自力で取り組める内部SEO対策3つ

Googleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。検索クエリに一番合致していると思われるページを、ビッグデータ関連ページから選び分けて検索結果をランキングする機械学習のAIです。それまでの被リンクのみの順位対策やキーワード出現率などの小手先だけのSEOは通用しなくなり、過去の遺物となりました。

SEO

今必要なのは SEO のみではなく SXOも必要ということです。SXOは正式には「Search Experience Optimization」といい、日本語では「検索体験の最適化」と訳されています。SEOもこれまでウェブサイトへの集客手法として用いられてきましたが、SXOは2016年頃から注目されるようになった比較的新しい手法です。

内部SEOは上位表示の近道、小手先SEOは×

検索エンジンの評価はページが何について書いてあるのかを評価しています。なぜ、このことについて意識しなければならないかというと、検索エンジンにサイトのキーワードを正しく伝えることで順位の上昇や集客数の増加が望めるからです。検索エンジンに伝えたキーワードのコンテンツがユーザーのニーズにマッチしたもの、ユーザーの利便性を高める情報であることが上位表示に繋がります。

リピート率、滞在時間を高め直帰率を下げる

閲覧者からの評価でもある「リピート率」や「滞在時間」をコントロールして検索順位アップを狙うことができます。Googleなどの検索サイトは検索結果ページに有益なサイトを紹介することを主旨としています。そのため、ユーザーがページに訪れても、直ぐに他サイトに行ってしまうような直帰率の高いサイトの評価は下がります。

リピート率や滞在時間を高めるにはまず、ページのキーワードを使って検索エンジンで検索してみましょう。表示された上位ページにはどんな情報が記載されていますか?自サイトの情報と共通した内容はありますか?極端に違う内容の情報を記載してもほとんどの場合下位に埋もれてしまうことが多いでしょう。

コンテンツのオリジナル性を高める

検索エンジンは、ありきたりの情報だけのページは求めていません。上位表示には、オリジナリティー(独自の見解)の高いコンテンツを掲載する必要があります。特に、ショッピングサイトや情報サイトで多く見られる「写真や数字が違うだけで大半が同じ内容のページ」は、重複ページとしてSEO評価されるため注意が必要です。

発信する情報も異なる視点で捉えると同じような情報とはならず、オリジナル性を出すことが可能です。但し、ユーザーを惑わすような根拠のない創造した情報は避けるほうが良いでしょう。悪質コンテンツと評価されてしまう可能性もあります。