Googleの推奨する構造化データを理解してSEO対策

この記事はプロモーションが含まれています。

構造化データとは、WEBページの構造を検索エンジン(Google)によりわかりやすく伝えるためにHTMLにマークアップする専門のコードのことです。構造化データをマークアップするには、構造化データに関するガイドラインに準拠することです。このガイドラインに準拠しないとリッチリザルトに表示されない。マークアップした構造化データーがスパムと認識されてサイトの質が落ちることもあります。

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、検索エンジンにページ内容を正確に理解・評価してもらうようにHTMLコーディングやコンテンツでページを最適化し、検索順位向上を目指すことです。

構造化データとは

構造化データとは、ページの情報やデータを一定の規則(構造)に従って記述し、それらのデータに意味を付加することです。構造化データを適用することで、インターネット上の情報を単なるデータの集合から知識のデータベースに進化させることが可能になります。

Google は「schema.org」、「Microformats」、「Microdata」、「RDFa」、「データ ハイライターでタグ付けしたデータ」の5種類の構造化データを認識するとしています。

メリットデメリット
検索エンジンがコンテンツを理解しやすくなるのでindexが促進される専門知識が必要
検索結果にリッチリザルトが表示される実装に時間がかかる
構造化データのメリット・デメリット

構造化データは schema.org で定義されている属性と属性値から選択してマークアップ、マークアップできる形式は以下の3つになります。

  • JSON-LD(Google推奨)
  • micto data
  • RDFa

構造化データに関するガイドライン

構造化データの利用例として「リッチリザルト」があります、Google がページ上の構造化データを認識すると検索結果にクチコミの評価や件数、平均的な価格帯等を表示できるようになります。Google が構造化データを検出しているか、狙い通りに検索結果に表示されているかは、Google ウェブマスターツールのリッチリザルトテストで確認することができます。

※リッチリザルトとは? リッチリザルトとは検索結果画面上でより多くユーザーに情報を届けるためにGoogleが提供している機能です。 通常の検索結果では、タイトルを含む青色リンクとスニペット、URLを含む塊が表示されます。 (下図参照) これだけではユーザーにとって情報が不十分だと判断される検索KWの場合、検索結果画面に追加で情報が表示されます。 これをリッチリザルトと言います。 以前はリッチスニペットやリッチカードという表現もありましたが、現在はリッチリザルトで全ての表記が統一されています。 例えば、「結婚指輪」で検索をすると結婚指輪に関する“よくある質問“について、質問と回答がスニペットの下に表示されているページがあります。

SEOに強い有料WordPressテーマ

WordPressテーマには、テーマディレクトリからダウンロードして利用できるものの他に、無料で公開されているもの、WEB制作会社等から販売されているものがあります。有料テーマを利用するメリットには以下のものがあります。

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットの機能が充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

【PR】

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

  • 開発・販売は、フィット株式会社
  • ランキングサイト・口コミサイトなどが簡単に作れる、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  • ブロガー、メディア、オウンドメディア

EmanonはWeb集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。企業サイトやビジネス用メディアブログなどの利用に適しています。

  • 開発・販売元は、株式会社イノ・コード
  • 利用ユーザーは、中小企業・士業・コンサルタント・個人事業主
  • web集客に必要な機能を搭載
  • 用途は、企業サイト・ビジネス用メディアブログ