WordPressのdiscription を記述しないとどうなるのか

WordPress の discription はテーマの抜粋やSEO系のプラグインを利用して記述することがほとんどですが、記述しないとどうなるのでしょうか?

SEO

多くのテーマでは抜粋に記述された文章から引用されdiscription タグが生成されます。抜粋が空白の場合には、ページの先頭から引用される仕様になっています。

discription タグがないとどうなるか

discription タグは従来 SEOに重要な要素とされ、ランキングに影響を与えることもあったようです。しかし、今日ではランキングにはほぼ影響ないようです。

実際に 100Page以下のサイトで discription にキーワードを配置したものを削除して順位や訪問者数、サーチコンソールの表示回数をしてみても大きな変化は見つけることができませんでした。

discription タグ が記述されていても、Googleはその内容がページの内容と一致する文章を引用することもあります。 また、discription タグは Googleの検索結果に Page Title 下に補足として表示されることもあり、重要視されていましたが、こちらも大きく変化しています。入力されたクエリにマッチするようページ内の文章から抜粋されて引用されスニペットとして表示されるようになっています。

スニペットも少し前には、モバイルとPCで文字数が異なっていましたが、現状ほぼ同じ文字数になっているようです。検索結果をチェックしてゆくのは、結構労力を消費します。このことからもページ内のライティングを重視した方が効率がよいのではないでしょうか。

ただし、抜粋はテーマによって異なることもありますが、アーカイブ等のページで説明文として引用されるので、たとえ discription として利用しなくても必要な場合はあるといえますので、利用のテーマをチェックしてください。