SEO対策に効果的なWordPressの投稿と固定ページの構造

SEOに効果的なWordPressの投稿と固定ページの構造

SEOに効果的なWordPressの構造とは、投稿はカテゴリーとタグによってグループ化されます、これに対して固定ページは親と子でグループ化されるようになっています。SEOの観点から言えばカテゴリーと親ページには、競合度の高いキーワードで構成することが望ましいといえます。

SEOに効果的なWordPressの構造

SEOに効果的なWordPressの構造
SEOに効果的なWordPress

WordPressは当初ブログを運用することを主として開発され、その後CMS(コンテンツマネジメントシステム)として進化してきました。ブログは時系列で、日々新しい情報が追加されていきます。この日々の情報は、「投稿(Post)」で公開され、カテゴリーやタグによってグループ化されます。サイトの運営者の情報やコンタクト情報は普遍的な情報のため変化が少ないため固定ページに公開されます。

全てを固定ページや投稿だけで公開することもできますが、サイトの管理上現実的でないといえます。それは、固定ページには投稿のようにカテゴリーやタグによる関連付け(グループ化)の概念がなく(カスタマイズすれば固定ページでも可能ですがお勧めはできません)多くの情報をわかりやすくすることがちょっと難しいといえます。投稿では時系列で多くの情報を取り扱うことができますが、固定ページのようにページを並び替えることが簡単にはできません。

固定ページはカテゴリーやタグによるグループ分けはできませんが、親・子関係でグループ分けすることができるようになっています。親・子関係はサイドメニュー等にグループ化して表示されることができるのでユーザーわかり易くコンテンツを構成でき、サイト内の回遊を促すことに繋がります。

投稿のカテゴリーとタグの使い方

投稿は1つ以上のカテゴリーに属することが決まりとなっています。これに対してタグはこのような決まりはありません。では、投稿のカテゴリーとタグはどのように使い分ければよいのでしょうか?

カテゴリーは、1つのページに複数のカテゴリーを指定することができ、複数のグループに属することができ、親と子の関連性も構築することができます。カテゴリーを指定すると、カテゴリーページにグループの1ページとしてリンク付きで表示され、パンくずにもカテゴリー名として表示されユーザー訴求することができます。但し、複数のカテゴリーを指定してもパンくずに表示されるのは1つだけなるので注意が必要です。

カテゴリーは親・子関係で構築することができるので、親に競合の高いキーワード、子に親と組み合わされて使用されるワードを自然に組み合わせると効果に期待が持てます。

タグは、カテゴリーを横切ってグループ化できるのでカテゴリーを横に結びつけることができるイメージになります。

カテゴリーとタグの使い方に迷ったら、アクセスログを見直してカテゴリーページとタグページが閲覧しているかを確認すると良いでしょう。思ったより閲覧されていないなら、思い切ってシンプルな構成にされるのも一つの手法でしょう。

【まとめ】カテゴリーは縦のグループ化を意識し、タグは関連性の高いページを横に結び付ける

SEOで重要なこと

SEOとは、検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、サイトの成果を向上させる施策のことです。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整します。

SEOで最も大切なことはキーワードの選定と検索エンジンの評価になります。どんなコンテンツが評価されているのか(ユーザーが求めている情報なのか?)を探り出し、ユーザーがこの情報を検索するためにどのようなキーワードを利用しているのかを探しだすことです。

SEOでしなければならないこと

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  • 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求されること。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作ること。
  • 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  • 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられることもあります。変化に対応するサイトの運用に配慮することも大切です。

検索エンジン最適化とは

検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整を意味します。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジマーケティングとあわせて用いられる場合も多い。ユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供が大前提になります。

定期的に記事を公開しているのに検索順位が上がらない、アクセスが増えないと悩んでいませんか?原因としてはいろいろ考えられるものがあると思いますが、原因を特定するのは困難なものです。

>>続きを読む

SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できます。分析結果によってサイトの様々な状況を把握することができます。

>>続きを読む

Googleは2015年10月にAI(Artificial Intelligence=人工知能)タイプの検索エンジン用アルゴリズム RankBrain を公表しました。

>>続きを読む