ファンキーレイティングはキーワード出現率チェックができるSEOツール

「ファンキーレイティング [FunkeyRating]」は記事内のキーワード出現率をチェックできるツールです。キーワードの出現率は過去のSEOにおいて注目された手法です。記事内のキーワードの調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、無視していいかというとそうではなく、詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。「ファンキーレイティング」で過剰に詰め込まれたキーワードを見つけることもできます。

「ファンキーレイティング」の概要
ファンキーレイティング SEOツール

「ファンキーレイティング」の概要

記事内のキーワードの出現率を調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、出現率を無視していいかというとそうではなく、キーワードの詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。

「ファンキーレイティング」使い方

「ファンキーレイティング」を開いたら出現率を確認したいサイトのURLを入力し、キーワードを入力します(同時に3つまで指定可能)。%を指定したい場合はキーワード右横で指定することができます。指定が終了したら「チェック」ボタンをクリックします。チェック結果には、title,discription,keywords,H1の内容が表示されます。不自然な点がないか確認しておきましょう。下部には出現率の高いものから一覧が表示されています。ターゲットは上位3つに位置している方が上位表示の可能性は高くなります。注意点は出現率を無理に調整しようとすると不自然な文章になってしまい逆効果になることがあるということです。

  • URLによる記事の直接チェックとテキストによる出現率チェックができるようになっています。
  • 詰め込みを回避できる

「ファンキーレイティング」で過剰なキーワードを見つける

キーワードは施策を行う上で最も重要なものの一つでしょう。検索結果のランキングや集客率など様々ものに影響を与え、頭を悩ませるものです。

  • 詰め込み過ぎは、繰り返しキーワードを記述したりして、文法的におかしな日本語になっていることを示します。
  • フッターやサイドバーに地域名などを羅列する。
  • 見出しタグ、H1やH2を過剰に使う。

過剰なキーワード出現率にしないためには、文脈を意識した文章に、適切に含ませ見出しを配置していくということになります。詰め込みや出現率が重要視されたのは検索エンジン初期のもので、現在ではAIによる評価が主になったため文脈の構造を意識することが効果がでることがあります。

キーワードの関連性を高める共起語

共起語とは、検索クエリ(キーワード)に合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これには詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されることになりました。このシステムに対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。

記事内のキーワードの出現率を調整することで上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在出現率の調整は比重が低いものになっています。しかし、出現率を無視していいかというとそうではなく、詰め込みスパムや配置などには気を配ることがおすすめです。

ファンキーレイティングの他に使いたいツール