RSS Antenna(WordPressプラグイン)でRSSフィードを出力して検索エンジン最適化

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいものなってしまいます。RSS Antennaは自サイトや他のサイトを投稿や固定ページに読みやすく表示してくれます。

RSS Antenna

  • RSS Antenna
  • https://wordpress.org/plugins/rss-antenna/
  • Hideki Tanaka
  • 必須WordPressバージョン4.0
  • 【検証済みバージョン】4.8.7
  • 【アクティブなインストール数】6000+
  • 表示する記事を1件から30件まで設定できます。
  • 記事の抜粋、画像のサムネイルを表示することができます。
  • 広告記事を表示しない機能があります。

RSS AntennaはRSSフィードを利用してアンテナサイト(とりまとめサイト)が作られています。主にアフェリエイトサイトが利用しているようですが、SEOの面からはあまりお勧めできるものではありません。SNSを使って拡散させ流入を確保する手法が採用されているものです。しかし、集客を目的とせず、複数のブログを運用していて、更新情報をまとめてお知らせしたい場合などのには便利なプラグインと言えます。

使い方

「RSS Antenna」の使い方は、インストールして有効化、下図の設定を行い。更新情報を表示したいところに、ショートコードを埋め込むだけです。RSS Antennaの設定にすすむにはダッシュボードから 設定 → RSS Antenana設定と進めます。

注意点

自サイトのコンテンツの一部にも使うことができますが、「キュレーションサイト」とみなされるリスクが発生します。個人用の記録ページという使い方をして、ペナルティを受ける可能性もあるので、「非公開ページ」もしくは  noindex をメタタグに入れておくとよいかもしれません。

検索の意図を反映する検索エンジン最適化

検索順位を上昇させるには、検索の意図に沿ったページを作ることが重要なことだとSEO情報サイトでは取り上げられています、Googleも同様にアナウンスしています。では検索の意図とはどのようなものでどうすれば導き出せるのでしょうか。Googleは人間が見て重要だ、必要性が高い、と感じるものを上位に表示する、と言う基本路線を持っています。そのため、テクニックや被リンクでの上位表示と言うのは本筋ではなく、検索の意図を踏まえて、本来人間が読んで必要だと感じてもらえるページをしっかり提供していくことが、今後はより一層重要になってきます。

検索順位を決める検索の意図とは

検索エンジンを利用する多くのユーザーは知識や情報を知るためだったり、疑問を解決したりする為に検索をします。このとき利用されるキーワードにそれぞれの検索の意図が隠れているというのです。実際にGoogleで検索して確認してみましょう。例として、キーワード「石鹸」の検索結果を見てみましょう。

ページタイトルを見ると以下のように「石鹸」について解説したページや石鹸の通販をしているサイトが検索結果として返されています。

  1. 石鹸 – Wikipedia
  2. 「石鹸」って何
  3. 固形せっけん | Amazon
  4. ・・・・

どうやらキーワード「石鹸」に隠された意図とは、石鹸について解説されたページが見たい、「石鹸」を通販しているページを見たい・知りたい・探したい・買いたい、ということになるようです。そして、ここには石鹸で知られている企業、花○石鹸や牛○石鹸のページが表示されていないようです。前述は会社名に石鹸とついていますが、このキーワードには有利にならなくなってしまったようです。これも検索の意図から発想すれば理解できます。石鹸は会社の情報を探すという意図はあまり含まれていないだろうという判断ということです。もう一つ注目してほしいのは、「石鹸」って何のページです。ページ前半はページの前半は解説になっていますが、ページ後半の内容は少し違うようです。

検索の意図をどう利用すべきか

企業は自社製品の販売や問い合わせ獲得が目的です。そのためページを作るときは、ユーザーが利用するキーワードに隠れた意図とコンテンツを深く関わらせておく必要があります。企業ユーザーは自社の業務で何らかの問題に悩み、検索エンジンを利用して解決の糸口を探しています。サイトで問題解決の糸口を見つければ何らかの行動を起こす可能性は高くなります。

検索結果の順位を決定する検索エンジンの評価基準はサイトがユーザーの質問に答える情報なのかを最重要視しています。キーワードに含まれる「これがわからない」「これが知りたい」「こんなものが欲しい」「いくらぐらいするのだろう」といったユーザーが入力するキーワードに隠れている目的や真意を検索エンジンは評価基準にしているのです。検索結果の露出を多くしたいのならばキーワードの評価基準に合ったコンテンツにすることです。

「アクセス(訪問者)が少ない」には以下のような原因があります。

  • 検索エンジンに上位表示されていない
  • ホームページのページ数が足りない
  • キーワードを意識したページ作りになっていない
  • キーワードを調査しないでページを作っている

プラグインに関連する記事

mypace Custom Title Tag(WordPressプラグイン)でタイトルを書換てSEO

mypace Custom Title Tagは、WordPressのページ(投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプの投稿)のタイトルタグを変更してくれるとてもシンプルなプラグインです。タイトルtagを変更してくれるプラグインにはAll in one SEO…

Broken Link Checker(WordPressプラグイン)でリンク切れをチェックして検索エンジン最適化

リンク切れはクローラーの巡回に悪影響を与えたりユーザーの利便性を損ねたりします。サイトのページ数が多いと手作業でリンク切れをチェックするのは大変です。「Broken Link Checker」は、リンク切れをチェックし知らせしてくれたり、修正してくれたりし…

RSS Antenna(WordPressプラグイン)でRSSフィードを出力して検索エンジン最適化

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいものなってしまいます。RSS Antennaは自サイトや他…

RSS Antenna(WordPressプラグイン)はRSSフィードはSEOで注意

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいものなってしまいます。RSS Antennaは自サイトや他…