Googleの推奨する構造化データを理解する

構造化データに関するガイドライン

構造化データに関するガイドライン

構造化データとは、WEBページの構造を検索エンジン(Google)によりわかりやすく伝えるためにHTMLにマークアップする専門のコードのことです。構造化データをマークアップするには、構造化データに関するガイドラインに準拠することです。このガイドラインに準拠しないとリッチリザルトに表示されない。マークアップした構造化データーがスパムと認識されてサイトの質が落ちることもあります。

構造化データとは

構造化データとは、ページの情報やデータを一定の規則(構造)に従って記述し、それらのデータに意味を付加することです。構造化データを適用することで、インターネット上の情報を単なるデータの集合から知識のデータベースに進化させることが可能になります。

Google は「schema.org」、「Microformats」、「Microdata」、「RDFa」、「データ ハイライターでタグ付けしたデータ」の5種類の構造化データを認識するとしています。

メリットデメリット
検索エンジンがコンテンツを理解しやすくなるのでindexが促進される専門知識が必要
検索結果にリッチリザルトが表示される実装に時間がかかる
構造化データのメリット・デメリット

構造化データは schema.org で定義されている属性と属性値から選択してマークアップ、マークアップできる形式は以下の3つになります。

  • JSON-LD(Google推奨)
  • micto data
  • RDFa

構造化データに関するガイドライン

構造化データの利用例として「リッチリザルト」があります、Google がページ上の構造化データを認識すると検索結果にクチコミの評価や件数、平均的な価格帯等を表示できるようになります。Google が構造化データを検出しているか、狙い通りに検索結果に表示されているかは、Google ウェブマスターツールのリッチリザルトテストで確認することができます。

※リッチリザルトとは? リッチリザルトとは検索結果画面上でより多くユーザーに情報を届けるためにGoogleが提供している機能です。 通常の検索結果では、タイトルを含む青色リンクとスニペット、URLを含む塊が表示されます。 (下図参照) これだけではユーザーにとって情報が不十分だと判断される検索KWの場合、検索結果画面に追加で情報が表示されます。 これをリッチリザルトと言います。 以前はリッチスニペットやリッチカードという表現もありましたが、現在はリッチリザルトで全ての表記が統一されています。 例えば、「結婚指輪」で検索をすると結婚指輪に関する“よくある質問“について、質問と回答がスニペットの下に表示されているページがあります。

Promotion

DeeBoard 〜Googleアナリティクスを誰でも普通に使えるように〜

DeeBoard(ディーボード)は、こんな方のために作った
GA4データポータルレポートです

【1】Googleアナリティクスの見方・使い方が分からない方
【2】Googleアナリティクスの分析・操作を面倒に感じている方(ログインすら辛く感じる方)
【3】報告の度に手作業でアクセス解析レポートを作成している方