検索順位が上がらない時のSEO内部対策

定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。ここでは、原因の一つとして内部SEO対策について考えてみます。

内部SEO対策としては、コンテンツがユーザーの検索意図とマッチしていないことや、キーワード対策がされていないなどもありますが、意外と見落としがちなのが、カテゴリーと関連コンテンツがあります。

SEO内部対策ができていない

SEO内部対策として、見落とされがちなのがカテゴリー、WordPressの記事は最低1つのカテゴリーに属することが条件になっています。そこで、カテゴリーをたくさん作ってしまったり、一つの記事を複数のカテゴリーに属させてしまったりしてしまうことがあります。

これが、過剰になってしまうと検索エンジンは記事がどのクエリーに対して適切なのか判断できないようになってしまいます。また、ユーザーからも、要求する情報にたどり着けないといったことになり、サイトから離脱してしまうことにもなります。

また、カテゴリーは記事と関連するものでグループ化されるはずですので、適切にグループ化されていればそのことについて情報量が多いと判断されることがあります。

SEO内部対策のカテゴリーと関連コンテンツ

多くの記事を公開しているのにアクセスが増えない、順位が上がっていないようなら、カテゴリーと関連するコンテンツを見直し、整理すると効果が出ることがあります。目安として下記のようなものが挙げられます。

  • カテゴリーを細かく分類し過ぎて、かつカテゴリーが多すぎる
  • 関連のコンテンツがすくない
  • 関連するコンテンツへのリンクが構成されていない。

カテゴリーは基本、1記事1カテゴリーの考え方で問題ありません。複数のカテゴリーを設定してもユーザーは、あまり関心を持たない傾向にあります。もし、記事内に関連のコンテンツがない場合は追加するか、関連記事を表示するプラグインやテーマを使うと良いでしょう。

間違ってもカテゴリーに1記事しかないを複数作らないで、5~10件程度はグループ化できるようにし、プラグインで自動表示させるか、直接記述するようにすると良いです。

この作業は記事の数が多ければかなり時間を取られます。また、修正したページの割合が少ないと変化がないこともあります。しかし、サイト全体の整理・修正完了後1ケ月程すると順位が上がったり、訪問者の数値が増えたりするようになります。

SEO内部対策に関連する記事

DeepCrawl はページ内部の無効なリンクやリンクされていないページを検出しSEO内部対策作業を軽減してくれるツールです。記事のどこを修正していくかを見つけだすのは非常な困難を極め、この作業には多くの経験を必要とします。

>>続きを読む

今必要なのは SEO内部対策のみではなく SXOも必要ということです。SXOは正式には「Search Experience Optimization」といい、日本語では「検索体験の最適化」と訳されています。SEOもこれまでウェブサイトへの集客手法として用いられてきましたが、SXOは2016年頃から注目されるようになった比較的新しい手法です。

>>続きを読む

All in one SEO Pack はカテゴリーとタグに noindex を自動で記述してくれる機能があります。noindex を設定するには、ダッシュボードの All in one SEO Pack から Search Appearnce の Manage → Taxnomies → カテゴリーの Advanced をクリックして、あとは No Index にチェックを入れます。

>>続きを読む