SEOを意識したページタイトル(Page Title)の書き方

ページタイトルは利用者と検索エンジンに対しページ内容を的確に伝えるためのものです。ユーザーにはそのページの内容を要させ読みたくなるような文章を、検索エンジンには内容を端的伝えるページタイトルにしましょう。

ページタイトルの役割

ユーザと検索エンジン最適化(SEO)の両面で、ページタイトルはとても重要です(グーグルの検索結果では、検索語と一致するキーワードが太字で表示され、利用者がひと目でわかるようになっています)。Googleはページタイトルがページの内容とマッチしていないと判断した場合は自動で書き換えて検索結果に表示します。よく見られるパターンは、末尾に何らかのワードが追加される、タイトル内の不要と思われる文字が削除される、ページ内の他の見出しが引用されるなどです。

ページタイトルの役割

ページタイトルの大きな役割は以下の2点になるでしょう。

  1. 検索結果に表示されユーザーの読むべきか否かの判断材料になる
  2. 検索順位決定の評価要素になる

WordPressでは固定ページや投稿の編集画面最上部にページタイトルを記述するようになっています。ここに記述された文章が titleタグに使用されます。キーワードを1つ30文字前後の文章内に含ませるように記述しましょう。

WordPressのページタイトル

プラグインを利用してページタイトルを記述

プラグインを利用するとページタイトルを細かく設定することもできます。例えば下図のように「All In One SEO Pack」等のプラグインを利用するとタグを指定することで「区切り文字」や「サイトのタイトル」、「カテゴリー」等を自動で付加させることも可能です。

プラグインを利用してページタイトルを記述

この機能を利用するかどうかは、ユーザーが見た場合にわかり易く伝えることができるかどうかで判断するとよいようです。前述したようにGoogleはページの内容でタイトルを表示させるようになってきましたのでSEOに効果が出るとは言えない機能になりつつあります。

ページタイトルのまとめ

ページタイトルは利用者と検索エンジンに対しページ内容を的確に伝えるためのものです。ユーザーにはそのページの内容を要させ読みたくなるような文章を、検索エンジンには内容を端的伝えるページタイトルにしましょう。

ページタイトルを編集できる【AIOSEO】
AIOSEO

「AIOSEO」でサイトのトップページにページタイトルとdiscriptionを記述します。テーマによっては独自に設定できる機能が付加されているテーマもありますが、「AIOSEO」で設定しておくとテーマを着せ替えたときに思ってもみないタイトルになっていた、などを防ぐことができます。

ページタイトルと同じく重要な見出し
SEO

見出しタグを順位向上に有利にしようと、ページ内に無理に配置すると文脈が崩れてしまい逆効果になることもあります。見出しタグをSEOとして捉えるなら無理に配置したりキーワードを埋め込んだりせず文章の構造化という視点で構成すべきものになっています。

ページタイトルを編集できる【mypace Custom Title Tag】
mypace Custom Title Tag

mypace Custom Title Tagは、WordPressのページ(投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプの投稿)のタイトルタグを変更(SEO)してくれるとてもシンプルなプラグインです。タイトルtagを変更してくれるプラグインにはAll in one SEO Packなどが有名どころですが、mypace Custom Title Tagはタイトルタグを書き換えるだけのシンプルなものです。