検索順位が下がってしまった時の原因の見つけ方

ある日突然 検索順位 が下がってしまった。どうすればいいのか?ブログやサイトを運営していれば一度は経験されたことがあるのではないかと思います。年間数回行われるGoogleのアルゴリズムアップデートの順位降下は一夜にして検索順位が下がりアクセスが激減するすることがあります。しかし、多くのサイトでは 数週間で徐々に回復することもあります。原因をつかみ、適切に対処することで検索順位を回復させましょう。

検索順位が下がる原因

検索順位が下がる原因としてはアルゴリズムアップデートの他にもいくつか挙げられます。その多くはGoogleにブログやサイトが上位に表示する価値が低下してると評価されてしまったといえるようです。

  1. Googleの手動ペナルティを受けた
  2. 不適切なリンクがある
  3. 過剰なSEOをしている
  4. アップデートや更新をしていない

1.の Googleの手動ペナルティを受けた場合は、担当者がブログやサイトを確認し、品質に関連するガイドラインに違反していると判断され順位を降下させています。

2.ブログやサイトに不適切なリンクが一定数挿入されている場合にも検索順位が下がることがあります。不適切なリンクとは関連性のないブログやサイトへのリンク、過剰な相互リンクなどです。

3.過剰なSEOとは、検索順位を上げるためにページタイトルに必要以上にキーワードを詰め込んだり、文字数や単語数を多くするために関連のない文章を書いたりすることです。

4.のアップデートや更新をしていないは、CMSなどでシステムの更新を忘れてしまい表示スピードが遅くなったり、セキュリティの安全性が著しく損なわれている場合です。

検索順位が下がった原因を調べる

検索順位が下がったかなと感じたら、前述の項目に該当していないかチェックしていきましょう。やみくもに手を入れると事態を悪化させる場合もあるので、じっくりと検証することが大切です。

  1. Googleの手動ペナルティを受けた
  2. 不適切なリンクがある
  3. 過剰なSEOをしている
  4. アップデートや更新をしていない

Googleの手動ペナルティを受けている場合は、Googleガイドライン を確認し、違反箇所を改善し再審査リクエストをGoogleに送ります。認証された場合にはペナルティが解除されます。但し、回復にはかなりの時間が必要になるので、ガイドラインに沿った記事を書くことを心がけましょう。

不適切なリンクが自サイトにあった場合はリンクを削除します。外部のサイトからの被リンクも同じことが言えますのでGoogleアナリティクスやサーチコンソールを使って被リンクを調査します。被リンクの連絡先があるようなら削除依頼をして削除してもらいましょう。(一定数の被リンクということで少数の被リンクはあまり気にする必要はないでしょう。

「SEOラボ」は順位変動やアルゴリズム等の情報満載

SEO情報を提供されている「SEOラボ」のご紹介です。サイトではブログ形式で準変動やアルゴリズムなどの情報が公開されています。SEOはこれが正しいという情報はないといえます。自サイトの内容に応じて対策を試行錯誤することが求められ、間違った手法を採用しても徒労に終わってしまいます。

検索順位チェック 300でYahoo,Google,Bingを一括チェック

検索順位チェック 300(SEOツール)はGoogle、Yahoo、Bingをチェックすることができます。チェックするサイトのURLと検索クエリを入力後Checkボタンをクリックすると検索順位が表示されます。Google、Yahoo、Bingをチェックすることができます。

検索順位が上がらない時のSEO内部対策

定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。ここでは、原因の一つとして内部SEO対策について考えてみます。

SEO分析・調査ツールは順位変動推移を知ることができる

SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できます。分析結果によってサイトの様々な状況を把握することができます。

SEOツール

    SEOでしなければならないこと

    SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすためで、サイトの成果を向上させる施策です。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。

    SEOで最も大切なのはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

    2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

    • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求される。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作る。
    • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
    • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

    検索エンジン最適化とは、検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。