コンテンツ、広告バナー等も分析してくれます。

SEOツールの注意点

SEOツールを利用したら上位表示できるわけではありません。データをどのように理解するかが最も重要です。どのように利用するのかが明確になっていなければ、SEOツールを導入してもほとんど効果は無いと考えても良いぐらいです。SEOツールには、一部の目的に特化したツールから、総合的なSEO対策に必要な情報収集ツールなど幅広くあり、目的に沿ったツールを利用することが重要です。

SEO分析で重要なこと

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。

SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

SEO分析でしなければならないこと

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは

検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。

検索エンジンの評価内容

検索エンジンの評価はページが何について書いてあるのかを評価しています。なぜ、このことについて意識しなければならないかというと、検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えることで順位の上昇や集客数の増加が望めるからです。

検索エンジンがサイトのテーマをどのように評価するかを考慮することは検索エンジンから集客を狙う場合重要な要素になります。検索エンジンはサイトが何について書かれているかを評価し、サイトのテーマに関連するキーワードが利用されたときにテーマに沿っているサイトを優先的に検索結果に表示しようとするからです。

SEO分析の他におすすめしたいSEOツール

キーワード出現率チェックは目標を設定できるSEOツールです。キーワードの出現率が高すぎるとスパムSEOと判定されてしまうこともあります。一般的には5%を目安にするとよいようです。

>>続きを読む

ファンキーレイティング は記事内のキーワード出現率をチェックできるツールです。キーワードの出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。記事内のキーワードの調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。

>>続きを読む

SEO内部対策は自サイト内のページを検索エンジンが好む記述や情報にし検索エンジンの上位に表示しようとするものです。SEO内部対策としてタグの記述やその他の設定を推奨する記事も多く見かけますが、コーディング技術だけで上位に表示させることはほとんどできません。

>>続きを読む

MonsterInsightsにはWordPress用のGoogle Analyticsダッシュボードが付属していて、WordPressダッシュボード内に実用的な分析レポートが表示されます。重要な統計のみを表示するカスタマイズされたレポートを作成できるので、何が機能していて何が機能していないかを正確に確認することができます。

>>続きを読む

SEO 高屋は1クリックで自動でSEO分析ツールです。分析する競合サイトのURLを入力すれば、title,description,検索順位等を表示してくれます。競合サイトを分析すれば、競合サイトがどのようなSEO対策を目指しているかを分析し推し量ることが可能になります。

>>続きを読む