SEOで使いたいキーワード関連のオンラインツール

この記事はプロモーションが含まれています。

キーワードの難易度を知る

Screenshot of seopack.jp

キーワード難易度SEOツール

キーワード難易度チェックSEOツールを使ってSEOの難易度をチェック。キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードに狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

キーワード出現率チェック

Screenshot of ohotuku.jp


キーワード出現率チェック

キーワード出現率チェック はWEB上に公開されているページのキーワード出現率をチェックしてくれるSEO役立ちツールです。キーワードの出現率を調整することでランキングアップが望めるわけではありませんが、詰め込みはペナルティ対象となっていますので注意を払うことは必要といえます。ユーザと検索エンジン最適化(SEO)の両面で、ページタイトルはとても重要です(グーグルの検索結果では、検索語と一致するキーワードが太字で表示され、利用者がひと目でわかるようになっています)。

ファンキーレイティング

Screenshot of funmaker.jp

ファンキーレイティング

ファンキーレイティング [FunkeyRating]は記事内のキーワード出現率を確認できるSEOツールです。この手法は過去において注目された手法です。記事内の単語数の調整すれば上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在この調整は重要度が低いものになっています。しかし、無視していいかというとそうではなく、詰め込みスパムや配置などには気を配りましょう。「ファンキーレイティング」で過剰に詰め込まれたキーワードを見つけだせます。

共起語分析ツール

Screenshot of contentsearch.jp

共起語分析ツール

共起語とは、検索クエリに合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されることになりました。このシステムに対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。

SEOツール

SEOツールとはSEO対策に必要なデータや情報が得られるツールのことです。検索順位を調査したり、よく使われているキーワードを教えてくれたり、自サイトのSEO状況を示してくれたり種々存在しています。調査できる内容はそれぞれで異なりますし、有料・無料の違いもあります。自力では適切な効果測定をするのが難しい場合や、具体的な改善点を見いだすのが難しいという場合でも、ツールを使えば簡単に把握できるようになります。

無料で利用できるオンラインツールは大変ありがたいものですが、有料で提供されているツールは総合的にSEO対策を支援してくれます。有料のSEOツールを併用することも考えてみてはどうでしょう。


地域SEOに強く、レストラン、クリニック、理髪店、企業サイト等、様々な業種で利用できます。SEOコンサルメニューの一つとしても注目されています。

  • 運営会社は、株式会社セブンアーチザン
  • 内容は、サイト解析で正しいキーワードを見つける、類似サイトを考慮し正しいキーワードを選定、類似サイト解析、ローカルSEO
  • 対象は、ホームページの集客を行いたい、SEOをやりたいが高額で手が出せない、自社サイトから実店舗へ集客を行いたい方

SEO検定は、実際にWEBサイトを運用中の事業主や企業のWEB担当者が知識を習得するのみならず、WEB業界に就職、転職、昇進の際の知識の証明として利用できる資格です。

  • 運営会社は、一般社団法人SEO検定
  • 内容は、SEO技術体系をトータル学習、初心者でもわかりやすいテキスト、テキストと動画で個人の学習スタイルに合わせられる
  • 対象は、SEOの知識と技術を学習したい、WEBサイト担当者として資格が欲しい(転職、就職にも利用したい)、サイトの集客を成功させ、売り上げを成功させたい