AIOSEOでページタイトルとdiscription(抜粋)を記述する検索エンジン最適化

AIOSEOでページタイトルとdiscription(抜粋)を記述する検索エンジン最適化

AIOSEO でサイトのトップページにページタイトルとdiscriptionを記述できます。テーマによっては独自に設定できる機能が付加されているテーマもありますが、AIOSEO で設定しておくとテーマを着せ替えたときに思ってもみないタイトルになっていた、などを防ぐことができます。

WordPressデフォルトの抜粋はdiscriptionに引用さることも多く、またGoogle検索けっかのスニペットとも大きく関連していましたが、特に2020年ころから検索エンジンはアップデートを繰り返し、ページ内からクエリに適したスニペットを表示する方向に切り替えています。あまり抜粋やdiscriptionに注力し過ぎず、ページ内の文章を整えらる方が効果がでるかもしれません。

ただし、抜粋はアーカイブページ等の説明分として引用されるので、アーカイブページからのサイト内回遊をターゲットにするなら適切な文章が必要でしょう。(抜粋を空白にした場合は、ページ先頭部から一定の喪に数が引用されます。)

SEO視点だけならば、入力しなくて問題はない。

*過去にはGoogleはdiscriptionの記述を推奨していました。

AIOSEO NEW Ver.の概要

AIOSEO NEW Ver(All in One SEO for WordPress)は、2007年に開始されたオリジナルのWordPressSEOプラグインです。200万人を超えるスマートウェブサイト所有者がAIOSEOを使用してWordPressSEOを適切に設定しているため、検索エンジンでウェブサイトのランクを上げることができます。

プラグインの名称AIOSEO
バージョン4.0.x.x
最終更新日3週間前(2021年5月)
有効インストール数2百万以上
WordPressバージョン4.9以上
検証済み最新バージョン5.7.2
PHPバージョン5.4以降
言語全56言語

タイトルとdiscription【AIOSEO】

「AIOSEO」でサイトのトップページにページタイトルとdiscriptionを記述します。テーマによっては独自に設定できる機能が付加されているテーマもありますが、「AIOSEO」で設定しておくとテーマを着せ替えたときに思ってもみないタイトルになっていた、などを防ぐことができます。

トップページを編集モードで開くと下部に「AIOSEO 設定」が表示されているはずです。(表示されていない場合は表示オプションの「AIOSEO 設定」にチェックを入れます。)

AIOSEOでページタイトルとdiscription(抜粋)を記述する検索エンジン最適化

固定ページタイトルには文字を直接記述することもできますが、タグを使って簡単に設定することもできます。タグ「固定ページタイトル」をクリックすると、編集画面のタイトルがPage Titleに採用されます。

メタ説明も同様にタグを利用できます。「固定ページ 抜粋」をクリックするとデフォルトの抜粋がdiscriptionに採用されます。もちろん直接入力することも可能です。

トップページのタイトルとdiscriptin

トップページのタイトルは何を記述するのが望ましいのでしょうか?企業サイトでは企業名のみを記述しているケースも見られますが、アフィリエイト等のサイトではキーワードを含めてサイト全体を表すものが望ましいようです。discriptonは近年Googleでは常に内容が変更されて、長さも変わってきています。過去にはPC(ディスクトップ)が文字数が長いとされていましたが、今ではそうでなくなっていることもあります。