AIOSEO NEW Ver.4.0.x.xダッシュボードの内容

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)のダッシュボードには、検索の外観・SEO分析・ローカルSEO・ソーシャルネットワーク・ツール・サイトマップの設定項目があり、自分のサイトのSEOに必要なものを設定することができます。

「AIOSEO」 NEW Ver.の概要

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)は、2007年に開始されたオリジナルのWordPressSEOプラグインです。200万人を超えるスマートウェブサイト所有者がAIOSEOを使用してWordPressSEOを適切に設定しているため、検索エンジンでウェブサイトのランクを上げることができます。

プラグインの名称 AIOSEO
バージョン 4.0.x.x
最終更新日 3週間前(2021年5月)
有効インストール数 2百万以上
WordPressバージョン 4.9以上
検証済み最新バージョン 5.7.2
PHPバージョン 5.4以降
言語 全56言語

「AIOSEO」のダッシュボードでできること

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)のダッシュボードには、検索の外観・SEO分析・ローカルSEO・ソーシャルネットワーク・ツール・サイトマップの設定項目があり、自分のサイトのSEOに必要なものを設定することができます。

  • 検索の外観
  • SEO分析
  • ローカルSEO
  • ソーシャルネットワーク
  • ツール
  • サイトマップ
AIOSEOのダッシュボード

検索の外観

検索の外観は、SEOに関連する「全体設定・コンテンツタイプ・タクソノミー・画像SEO・アーカイブ・高度な設定」ができるようになっています。

AIOSEOのダッシュボード・検索の外観

設定できる内容は以下のようなものです。

【全体設定】

  • ページタイトルの区切り文字
  • ホームページ(サイトのトップページ)のPage Title
  • 同メタディスクリプション
  • ナレッジグラフ(Googleの検索結果に表示されるナレッジグラフカードのこと)

【コンテンツタイプ】

コンテンツタイプでは、投稿と固定ページの「タイトルと説明、スキーマ―マークアップ、カスタムフィールド、高度な設定」ができます。スキーマ―マークアップ、カスタムフィールド はAIOSEO Proユーザーのみが利用できるようになっています。

【タクソノミー】

タクソノミー(投稿や固定ページとは別にグループ化したページ・企業サイトではお知らせページとか)のページタイトルとディスクリプションを利用するかとロボットのメタ情報を設定することができます。

【画像SEO】

画像(メディア)の添付ファイルのURLをリダイレクトする場合の設定ができます。(添付ファイルとは「添付ファイルの詳細」において、「添付ファイルのページを表示」と「さらに詳細を編集」というリンクを開いたページを指します。)

【アーカイブ】

アーカイブページを検索エンジンに検索エンジンにインデックスさせるか否かを設定します。あと、ロボットのメタ情報も設定できます。アーカイブページは検索エンジンにインデックスさせると、内容によっては重複コンテンツとされることもあるので、注意して設定しましょう。

SEO分析

AIOSEO SEO分析

この機能は、AIOSEO のフリーアカウントが必要になっています。

ローカルSEO

AIOSEOのダッシュボード・ローカルSEO

この機能は、AIOSEO Proユーザーのみが利用できるようになっています。

ローカルビジネススキーママークアップを使用すると、会社名、住所、電話番号、営業時間、価格帯など、ビジネスについてGoogleに伝えることができます。この情報は、ナレッジグラフカード・ビジネスカルーセルとして表示できます。

ソーシャルネットワーク

AIOSEOのダッシュボード・ソーシャルネットワーク

SNSを運営している場合はプロファイルのURLを設定できます。ソーシャルネットワークの内容によっては権威性に繋がる可能性もあります。

【ツール】

AIOSEOのダッシュボード・ツール

ツールでは、Robots.txtエディタ、.htaccessエディタ、インポート/エクスポート、データベースツールがあります。

robots.txt ファイルは、クローラがどのページやファイルをサイトからリクエストできるか、またはできないかを検索エンジン クローラに知らせるものです。これは主に、サイトでのリクエストのオーバーロードを避けるために使用され、Google にウェブページが表示されないようにするためのメカニズムではありません。Google にウェブページが表示されないようにするには、noindex ディレクティブを使用するか、ページをパスワードで保護する必要があります

「AIOSEO」のまとめ

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)のダッシュボードには、検索の外観・SEO分析・ローカルSEO・ソーシャルネットワーク・ツール・サイトマップの設定項目があり、自分のサイトのSEOに必要なものを設定することができます。

All in One SEO PackはSEOの定番プラグイン

「AIOSEO」に関連する記事
AIOSEO

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)は、2007年に開始されたオリジナルのプラグインです。200万人を超えるスマートウェブサイト所有者がAIOSEOを使用してSEOを適切に設定しているため、検索エンジンでウェブサイトのランクを上げることができます。

「AIOSEO」に関連する記事
All in One SEO Pack

All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールするとWordPressのSEOに重要な重複コンテンツを回避する「noindex」やクロールに有効的なsitemap.xmlの送信を設定することができます。また、All in One SEO Packは記事ごとにタイトルやディスクリプション(抜粋)を細かく指定でき、WordPressをSEOするのに重要な部分を一括して管理することができます。WordPressのSEOは今でも重要な要素です。リスティング広告やSNSだけではリーチできないユーザーが発生するためです。

「AIOSEO」に関連する記事
All in One SEO Pack

「All in One SEO Pack」の「タイトル設定」です。All in One SEO Packの「タイトル設定」では、「タイトルを書き換える」を有効にすることでページごとにAll in One SEO Packで書き換えることができるようになります。WordPressは標準でページ編集画面の項目に入力された文字列がタイトルタグとH1タグに採用されます。SEO対策の中でも最も重要なものです、変更することで逆効果になってしまうことがありますので十分注意して設定してください。

「AIOSEO」に関連する記事
All in One SEO Pack

「noindex」は検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようにページのヘッダーに設置するSEOの手法の一つです。低品質なページとは検索クエリに対してインデックスに表示しても参考にならないようなページを指します。WordPressではカテゴリーやタグの2ページ目以降のページなどがこれに当たります。ページのタイトルが同じでページのインデックスになっているため情報が薄いとされてしまいます。重複コンテンツとされる可能性もあるため「noindex」としておくことがリスク回避になります。

「AIOSEO」に関連する記事
All in One SEO Pack

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにWEBサイトの内容を伝えてくれる「xmlサイトマップ」を自動で作成してくれます。検索エンジンのクローラーの巡回を促すために作成するものです。サイトマップを作製したからとサイト内のリンク構造を疎かにすると効果を発揮しない点にご注意ください。(サイトマップにはあってもリンクが1個もない場合はほとんど登録されることはありません)