「Luxeritas」を検索エンジンに最適化する

LuxeritasはLuxeritasは、検索エンジン最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料のWordPressテーマです。特にカスタマイズは高機能で細かいところまでカスタマイズでき、プラグインの追加なしでサイトを構成できます。(この記事はVer3.3.6を基に書いています)

Luxeritasの概要

「Luxeritas」を検索エンジンに最適化する

「Luxeritas」は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料のテーマです。特にカスタマイズは高機能で細かいところまでカスタマイズでき、プラグインの追加なしでサイトを構成できます。多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。



「Luxeritas」のカスタマイザー

サイト基本情報
  1. サイトのタイトル
  2. キャッチフレーズ
グリッドレイアウト
  • リスト型トップページ(通常スタイルかタイル型)
  • カテゴリー(通常スタイルかタイル型)
  • アーカイブ(通常スタイルかタイル型)
  • タイル型の並び順(サムネイル・タイトル・メタ情報を並び替えることができる)
  • 記事一覧の抜粋の文字数と色濃度を指定できる
  • 記事を読むを通常スタイルとタイル型で変更できる
カラム操作
  • 1~3カラムで選択できる
  • フロントページ、投稿ページ、固定ページ、カテゴリー・アーカイブをそれぞれカラム数を指定ができる
  • サイドバーの位置を2/3カラムによって指定できる
  • 領域の分離と結合が指定できる
ヘッダー・フッター タイトルの位置・余白・ヘッダーの位置・フッターの位置を指定できる
コンテンツ領域とサイドバー
  • コンテンツ領域に枠線をつけたり余白を指定できる
  • サイドバーウィジェットの幅や位置を指定できる
ディスカッション
  • 投稿ページ(コメント表示・トラックバックURLを表示できる)
  • 固定ページ(コメント表示・トラックバックURLを表示できる)
  • コメント一覧の表示方法
細部の見た目
  • ヘッダーのキャッチフレーズを変更できる、デフォルトのキャッチと別のものにできる
  • ホームのテキスト
  • Page Topのボタンのテキストを変更
メタ情報の表示位置 記事タイトル下と記事下のメタ情報を表示させることができる。(投稿日時・更新日時・カテゴリ名・タグ表示タクソノミー)
サムネイル(アイキャッチ)
  • サムネイルの表示と非表示の切り替え
  • 画像に対するテキスト(抜粋の配置)
  • サムネイルの表示サイズ(独自のサムネイルの場合)
文字種(フォントファミリー) ローマ字フォントと日本語フォントを選択できる
文字サイズ ページ内の各文字サイズを指定できる
文字色 リンク色やリンクホーバーの色を指定できる
背景色・枠線色 コンテンツ・サイドバー・ヘッダー・フッター・コピーライトなどの背景色・枠線色を指定できる
背景・タイトル・ロゴ画像 サイトのタイトルを画像にしたり、ワンポイントロゴ画像をサイトのタイトルの左に表示したり、サイドバー背景画像、ヘッダー背景画像等を設定することができる。
パンくずリンク リンクの配置・余白・文字色・背景色を設定できる
ヘッダーナビ(グローバルナビ) グローバルナビの位置、モバイルメニューの種類、スクロール固定、横幅の大きさなどを指定できる
ヘッダー上の帯状メニュー 表示や横幅、帯状メニューの外観、検索ボックスの文字色・背景色、フォローボタンの表示方法を指定できる
目次 投稿内の見出しタグに基づいて目次を作成できる
アニメーション サムネイル、SNSシェアボタン、ヘッダーナビのアニメーション効果を有効にすることができる
Lazy Load(画像の遅延読み込み) サムネイル・コンテンツ・サイドバーの画像をそれぞれ指定できる
画像ギャラリー 画像ギャラリーの種類を指定することができる
外部リンク 外部リンクの属性を指定することができる
投稿者名の表示 投稿者のリンク先ページを指定できる
ブログカード ブログカードの有効化と設定ができる
SNSシェアボタン SNSシェアボタンの種類と配置などを設定できる
SNSシェアボタン(2) 記事上と下の各ボタンの表示・非表示ができる

「Luxeritas」の検索エンジン最適化

検索エンジン最適化とは、検索エンジンの検索結果で自サイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。サーチエンジン最適化や検索エンジン対策とも呼ばれ、検索エンジン最適化、検索エンジマーケティングとあわせて用いられることも多い。検索エンジン最適化はユーザーが求める情報を見つけ出すために利用するキーワードを見つけ出し、キーワードに対して適切なコンテンツとして提供することが大前提になります。

コンテンツSEOで「Luxeritas」を最適化する

「Luxeritas」を検索エンジンに最適化するにはコンテンツSEOでページを最適化しておく必要があります。

コンテンツSEOはページの品質向上とリンク構造で最適化

コンテンツSEOは検索エンジンの自然検索エリアに上位表示するために、サイト内のコンテンツや構造をユーザーと検索エンジンに利用しやすいように最適化することです。上位表示を成し遂げるには、質の高いコンテンツを作り、サイト構造の最適化、ユーザーインターフェースの最適化を行い、被リンクを獲得することです。弊社のご提供するコンテンツSEOはお客様に代わってWordPressのコンテンツの修正や作成、内部構造・ユーザーインターフェースの最適化をするものです。


SEOライティングで「Luxeritas」を最適化する

SEOライティングで自然検索エリアに上位表示する

SEOライティングは検索エンジンにコンテンツを適切に評価させ、自然検索エリアに上位表示されやすくするための記述手法です。meta要素(discription,keyword,title,robots,canonical等)やタイトルタグをSEOライティングで最適化することで上位表示につながります。SEOライティングは文章を美しく整える為のものではなく、WEBページとして検索エンジン最適化に必要な記述手法です。


「Luxeritas」のコンテンツSEOをチェック

作成したページが正しく評価されるかチェックすることができれば修正点などが判断しやすくなります。

SEOチェックツール・高評価を使って検索エンジン最適化

「SEOチェックツール・高評価」は、検索エンジンから高評価を得るためのコンテンツ作りに役立つSEOチェックツールです。サーチエンジンから流入させたいのなら評価の高い(品質のよい)記事が必要と言われていますが、自分での評価はランキングアップには効果が出ません。「SEOチェックツール・高評価」を利用すれば、各項目を数値化してくれるので修正の指針を見つけ出すことが容易になります。

「Luxeritas」のページにキーワードを詰め込むとペナルティ

キーワードの詰め込みは過剰なSEOになる

ページ内に過剰にキーワードを詰め込むとユーザーの利便性を低下させ、サイトのランキングの低下を招くことがあります。有用なコンテンツを提供するためには文脈にあった適切なキーワード記述が必要です。


まとめ

「Luxeritas」を検索エンジンに最適化する

LuxeritasはLuxeritasは、検索エンジン最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料のWordPressテーマです。特にカスタマイズは高機能で細かいところまでカスタマイズでき、プラグインの追加なしでサイトを構成できます。(この記事はVer3.3.6を基に書いています)