Twenty Seventeen(WordPressテーマ)のSEO内部リンクを強化する

Twenty SeventeenのSEOで関連の記事を表示させると内部リンクを補強することができます。デフォルトで関連の記事は実装されていないので、プラグインかテーマをカスタマイズすることになりますが、ここではプラグインでTwenty Seventeenに関連の記事を表示させます。

関連の記事はページ下部でWordPressの投稿に関連する記事をアイキャッチやタイトル、抜粋などを付けて数個表示させるものです。ページの文字数が増えることやサイト内のリンクが増えることでSEOにも効果があることから採用されることが多いものです。元々は関連の製品を表示させることで購買につなげようとECサイトなどで採用されることが多いこともありました。

Twenty Seventeen

Twenty SeventeenはWordPress公式テーマディレクトリから利用できるテーマでシンプルですがそれだけに情報を主体に仕上げることができます。

SEO(内部リンク)を強化するプラグイン「Related Posts」

「Related Posts」は、関連した記事をページにリスト表示してくれるプラグインです。特徴としては、手動で関連する記事を追加できる。関連する記事の見出しとタグを編集可能、表示する記事数を指定できるなどがあります。

  1. Related Posts
  2. 関連した記事をリスト表示してくれる
  3. https://ja.wordpress.org/plugins/yuzo-related-post/
  4. 無償

「Related Posts」の使い方

「Related Posts」の設定は、「Main Setting」,「Styling」,「Productivity」 となっています。

【Basic】

  • 関連する投稿のタイトルを変更することができる
  • 表示する投稿(ポスト)の数を指定できる

【Medium】

  • 関連する投稿を表示する場所(投稿や固定ページ等)を選択できる
  • 関連する記事をホーム(トップ)に表示するのか選べる(テーマにより表示できないものもある)
  • アーカイブページに表示する・しないを選択することができる
  • アイキャッチ画像が投稿にない場合に表示する画像を登録しておくことができる
  • 表示する記事のタクソノミー(グループ化・分類)はタグ、カテゴリー、タグ&カテゴリー、ランダム等から選択できる
  • 表示する関連度を変更することができる
  • 関連する記事をフィードに表示することができる
  • ターゲットリンクの設定ができる
  • リンクにnofollowを付加することができる

【Advanced】

  • 投稿コンテンツに自動的に追加する
  • ホームページのみに表示
  • 同じタイプのみを表示する
  • ホームに表示する投稿の数
  • 表示するカテゴリーを選択できる
  • 関連として表示したくないカテゴリーを選択できる
  • 関連として表示したくないタグを選択できる
  • 関連として表示したくないページをIDで選択できる

SEOで失敗しないためには

SEOで失敗しないためにはまず、SEOの目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。SEOの目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

SEOで失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。

SEOの目的を洗い出す

見込み客はビジネスにとって重要な資産です。見込み客の増加率と収益の成長率は比例することになります。優れたホームページは、目的達成を加速させてくれます。SEOに失敗しないようにする下記の流れで目的を考えてみてはいかがですか。

  • 各ページで、見込み客に伝えたい事を列挙する
  • 列挙したことを、見込み客の目線に立って、すぐに必要としない情報を削除してシンプルにする
  • ページの内容が、まとまったところで、競合他社と内容を比べてみる
  • 最後に、主要な要素のみを更にシンプル化して、ホームページのTOPページ内に掲載する情報をまとめる

SEOが失敗していない場合はホームページに以下の現象が見られるようになります。

  • 見込み客が何度も訪れるようになる
  • 見込み客に技術力や製品の優位性が伝わる
  • 問い合わせ・資料請求などの行動をとってもらいやすくなり、コンバージョン率を上げることができる

失敗としないためには、ホームページを他の営業活動と同様にとらえること、そして、見込み客はどうすれば増加させることができるかを考えることです。ホームページのアクセス数やコンバージョン率などは目的の一つに過ぎません。他の営業活動と同様にホームページでで収益を確保できるものでなければWEB集客は失敗してしまうことになるのです。

SEOの目的例

SEOに失敗しないためには、下記のように具体的な目的を設定することが効果的です。

  • 製品やサービスを紹介するカタログサイトを作り、見込み客に商品の特徴や良さを知ってもらう
  • 来店しなくても商品を購入できるショッピングコンテンツを作り、地方の顧客にネットショップで直接商品を購入してもらう
  • ブランドの特徴やよさを伝えるコンテンツを作りターゲットユーザーにブランドの特徴や良さを他のユーザーに広めてもらう
  • 新規顧客を対象にしたクーポンコンテンツを作り、新規顧客にお店を利用してもらう

製品やサービスによってはSEOによる検索エンジン上位表示やソーシャルネットワークやPPC広告・その他のメディアとの組み合わせがを選択することが効果的なこともあります。WordPressを使って集客を考えるとき最も大切なことは集客の目的を明確にしておくことです。できるだけ対象の顧客などを明確にし、訴求する製品やサービスをマッチさせることです。

マンション
ミト葉酸

SEOに関連する記事

WP Custom noindex Nofollow(WordPressプラグイン)でSEO

WordPressの低品質コンテンツにnoindexを設定するとサイトの品質を上げることができます。WP Custom noindex Nofollowはnoindexとnofollowを設定できるWordPressプラグインです。投稿・固定ページ、カテゴ…

SEOはGoogleガイドラインに沿って施策する

SEOはGoogleガイドライン沿ってすることで検索エンジンに表示されやすくなります。Googleのウェブマスター向けガイドラインでは検索エンジンに正しく認識される方法やスパムなどの不正行為について説明されています。検索エンジン最適化にこだわりがなくても一…

Google Analytics(アナリティクス)でアクセス解析をするSEO

Google Analyticsは最も利用数の多い無料アクセス解析といえるでしょう。WordPressのSEOに必要な情報のチャンネルやキーワードの分析、行動の分析、コンバージョンの分析などをする事ができます。Google Analyticsはどんなユーザ…

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の設定

All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールするとWordPressのSEOに重要な重複コンテンツを回避する「noindex」やクロールに有効的なsitemap.xmlの送信を設定することができます。また、記事ごとにタイトルやディスク…